青年委員会山行報告 4月

ポンポン山〜小塩山

山行日 2014年 4月20日(日)
参加者 CL高木(右京)、SL中田(乙訓)、記録:佐々木(やましな)、写真:山本(やましな)
白川(やましな)、赤木(やましな)、上見(洛中)  一般4名  計11名 
コースタイム 阪急東向日駅8:30〜善峯寺登山口9:30〜展望台9:45〜10:20分岐10:30〜釈迦岳10:40〜カタクリ園11:15〜11:20ポンポン山山頂11:30〜11:40リョウブの丘(昼食)12:10〜つつじの丘12:50〜13:15森の案内所(トイレ休憩)13:30〜14:20小塩山14:30下山開始〜15:45正法寺〜16:00南春日町バス停 

《報 告》
週間天気予報で小さな傘マークが出ていて、どうなるかしら?とヤキモキ。前日の予報が曇りになったのでカタクリはあまり期待できませんが山行は決行。登山口から15分程で展望台、となっているところがあるので衣類調整がてらしばし休憩し、景色を見に行きますが思ったほどではありませんでした。そこから長岡との分岐まで山道らしい道を頑張ります。釈迦岳の山頂は特に何もないので素通りし、ポンポン山へ。途中のカタクリ園に寄ってみますが、やっぱりしょんぼり。ポンポン山山頂で記念撮影し、そこからすぐのリョウブの丘で昼食。ここは天気が良くて暖かければ最高の場所だと思うのですが、残念ながら寒さを我慢しての食事となりました。森の案内所へ向かう途中、予定にはなかったつつじの丘のミツバツツジがとても綺麗に咲いていたので喜んで写真撮影。案内所に着いた頃には雨がポツポツと降ってきました。疲れが見えてきた方もいたので小塩山のカタクリには寄らず、小休憩の後すぐに下山開始。少し長い行程でしたが皆で無事に南春日町に着きました。カタクリの花言葉は「初恋」と言うそうで…。やっぱり私の初恋は実りませんでしたが、でも いつか両想いになります! 
                                                 (記:右京/高木)
 

《感 想》
赤木(やましな) しっかりと山道のついた歩きやすいコースで心地よい山歩きができました。咲いていた花も良かったです。
佐々木(やましな) 無理のない計画で快適でした。ありがとう
上見(洛中) あいにくの天気で少し肌寒い1日でしたがプチ縦走を楽しく歩けました。



山行報告に戻る

TOPに戻る