知っといやすか?

京の昔の庶民の味”一銭洋食”

〜お好み焼きのルーツ〜

 

お好み焼のルーツ・一銭洋食

昭和の初め頃、京の庶民に広く親しまれていたもので、小麦粉を水で溶き、京野菜の代表的存在である九条ねぎ・干えび・紅しょうが等を入れて焼いたもの。当初は一銭で売られ、安いソースものという意味で”一銭洋食”もしくは”べた焼き”と呼ばれていました。東京の「もんじゃ焼き」、仙台の「どんどん焼」、広島の「広島焼(広島風)」とともにお好み焼きのルーツと言われています。当店では、この昔の庶民の味を今に美味しく再現し提供致しております。

 


[HOME] [お店の紹介] [知っといやすか?一銭洋食] [おしながき] [一銭亭近辺の名所・四季] 

[京都の歳時記] [10%割引優待券] [LINKS] [一銭亭情報] [更新情報] [一銭亭伝言板]