≪クライミング委員会例会山行報告≫

北アルプス 「黒部周回山行」

山行日 2013年7月13日(土)                            報告:横山
参加者 L横山(左京)・青山(やましな)・内野(洛中)
コースタイム 扇沢・・黒部ダム8:00・・10:00 1ルンゼ取付き・偵察・・11:00内蔵助谷出合に戻り大タテガビンへ12:00・・14:30黒部ダム・・扇沢 
報 告
扇沢に着くと、夜半から雨が降り出した。日本海側に前線が停滞しているらしい。例年より早い梅雨明けに気を良くしていたのだが、まだまだスッキリとはいかないようだ。この連休中は、天気が悪いだろう。計画していた周回コースは残念ながら諦めて、次回のための偵察へと頭を切り替える。
本降りにも拘らず、始発のトロリーバスはそれなりにいっぱい。しかし、ほとんどの人はアルペンルートへと流れていき、ダム駅から黒部川に降り立ったのは、われわれを含めて10人もなかった。内蔵助谷出合までの道では、1箇所大きな雪渓が登山道を遮っていて、その処理に神経を遣わされた。帰り道、この雪渓は大きく崩落しており、1ルンゼの取付きで聞いた地響きはこれが原因だとわかった。
丸山東壁へ1ルンゼ押出しを詰めて行くと、また雪渓が現れた。南東壁の基部までしっかりと埋め尽くされている。上端まで行ってみる。1ルンゼのF1辺りだろうか?少し登ってみるが、ルンゼの中はどうどうと水が流れ、沢登りのようだ。ルート図と照らし合わせながらラインを描き、ある程度のイメージは出来た。雨の中、ここまで来た甲斐はあった。後は急な雪渓を慎重に下り、折角なので大タテガビンの壁を見学しに行き、その日のうちに京都に帰った。



山行報告に戻る

TOPに戻る