救助隊積雪期搬出訓練

日 時 2015年2月1日(日) 天気 雪
参加者 乙訓:7名、左京:3名、明峯:2名、伏見:4名、やましな:6名、洛中:5名
らくなん:6名、与謝1名、右京:4名  (合計 9労山 38名)
報 告
 9:05 開会挨拶  訓練であるので急ぐ必要がないこと、各自自己責任で行動をお願いした。 スケジュールの説明・班割り・各班装備分担



 9:20 ビーコン・プローブの捜索講習
   ・デジタルビーコン3班    ・アナログビーコン1班
ビーコン電波の特徴 発信機の位置を替え 受信機のメーターの読みの違いを確認  十字法によるピンポイント捜索の訓練 1人・2人の捜索実地 プローブの扱い方 放射法・横隊法での訓練 雪中のザックの感触
11:00 移動
11:30 第一ルンゼ 堰堤下 昼食
12:00 梱包デモ
シート、銀マット、スコップ、雨具等保温材での梱包
今回はメインロープで流動分散は行わなかった。梱包はしっかり行うことを強調
特に保温に注意し,声掛けを行い安心させることを指導した。
リーダーをきめ役割分担をして搬出にあたることをお願いした。
12:25 各班梱包開始 
流動分散を採用した班、梱包をしなおした班あったが、比較的スムーズに梱包完了



12:55 搬出開始 14:30で終了するよう伝達
14:30 最終班は青ガレの分岐の手前まで搬出できた。雪が多く搬出しやすかった
15:00 各班まとめ報告

講 評

各班早く梱包ができた(30分)しかし早ければ早いほど要救助者の体温低下は防げてダメージも少ないので、訓練をしてください。梱包は殿班も崩れなかったし、要救助者も快適だったとのことなのでよかった。
    ビーコンについては、2人捜索で時間がかかっていた。1人はすぐ見つけるがその後の手順がわからない。我々も色々なビーコンの扱いを知っておく必要がある。各人は自分のビーコンの取扱説明をよく読み習熟されたい。
    また最近 会をまたがる山行が増えている、連盟の山行計画書の様式に従い、メンバー全員で綿密な計画を作り、十分なトレーニングを行って、メンバーの力量を理解してください、それで的確な判断ができ、リスクを下げられます。よろしくお願いします。
15:30 事故なく搬出訓練が終了しホットした。

全体のまとめ
 
A班報告 ビーコンの操作は、ポイントをきめた教え方でよくわかった。ブローブ操作では、ザックを実際に埋めて、ブローブを刺した時の感触もつかめたのでよかった。
搬出では、梱包も比較的早くて上手くできたように思う。メインロープでのビレイや下ろす際も手際よくやれたように思う。梱包も崩れず、負傷者役も快適に過ごせたようです。
B班報告 この班は参加者9名中5名が初めての参加の方でしたが、全体的にスムーズにできたように思います。ビーコン操作などもたまにしかしないので、機械の取扱説明書をよく読んで また、練習したい。
梱包の時に一部ゆるんでいるところを発見し、やり直した。やり直しには勇気がいったが、やり直したことで梱包もくずれずに出来てよかった。搬出作業もスムーズにできたように思います。会でもこんなことが出来るようにしたい。
C班報告 女性だけの班でしたが、梱包も早く上手くできました。梱包のイラスト図があればよかった。
搬出では、先頭の声がビレイヤーまで聞こえないことがあった。下ろすときにスピードの出し過ぎに注意したい。負傷者への声掛けはよかったが、周りの状況も教えてもらえなかったので、少し不安だった。梱包が最後まで崩れずできてよかった。

アナログ
ビーコン報告

アナログは時代遅れかもしれませんが、まだ持っておられる方もいらっしゃいます。アナログを持っておられる限り、続けてやりたいと思います。

全体を通して
上西救助隊隊長

梱包作業をはじめ、全体的にスムーズな流れが出来たように思います。万が一を考えた訓練ですので、またやっていきたいと思います。
連盟では、いくつかの事故を受けて会をまたがる場合の登山計画書のひな形を作っています。安全な登山をめざすために計画書をねり、みんなで考え、事故をなくすよう取り組んでほしいと思います。



山行報告に戻る

TOPに戻る