2017〜2018
組織表

都留ロータリークラブ
 理事会


会    長      臼  井  久
副  会 長      瀧 本 敏 勝
会長エレクト     古 屋 辰 夫
幹    事      佐 野 龍 一
会    計      岡 山 幸 一


S .A  A      村 松 和 則
理    事      小 俣 哲 夫
            熊 坂 栄太郎
            小 林 禎 治
            天 野 忠 春
            越 石 賢 一
        
     坂 口 充 史

2017年度〜2018年度事業計画



新年度例会風景



新年度の例会で点鍾する会長
               

       

             会長エレクト

                       古 屋 辰 夫

     会長エレクトを務めることになりました。まだまだ経験不足
    ではありますが、皆さまのご協力の中で、臼井会長をお支え
     していただくとともに、クラブ運営をしっかりと勉強いたします。
      諸先輩のご指導を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

             副  会  長

                       瀧 本 敏 勝


      今年度副会長を務めさせていただきます。
      会長の方針に従い、地域社会への貢献とクラ
     ブ運営がより活発になるよう、微力ながら力を尽
     くします。

             会       計

                        岡 山 幸 市


      会計という要職を務めることになりました。よろ
     しくお願いいたします。臼井会長の方針に基好
     きづいて厳しい財政ですが有意義な事業計画が 
     実行できるよう会計処理を目指します。

      クラブ財政
    収入             支出
     会 費  6,840,000   経    費 4,778,930
     その他  1,080,000   本部納入金  1,131070
     合  計 7,920,000    委員会費  2,010,000
                     合   計  7,920,000




      幹     事
                   幹  事 佐 野 龍 一
                   副 幹事 井 上 博 之

  活動方針
   臼井会長の提唱する「繋ぐ Make A Differencea TO     Make Better Communication」  
  を例会や事業に反映されるよう各委員会と共に活動する。   年間の例会数が少なくなる
  ので、よりいっそう会員同士、会長と会員のコミュニケー
  ションの充実を図る。
   各委員会活動を促進レ、例会、年間行事をより充実さ
  せるという会長の明確なメッセージを連々かに会員に浸
  透されるよう務める。
 1.会員、事務局とコミュニケーションをとる。
 2.地区研修、協議会、地区大会に出席する。
 3.例会、理事会、協議会に出席し、議事録を記録する。
   クラブ内の連絡、問い合わせへの対応、正式な通知
   や招待状を送付する。
   活動計画
  T.例会数   原則として35回/年(第1回H。29 7/6 
            最終例会H.30 6/21)
  2.理事会    月1回最終水曜日開催を原則とし、必
            要に応じ会長が臨時理事会を招集する。
  3、夜間例会   夜間例会を数回開催する
  4、委 員 会  各委員長は必要に応じ委員会を開催し、              事業の円滑な活動を行う。会長・幹事
             は委員会に参加し補助、協力をする。
  5、バスト会長旅議会 必要に応じて会長が招集する。
  6、姉妹クラブ   漢城RC(ソウル)、圓満RC(タイペイ)
             との友好を継続する。

      ※クラブ財政は会計担当ページに掲載。



           会員増強・維持委員会
                          委 員 長  村上 秀明
                          副委員長  奥秋 公大

    活動方針
     常日頃、積極的に未会員の皆さんに声かけをしてクラブの活動を
    アピールし、入会していただけるよう、会員全員で取り組む。会員
    増強は一生涯の新しい仲間作りです。
    会員の皆様ご協力お願いいたします。
    活動計画
     1.勧誘のための情報収集・調査・リスト作成
     2.既存会員の皆様からの情報提供のお願い
     3.入会後の新会員へのフオローやケア

           広報・雑誌・R情報委員会

                        委 員 長  堀 内 晃 弘
                        副 委員長  橘    功

     活動方針
       ロータリーの目的、歴史、実績等を学びロータリアンとしての
      資質を高める。地域社会でクラブとロータリーに対する意識向
      上を目的として、効果的な広報活動を行っていく。
     活動計画
      1、会員に『ロータリーの友』『ガバナー月信』に掲載の記事の
        紹介を依頼する
      2.地区の実施する研修・会合・行事には積極的に参加を促す。
      3.新人会員に対して親睦を兼ねてオリエンテーションを行う。
      4.各委員会の奉仕活動等をメディアに広報する。

                 IT.推進委員会
                          委 員 長 渡 辺 信 彦
                          副委員長  京 谷 直 人
      活動方針
        多くのロータリアンによって築き上げられてきた礎を、さらに
      強固なものにすることが求められています。半世紀に及ぶ歩み
      をステッブアップ、これからの時代に即したクラブの基礎作りに
      挑戦していきます。そのためのI.T濡員会であることに心して、
      この1年の活動をしていきます。
      活動計画
       1)HPを見ごたえのある内容にする。
       2)HPのスタイルを新しいものに挑戦。
       3)Face Book などを活用活動のPR
       4)各委員会と連携し、活動状況報告
       5)My Rotaryへの登録参加促進


            親睦活動委員会
                        委員長 天 野 忠 春
                     副委員長 村上秀明 小林禎治
       活動方針
       ロータリークラブの原点の一一ベ)、親睦を深め、会員同士の
      輪を広げられるような活動を目指す。また、家族でロータリー
      活動を楽しめる場つくり家族開の交流を多くする企画をたてる。
      委員一一同知恵を絞り一所懸命がんばります。
      活動計画
        1.入会記念日をお祝いし、記念品を贈る。
        2.納涼例会、新年家族例会を実施する。
        3. 会員の顕彰(長寿 受賞等)。
        4、夜間例会を計画する。
       .5..その他にも、楽しみを共有できるイベントを行う。

            プログラム委員会
                       委 員 長  熊 坂 栄太郎
                       副委員長   越 石 賢 一
      活動方針
      テーマ「地域の魅力を再発見」
    地域のイベントや施設を知り、地域の魅力を感じられる例会プロ
    グラムを企画する。会員協力の下に卓話を進める。
      活動計画
       1.例会のプログラムを作成する。
       2.雑話委員会による、「ロータリーの友」の解説。
       3.他クラブとの交流等に合わせて、単諸情報の交換を図
         り、魅力あるプログラムづくりを推進する
       4.会員の趣味や専門的職業分野等の単語を積極的にお願
        いする。
       5.クラブの事業に参加した会員に事業の報告をしていただく。
       6.外部単話者には、文化、芸術、スポーツなど幅広いテーマ
         のお話をお願いする。
       7.例会の司会は順番で会員が担当する。


              S.A。A。出席委員会
                          委員長 村 松 和 則
                        副委員長 天野忠春 奥脇公千
 
       活動方針
         例会が円滑に進められるよう準備の徹底を図る。会員が
       ロータリー活動を活発に行える界面気づくりに心がける。また、
       出席率の向上を目指し、欠席報告を徹底する。
       活動計画
         1.例会の準備、撤収は延滞なく行う。
         2.ロータリアンとして品位ある例会運営をし、ビジターや
           発表者に失礼ないよう努める。
         3.ロータリアンの義務である出席率の向上を図る。
         4.年間通して無断欠席○・修正出席率100%を目指す。
     *無断欠席は○にしましょう。*欠席連絡は例会前日3時まで。
      事務局は留守電可。
      村松和則 090-153ト3277(会社)0554-43-3238 
             FAX 0554-43-0686
       天野忠春 090-3587-7786 
        事務局0554-45-7647 090-3147-9253(花田)

                 クラブ会報委員会
                        委 員 長 小 俣 知 義
                        副委員長  井 上 博 之
    
        活動方針
       会報は都留RCの歴史の綴りで、情報収集のための変貴重
      な資料であることを自覚レより分かりやすい紙面を作る。
        HPに掲載されることを通じ、他地域ロークリアン、地域の方々
       にも都留RCをより理解していただけるよう務める。
       活動計画
         1.ガバナー一月信・ロータリーの友・他、新聞等から会員
           の参考になる記事などを抜粋掲載。会員のロータリー
           に対する意識向上を図る。
         2.会報を通じて会員にクラブの年間行事の認識を深めて
           いただく。
         3..掲載する卓話者の原稿は、可能な限り要約して頂く。
          週報への掲載は、例会時に委員にお申し付けください。
          原稿送付先:info@sanoprint.jp


                社会奉仕委員会
                         委 員 長  奥 秋 公 大
                         副委員長  武 藤 周 二

        活動方針
        「地域にすむ人々の生活の質を高めるために何か出来るの
      か。]といった意識の更なる向上を図り、地域に根ざした社会奉
      仕活動に積極的に関わっていく。
       活動計画
        1.ドリームまつり、ボランティアまつりへの協賛・参加。
        2.都留文科大学つる子どもまつりへの協賛。
        3.地域の開催が金床する事業への協賛。
        4. ポリオ・ナテスについての情報を会員に発信する。
        5.各種回催行事の情報収集と協賛。


                 職業奉仕委員会
                          委 員 長  小 林 禎 治
                          副 委員長  堀 内 晃 弘

          活動方針(プロジェクト)
        会員各位の職業に関する単語の実施
        職場見学会

       活動方針
        奉仕の理想の下、職業奉仕の意味・意義について考え、追
       求しつつ「ロータリーの根幹」は何かというテーマを再考しなが
       ら活動する。
       活動計画
     1. 会員各位やクラブ外の職業人に単語を依頼する。
    2.親睦活動委員会と連携し、職暮見学を実施し見分を広げる。
    3.新会員に「礎」の額を贈り、その意味についての理解を深め
      ていただく。
 
               国際奉仕委員会

                        委員長  小 俣 哲 夫
                       副委員長 堀 内 晃 弘
  
        活動方針
          世界の両々への理解と国際親善を推進し国際社会の
        ニーズにあった活動をする。
        活動計画
         ・姉妹クラブとの交流と、機会があれば海外の他のクラブ
          との交流。
         ・バギオとの交流と寄付。
         ・都留文科大学留学生に卓話をお願いする。

               
               青少年奉仕委員会

                       委 員長   橘      功
                       副委員長   奥 脇 公 千

        活動方針
         次世代を拒う青少年が健全に育成するためにロータ リ
       アンは何かできるのか。地域の団体と連携を図り活動する。
       年間活動計画
        1.都留ロータリーカップ・ジュニアサッカーフェステイバル
          開催
       2.山梨万一ルスカウト第10団入団式・キャンプを激励訪問
       3.が一ルスカウトとの早朝清掃奉仕へ参加
       4.ガールスカウトとユニセフ街頭首金へ参加
        5.万一ルスカウトクリスマス会へ参加
       6.薬物乱用問題に対処するため麻薬撲滅【ダメ、ゼックイ】
          普及運動
        7.その他、活動計画に沿った諸事業への協力

              ニコニコBOX委員会
                         委 員 長 小 俣 哲 夫
                         副 委員長 白 須 資 望
   
      活動方針
         会員やその家族の喜び事、祝い事があると思います。
       会員の皆様に祝福して頂き、積極的にニコニコBOXの利用
       をお願い致します。
      活動計画
     1.委員会活動、行事等はBOXのご利用をお願いします。
     2.嬉しい時、悲しい時、失敗した時など会員同士の心を分かち
       合えるようにBOXのご利用をお願いします。
     3.どうしても欠席せざるを得ない時もする時もBOXのご利用を
       お願いします。
     4.遅刻、早退時には小銭のニコニコBOXをお願いします。

               ロータリー財団委員会
                          委 員 長  越 石 賢 一
                           副委員長  杉 山   肇

        活動方針
        ロータリー財団の使命は、地域や日本、そして世界レベルの
       人道的教育文化交流プログラムを介して、貧困の救済や教育
       支援、世界平和を達成に努力する国際ロータリーを支援する
       ことです。この使命に基ずく財団事業への寄付をお願いいた
       します。 

        活動計画
       1.ロータリー財団寄付US$150/人・年1名
       2.ベネファクター達成会員1名
       3.地区補助金事業の発案・推進
       4.ポリオ撲滅運動への参加

              米山奨学委員会
                        委 員 長  滝 本 敏 勝
                        副 委員長  中 村 錦 蔵

        活動方針
          日本の歴史と文化に興味のある外国からの留学生を
         支援し、日本と世界を結ぶ懸け橋となる人材育成に協力。
        活動計画

          1.ロータリー米山記念奨学会への寄付を実施する
          2.米山奨学生との交流、卓話を実施する。
          3.米山梅吉吉記念館を訪問し、日本のロータリー・米
            山梅吉の歴史を勉強する