成都パンダ繁育研究所

sp-1.jpg (14317 バイト)

パンダをはじめ中国の保護動物を繁殖・育成するセンターで、パンダに関する博物館などもあります。

現在は22頭のパンダがいて、ここで繁殖されたパンダたちは

野生に帰したり、動物園に送られたりしています。

s-h1.jpg (4119 バイト) s-h2.jpg (3268 バイト)
博物館の中はパンダに関する資料や中国の自然に関する資料がいっぱい展示されています

s-ob.jpg (4455 バイト)
園内にはパンダのオブジェがいっぱい

s-map.jpg (6704 バイト)
迷子になりそうなくらい広大な敷地

s-en.jpg (4342 バイト)
これがチケット売り場 一見解り辛い^^;


私達が訪れた時はパンダ達は妊娠中のため一緒に写真をとる許可は出ませんでしたが

レッサーパンダの赤ちゃんを抱っこさせていただきました\(^^)/

 レッサーパンダの赤ちゃんはグレーなんですねぇ(☆☆)

大人になるとこんな感じ r-p2.jpg (11238 バイト)


パンダの名付け親になろう!!

赤ちゃんパンダのスポンサーを募集中!!

sp-2.jpg (9645 バイト)

センター内の繁殖・育成はほとんどが世界各国の方々の寄付によって維持されています
赤ちゃんパンダが育つのに日本円で年間約70万円ほどかかります

センター内では足長おじさんをまっている赤ちゃんパンダがいっぱいいます

スポンサーになれば名付け親になれます

どの子にするかは選べます

赤ちゃんパンダを抱けますよ!

契約後は自分のパンダの成長記録などが郵送されます。


おまけ

sp-o.jpg (6960 バイト) パンダっておしりだけ見るとまるで白くま・・・(~_~;


場所

四川省・成都郊外、空港から車で約40分

施設内に宿泊施設有り

訪れるなら、パンダが良く活動する午前中がベスト
(午後は舎内で寝ていてる事が多くあまり見れません)

 

pbut.gif (1385 バイト) トップへ戻る

tare-b.gif (6305 バイト)

Copyright(C)1999 WALLABY
All Rights Reserved.

写真及び記事の無断転用は堅く禁じます