天王寺編

最近は1ヶ月に1回の割合で大阪に出向いている私。
勿論仕事の関係で訪問しており、2泊3日がいつものパターン。
そして遊びも宿泊所もパターン化しており京橋の激安ピンサロで射精して、
西成の愛隣地区にある激安ホテル(通称ドヤ)に泊るのが基本です。
ただ京橋の激安サロンで激安コースを選ぶと名古屋と同様に店員は露骨に嫌な顔をしますし、
女の子のサービスもやる気がなく全くダメ。
キス・シックスナインがないのは当然でして、酷い場合はオッパイタッチも不可能なんです。
これだといくら安いと言えども、面白くないし後味が悪いだけ。
こう考えるとそろそろ京橋は卒業しなければならないようです。
よって今回は激安本番裏風俗で遊ぼうと思い、 いつも利用しているドヤがある新今宮から歩いていける天王寺に向かいました。
目的はズバリ熟女系街娼遊びであり、 JR天王寺駅構内に入り早速娼婦探しを開始。

天王寺は梅田・新世界と並ぶ街娼(立ちんぼ)地帯であり、
中でも天王寺の娼婦達の出没エリアは広範囲に及ぶ。
主な出没ポイントはJR天王寺駅改札口付近、地下街の待合所及び出口に繋がる階段付近、
それと天王寺公園の横を走っている谷町筋沿いの歩道。
ちなみに天王寺における街娼の出没時間は場所により異なっており、
地下街の待合所及び出口に繋がる各階段には午前10時でも娼婦は現れます。
逆に谷町筋沿いの歩道には日が暮れないと娼婦は出没せず、午後7時以降が賑わう時間です。
ただし天王寺公園の北口にあるラブホテルに向かう道沿いには朝から娼婦が現れますので、
早朝からハメハメしたい助平お父さんにはお薦めですね。
さて平日の午後7時JR天王寺駅構内にやって来た私は、 改札口付近に屯している妖しいオバちゃん連中を探しました。
一般客に紛れている街娼を見分ける事は難しいと思われる方も居ますが、
彼女達が出す異様な雰囲気は独特であり注意深く見れば探せ出せるでしょう。

早速辺りを見渡すとそれらしき女は5人くらい立っていましたがここの平均年齢は60歳位と異常に高く、
いくら熟女好きな私と言えども許容範囲を超えています。
よってここでの探索に見切りをつけると、続いて地下街の待合場所へと向かいました。
ここは天王寺における立ちんぼ出没地帯の中心であり、
以前は美人熟女(日本人)が現れていたそうなんです。
しかし最近では「客引き行為禁止!」との札がいたる所に貼られており、
昼間だと街娼を警戒する警備員が立っているほどです。
ただ夕方以降は警備員も姿を消すので狙い目ですが、
かつての賑わいは失われており、この日も待合場所付近にはデブオバちゃんが2人しかいませんでした。

その後出口に繋がる各階段付近を散策してしみましたが、 60歳過ぎのババアばかりでしたのでここも素通りです。
「楽しく遊ばしてくれそうな女は居ないのかな…」
超熟女しかいない状況に少し落ち込んだ私。
このままだと天王寺では遊べないかな?と思いながら谷町筋を北に向い歩いて行くと、
細い路地に繋がる暗闇の中から突如女が現れ声を掛けてきました。
「オニイサン、アソビドウデスカ?」
「いくらなの?」
彼女は台湾か韓国から来た女性のようで、年齢的には30代の後半でしょう。
多少太り気味ではありましたが、彼女以上に魅力的な娼婦はいないと思いましたので、
本格的に交渉開始。
「15000エンでどうですか?」
「ちょっと高いねえ…安くならないの?」
「10000エン?」
「それだったら良いよ」
「じゃあホテル行きましょう」
意外と簡単に値引きに応じてくれたので問題なく交渉は成立し、 その後は仲良く腕を組んで近くにあるラブホテルへと向いました。
部屋に入り明るい所で改めて彼女を見ると、 肌にはつやがあり30代中頃なのかな?と感じる程見た目は若かったです。
でも裸になると乳房は見事に垂れ下がっており乳首も真っ黒…
体を見る限りでは40歳代ですが、性格が明るく愛想も良いので楽しめそうです。
お互い全裸になると、まずは浴室に向いシャワーで体を清めます。
この時チンポを丹念に洗ってくれたお陰で、 彼女の手の中でムクムクと大きくなってしまいました。
するとニコッと笑ったオバちゃんは、シャワーで泡を流しつつシコシコ手コキ攻撃!
これが言葉にならないほど気持ち良く、興奮した私は思わず女の垂れパイを揉んでしまいました。
しかし浴室での行為はこれで終了し、続きはベッドにて行う事となったのです。
「オニイサン、チンチン元気ね!」
ベッドに寝転ぶと同時に我がチンポを握ってきた街娼。
軽く握るとシコシコしつつ私の性感帯である乳首を舐めて来たので堪りません。
こうなると理性を失ってしまい街娼に抱きつきキスを試みましたが、 顔を横に背けられ拒否されちゃいました。
それでも興奮度が100%に達していた私は落ち込む事無く首筋や耳付近を舌で愛撫し、
続けてドス黒い乳首を口に含みオッパイを攻めご満悦。
その後へそや太ももを舐めまわしてから股間開かせ、 ピンク色した小陰唇に吸い付きました!
臭いはなくビラビラも小さい極上性器でしたので、無我夢中で舐め続けた私。
女も執拗な性器への愛撫に感じて来たらしく、大きな声を出しながら悶え始めました。
そして性器を愛す行為を10分続けたところで女が突如起き上がり、 私のチンポを握ると生のまま自らの性器の中に導いてくれました。
最初から生ハメに対する期待を持っておりましたが、 実際生挿入が出来た事で安堵感を得られました。
それと同時に膣の温かさが直にチンポに伝わって来ましたので興奮度が100%に達し、 奥まで入ると即鋭いピストンの開始。
腰を動かすたびに女は吐息を漏らし、私を強く抱きしめて来たんです。
相当感じているようなので今度はキスを受け入れて貰えるかなと思い唇を合わせようとしましたが、
やはり今回もダメでちょっとショック…
それでも腰を動かしていると徐々に絶頂に近づき、 最後は女を強く抱きしめながら膣の奥に大量の精液を注ぎ込みました。
これだけのハードな性愛が楽しめて1万円ですから大満足!
皆さんも天王寺に来る事があれば、是非街娼達と遊んでみて下さいね!
戻る