女性委員会交流山行

武奈ヶ岳1214.4m

山行日 2014年11月30日(日)晴れ             報告 洛中労山 進藤寿美子
参加者 15名(女性委員5名、会員7名、一般3名)
内 訳:「女性のための山登り講座」受講生5名(うち会員2名)
右京3名、洛中4名、伏見山の会、田辺山友会、らくなん各1名
コースタイム 明王院発(9:05)〜848mピーク(10:20)〜御殿山(11:15)〜武奈ヶ岳(12:10)着―休憩―(12:35発)〜ワサビ峠(13:05)〜670m地点(13:40)〜明王院(14:55)着
報 告
女性委員会主催の「女性のための山登り講座」修了山行が悪天候の為延期となり、女性委員会交流山行と合わせて行いました。
受講生8名中5名の方が参加されました。明王院前広場で準備体操、自己紹介を行いSL木村に受講生が続き、会からの参加者後に続いてあるきました。ミーティングで出発時には少し寒い位で歩くようにとしましたが、予想以上に暖かく登り始めの急登で衣服調整を行いました。紅葉が残る登山道や美しい周囲の山を見ながら快調に高度を上げていく。848のピークに乗れば緩やかな登りとなり夏道を行く。道がジクジクとしていて滑りやすく慎重に足を置きながら登る。御殿山から武奈ヶ岳の頂上も見えもてきました。
ゆっくりと進んで行くと琵琶湖がくっきりと見えて歓声が上がりました。小春日和で暖かいが稜線に出ると風は冷たい。足に痛みが出た受講生は、武奈ヶ岳の最後の登りの木立ちの陰で、大事を取って付添者とともに待機をしてもらいました。他は山頂をめざし
12:10到着し風を避けての休憩。下山はコヤマノ岳から中峠からワサビ峠の予定でしたが、待機者がいる事、ジクジクした滑りやすい急坂を下る事、バス乗車時間にゆとりを持ちたい事からピストンに切り替えました。御殿山から武奈ヶ岳を振り返り、陽に照らされ輝く姿に大満足。最後の下りは慎重にゆっくりと下山。明王谷橋の見事な紅葉に見とれながら駐車場到着。全員無事下山する事が出来ました。
受講生で一番若い奥西さんは、武奈ヶ岳は初挑戦!でした。
女性委員会の山行ながら男性2名参加がありました。

参加者感想
武奈ヶ岳に初めて登りました。最初登れるか心配でしたが、ペースが自分に合っていたので登りやすかったです。みなさんが色々と声をかけて下さったので楽しかったです。ありがとうございました。
                                                  【受講生 奥西】

天気に恵まれ、気持ちの良い山行でした。登り始めの急坂ではしんどくてへたばりそうでしたが、一歩一歩前に足を出すことで高度が稼げることを実感しながら汗にまみれて山頂を目指し、登頂することが出来ました。下山時はやはり膝が痛くなったものの、山に行く毎に痛み方がましになっているのでうれしくなります。この講座で教えて頂いたこと、実際の山歩きに役立つことが多く、楽しい山行でした。本当にありがとうございました。                                        【受講生 三宅】

初めて女性委員会の山行に参加させてもらった。御殿山11時15分ワサビ峠11時30分通過、西南陵進行中風が下から吹き上げて来る。風強さ増し、たまらず防寒コート着て風防をかぶる12時15分武奈山頂に立つ三等三角点確認。喜びの抱擁。昼食もそこそこに12時35分下山開始。風弱まる、元気を回復した仲間と合流。御殿山下山中野生の猿見かける一部の人声を掛けていたが危険なことだ。15時登山口の社に着く。きびきびと行動し、マナー違反する者もいない。CL、SL、委員会メンバーの指導の結果と思った。私も立ち木にもたれていたので指導を受ける。「明日から12月寒い、寒いのは苦手関節動かない」独り言。ごきげんよう。                              【田辺山友会 上田】 

久しぶりに女性委員会の山行に参加させて頂きました。私が受講生だった時の講師の方々もお元気そうでした。今日はお天気に恵まれて本当に良かったです。山をきれいに見ることが出来ました。おサルさんにも会えました。遠くから見るとカワイイです。又参加させて頂きたいと思います。
                                                 【右京労山 高木】



山行報告に戻る

TOPに戻る