青年委員会 7月山行 報告

六甲 荒地山

山行日 2014年7月6日(日)
参加者 中田(CL,乙訓)、上見(SL,洛中)、高木(写真,右京)、佐々木(記録,やましな)
赤木(やましな)、高橋(やましな)、吉森(やましな)、宮田(乙訓)、永石(乙訓)
 一般3名    計12名
コースタイム 芦屋川駅発9:20〜登山口9:45〜城山10:10〜荒地山11:50〜昼食12:20まで〜風吹岩13:10〜岡本八幡神社14:45〜岡本駅15:05
《報告》
集合場所は人で溢れかえっていたが、今回のコースはそれほど行列が出来ることもなく岩梯子の下までたどり着いた。後ろから来ていたパーティーのうち数名が先行して岩を登り始めていたため、ここでパーティーに基本的な3点支持での登り方の注意をして岩に取り付いた。梯子を登り、左に巻いたところに見晴らし台のような岩場を見付け、そこで記念撮影を行ない、荒地山までゆっくりと歩いた。山頂は見晴らしは悪いが適度な広さがあり3・4つのパーティーで賑わう中で昼食を取る。荒地山から風吹岩までの間は湧水で喉を潤し、疲れを取りながら歩く。風吹岩のほんの手前から小さな雨粒が落ちてきた。後の行程もあるため、風吹岩で短めの休憩を取り、早々に下山にかかる。カッパを着るほどでもないため、足元に注意しながら最後まで下山した。途中に岩梯子もあるため、天候を気にしながらの山行だったが、核心部では雨は降らずに事なきを得た。コースの変化が楽しめるところではあるが、天候に加えて一般参加者の力量を見ながら、会員各々のフォローも要求される。自分たちのコミュニケーション力や技術をアップさせるためにも、程よいコースだったように思う。                    (記:CL 中田)

《一言感想》
 (赤木) ・暑過ぎず、雨の直撃はなく、岩登りもあってよかったです。
 (高木) ・六甲のこの辺り初めて来ました。ずっと岩だと大変かも知れませんが、途中で岩梯子みたいなのが出てくるのは面白いですね。
 (一般参加者) ・岩梯子が特に迫力があって、面白かったです。一人では、怖くて無理だと思いますが、皆さんが見ててくださるので安心して行けました。リーダーさんが途中要所、要所で行先を示して下さるので、遠いと、思ったとこも気がつくと到着できていることを知り達成感が一層増しました。とても楽しかったです。
 (一般参加者) ・天気もどうかな〜って思っていたんですが、まぁ何とか持ちましたね。楽しかったです。
 (上見) ・僕の天敵!?岩場の段差は、ときに細かくときには両手でグイッと冷や汗かく場面もありましたが、楽しく歩けたので良しとしましょう。
 (一般参加者) ・山登り3度目の初心者の私でも、自然を感じながら気持ちよく歩くことができました。はじめての岩場は緊張感ありでしたが、よじ登ったりくぐったり、そのぶん、変化になってものすごく楽しかったです。また参加したいな、と思いました。ありがとうございましました。



山行報告に戻る

TOPに戻る