2015年度 ハイキング委員会・公開ハイキング 第2回山行

比良 権現山〜小女郎ヶ池〜蓬莱山




初級縦走 「琵琶湖の眺望と明るい春の尾根歩き」
日 時 2015年5月17日  (日)    (快晴)
参加者 受講生  草木・小倉・石橋・小澤      4名
スタッフ CL西村・SL鹿島・前田・塩谷・高橋宏・石田 6名     計 10名
コースタイム 出町柳駅(7:45)〜(8:30)平バス停(8:40)〜(9:00)登山口(9:20)〜(9:40)アラキ峠〜(10:05)権現山(10:20)〜(10:50)ホッケ山(11:00)〜(11:20)小女郎峠〜(11:25)小女郎ヶ池・昼食(12:00)〜 (12:45)〜蓬莱山山頂(12:55)〜(13:10)打見山山頂駅(13:45)〜(13:50)山麓駅・解散(14:15)〜(14:25)湖西線志賀駅(14:40)
                        【ひやり・はっとなし】
報 告
今回・最高の晴天に恵まれ、集合場所の出町駅バス乗り場も長い列で臨時バスが出るほどの混雑状況でした。スタッフ六名・受講生四名、無事乗り込み一路「平」へ!、人気の登山コースという事もあり、ここでも大勢の登山者が降りそれぞれが出発して行きます。人数確認・自己紹介・準備運動をすませ登山届をポストに、SL鹿島さんを先頭に女性二名が続き行動開始です。車の往来の激しい車道を戻り山手の車止めを越え林道に、水道施設を過ぎドン谷の登山口で身支度を整え谷沿いの山道へ途中、谷筋から左の植林地の中の急坂を登ります。ゆっくりしたペースですが足並みも揃って皆さん快調な登りです。視界が開け明るい広場にアラキ峠です。



道標に従って左の尾根道につづら折りの急登が続きます。稜線近くになると空が近くなり風も心地よく感じ、登り切ると広い権現山の山頂です。登山者が多数おられ、お天気も最高・眺望も最高。真っ青な空の広がりに飛行機雲が二筋くっきりと、眼下に琵琶湖と湖岸に沿った街並みと田畑、湖西道路。南・西の山並み、北側の稜線がくっきりとこれから向かうホッケ山の登山者、蓬莱山頂のスキーリフトの建物がきれいに望め飽きる事のない明るく広がった聡明な景色に、全員大感動・大満足!  風景を楽しんだ後、なだらかな縦走路を北へ!!
右手眼下に琵琶湖・前方に連なる広い尾根筋を眺めながら、気持ちの良い風を受けて稜線沿いにホッケ山で小休止、やがて小女郎峠に到着。小女郎ヶ池に立ち寄り、水辺を見ながら湖畔の木陰でグループに分かれ昼食、
さすがに人気コースでもあり次々に登山者が立ち寄り、池周辺は大賑わいです。
食後、縦走路に戻り山頂の建物までの長い登りをひたすら進みます。山頂直前の急坂を登りつめ今回の最高峰1174.、2蓬莱山山頂に。スキーリフトの最終駅・山頂という事で沢山の観光客でいっぱいです。



山頂備え付けの方位案内板で眺望の山々を確認。北に連なる比良連山、コヤマノ岳から武奈ヶ岳がきれいに見え。琵琶湖は勿論360度のパノラマを満喫、写真撮影の後、広いスキー場の芝斜面を思い思いに水仙の花畑を降り、笹平の広場に親子連れ・若いカップルでいっぱいです。登り返し打見山山頂へ今回の登山ゴール到着です。時間が早いのでテラスデッキでティ−タイム。一口感想の依頼等楽しいひとときで交流を深めました。山頂駅からロープウエイに乗車5分で山麓駅です。スタッフメンバー四名、体力負荷がもの足りない様で志賀駅まで徒歩で
下山希望。今回の例会はここで解散にしました。
受講生四人・スタッフ二人は予定通り、バス・JRで、無事帰京しました。

◆ 受講生のみなさんの一口感想
○小倉さん 歩きやすく、景色も良く、最高でした。先導スタッフの方が、ゆっくり歩いて下さって、助かりました。いろいろアドバイスもいただけました。沢山に続いて2回目の参加ですが、やみつきになりそうです。次回も参加希望します。
○草木さん すばらしい景色で、青天感激です。なんとか登れました。皆さん親切でお世話になりました。京都新聞で拝見、次回参加予定です。
○石橋さん すばらしかった。よかったです。1回目参加して良かったので、また参加しました。次回も参加よろしくおねがいします。
○小澤さん 新緑が眩しく、視界が開けた素晴らしいコース。山頂で飲んだ珈琲、お世話して下さった、スタッフの皆さんへ感謝。来月からテーマ (地図を読む等)を持った方がより具体的。6回参加?



TOPに戻る