ギャラリーメゾンダールでは、
”Et alors(フランス語で、だから何)?をテーマに、ひたすら自分の個性と向き合いながら
制作を続けている係わり合いのあるアーティストたちの、インディビジュアルな作品をセレクトさせていただきました。
特に今回、お値打ち価格の新作小品も、数多く紹介させていただきます。
ぜひ、お見逃しなく、お立ち寄りくださいませ。

 

アーティストの、S.C.V.

岡本博紀
主にペンと水性インクを用いたドローイング作品を制作している。自らの記憶をベースにした幾何学模様や文様などの抽象的なモチーフをメインにしながらも、
具象的なものを描き、抒情的なムードある作品になるよう心がけています。2015年大阪芸術大学大学院 芸術研究科絵画領域終了  大阪芸術大学大学院修了展 塚本英世(初代理事長・学長)賞受賞。


ササベ翔太
2012年よりオルタナティブな作家活動を開始。パーソナルな視点からナイーブな精神世界を表現している。心象風景を描きつつ、
ピリッとした毒気とユーモアを混合させた独特の動物小作品シリーズもこのところ注目されている。 主にアクリル絵の具で着色後ペンで点描を加える技法。大阪芸術大学付属大阪美術専門学校 油画コース卒業。


高畑愛花
映画のワンシーンのような情景を、主にアクリルガッシュで大胆、ヴィヴィッドに展開している。夏のバカンスを開放的に楽しむイメージで、
海、プール、草原を舞台に、女性、ヒョウ、ヒョウ柄などをモチーフにすることが多い。 2020年ワンアート台北出展。好評を得る。台湾のギャラリーでも紹介されている。京都造形芸術大学卒業。


原田千恵子
磁器で丁寧に成形し、金彩で、華やかに愛らしく絵付けをしている。植物の強さ、柔軟さ、形の美しさに惹かれ、主なモチーフにしている。ギャラリーの他百貨店の美術画廊でも個展開催。
阪神梅田本店 美術画廊/大阪(2018)、JR大阪三越伊勢丹/大阪(2013)など。京都市立芸術大学 美術学部工芸科陶磁器専攻卒業。


三島寛也
頭の中に住んでいる無数の生き物や、日常風景に唐突に表れる怪物たち。それらに自分なりの意味を与え、陶で創り続けている。2021年 西宮市展若手奨励賞受賞。
2018年大阪芸術大学 工芸学科陶芸コース卒業  現在、大阪芸術大学 工芸学科陶芸コース 非常勤副手勤務。


iwata mayuko

インクと珈琲を主軸に、様々なマテリアルを組み合わせ、現実と虚構の境界線を模索しながら独自の世界を表現している。近年、珈琲をひとつの絵画技法として自家焙煎するなど追求中。
東京、大阪、名古屋など国内はもとより、フランス、台湾、香港など海外のアートフェアにも多数参加している。日本デザイナー学院卒業。


Miharu SAKA

幼少期の記憶と現在の記憶を辿りながら懐かしさのある、女性と、ネコ、ウサギなどの小動物をモチーフとした、物語が生まれてきそうなフランス風味
ミニヨンな絵を描いている。多摩美術大学 造形表現学部デザイン学科卒業。専門学校桑沢デザイン研究所卒業。 2013年渡仏し7年間パリで活動。2020年京都に拠点を移す。

 



*今回新作ではありませんが、メゾンダールが日本でディーリングさせていただいている2名のフランス人女性アーティストの代表作品もご紹介!

Valerie Belmokhtar
ヴァレリー・ベルモクタル。パリ在住。フランス国立応用芸術工芸高等学院、パリ国立高等美術学院卒業。
油彩、アクリル画やデッサン、版画、子供向けのイラストレーションからテキスタイルデザイン、出版や新聞、広告など、多方面で活躍。
人間と自然との関係性が作品のインスピレーションとなっている。

Feebrile
フェブリル。ベルフォート在住。主にパリで活動する写真家、モデル、音楽家。2006年よりオルタナティブに活動を始める。新しい日本文化に造詣が深くゴスロリなどにも影響を受ける。
メゾンダールが紹介しているのは主に"Les Petites"シリーズ。より充実した画面のために自らミニチュア舞台を制作、日常的なものとして表現している。 http://feebrile.com/


back/japanese


Copyright 1997- GALLERY MAISON D'ART All rights reserved.