ハイキング委員会公開ハイキング報告

第1回山行 北山 沢 山



山行日 2015年 4月26日(日)
参加者 受講生 石橋、上原、宇野、小倉、草木、田中、藤田 7人
スタッフ CL塩谷、SL平尾、石田、高橋、西村  5人 計12人
コースタイム 福王子9:35 〜 橋10:00 〜 沢山11:50 〜 沢ノ池12:50 〜 高雄13:50 〜 菖蒲谷池15:10 〜 京見峠 〜 大覚寺バス停16:00
報 告
暑いぐらいの好天気に恵まれた第1回山行。福王子交差点の郵便局前に集合、全員がそろったので9時30分出発。最初に道路左手御室川の「鳴滝の里」の名の由来となった小滝に立ち寄る(芭蕉の句碑がある)。三宝寺バス停先から右手へ入り、橋の上で自己紹介、コース説明、体操等をする。沢山登山口からすぐに、まっすぐの登りがしばらく続く。ゆっくりゆっくりと歩をすすめ、登り切ると右手に原谷のマンションが見えてきて、さらに先には比叡山が見えた。谷に降りたところと少しザレた地点で休憩をとる。ザレ場では2班に分けスタッフが受講生につく。沢山との分岐で、受講生のみなさんの様子をみて、無理な人は先に沢ノ池へ行く予定だったが、全員沢山へ行くことになった。三角点を確認し集合写真をとって引き返す。沢ノ池へ降り、30分の昼食タイム。何本かあるウワミズザクラが満開で青空に映えていた。下山ルートの説明と注意をして出発。林内の心地よい道を過ぎると、少し急な下りにかかる。前後の間隔をあけるよう指示。林道へでて、30分ほど北山杉の林を左右にみながら高雄へ下る。国道167号を少しの区間歩く、カーブで車が多く気を遣いながら歩く。トイレ休憩のあと嵐山・高雄パークウエイをトンネルでくぐり、大覚寺-高雄ハイキングコースに入る。ギンリョウソウがあった。山腹を巻く狭い道を沢へと下る。山道では、いざという時のためストックを持たない手は空けておくことが大切。菖蒲谷池は釣り人や家族連れでいっぱい。池の一番はずれで最後の休憩をとって帰途につく。京見峠から広沢池や京都市街の展望を楽しみ、最後の少し急な下りを慎重に降りる。タケノコが顔を出している竹林におりるとほどなく直指庵、大覚寺バス停で挨拶をして解散。
報告:平尾

 受講生のみなさんの感想
○上原さん お世話になりました。少々くたびれています。蓬莱山心配です。
○小倉さん スタッフの方々のご指導で最後まで歩くことができうれしく思っています。次回もぜひ参加したいと思っています。足の筋肉痛が頑張った証です。
○草木さん スタッフの皆様のお陰様で怪我もなく歩けました。またよろしくお願いします。
○藤田さん 参加させていただき有難うございました。スローな歩調で息も上がらず完歩できました。今後も楽しみにしております。



山行報告に戻る

TOPに戻る