◆入院・治療の記録 -4-

日付・検査治療内容 / 様子 / 効果
2008/03/26

少し発熱
発作重積
ダイアップ6mg(自宅)
救急車内、酸素吸入
病院での処置
静注の抗けいれん剤
(ホリゾン)
採血
生理食塩水の点滴
酸素吸入
  • 昼間は少し発熱していたが元気な様子
  • 午後5時過ぎ重積、意識低下
  • ダイアップ6mg使用
  • 意識の回復は見られず救急車を呼ぶ
  • ホリゾン静注後に一時的に自発呼吸が止まる
  • 自発呼吸回復まで酸素吸入でサポート
  • 夜中39.3度まで熱が上がる
  • 起き上がる事はできないがモウロウとした状態で目を覚ます
  • 発作制御の薬品が呼吸中枢にも影響するため自発呼吸が止まる事は起こりうる事だそう
2008/03/27
生理食塩水の点滴
  • 朝、意識回復、酸素吸入を外す事ができる
  • 口に一過性のマヒのようなもの? ヨダレをだらっと垂らす
  • 夜中までシンドそうでなかなか自分で座ることができない
  • 夕方、少しなら食事可になりヨーグルトを食べさせる
2008/03/28
生理食塩水の点滴
  • 午前3時過ぎまで起きていたが朝10時頃には起きる
  • 口のマヒのようなもの回復
  • 食事開始
  • 様子を見て体調が崩れないようなら明日退院
2008/03/29
生理食塩水の点滴
退院許可
  • 点滴取り外し
  • 昼食を摂ってから退院
  • 家で安静
上記以降 (2008年10月6日の発作、ダイアップで自力復活後より) 2016年3月現在
発作重積なし、入院治療なし記録更新中!

Next 治療期間 →