京都労山公開ハイキング報告                                ハイキング委員会

第3回 比良山 「小女郎ヶ池」

○テーマ 読図とコンパス
○日 時 6月16日(日)晴れ
○参加者 受講生8名 スタッフ6名  計14名
○コースタイム 7:45出町柳バス停発車→9:00平スタート→9:15登山口
           →10:58権現山→11:39ホッケ山(昼食)→12:12
出発→12:45小女郎ヶ池→13:43小女郎ヶ池スタート→
14:35蓬莱山→14:58ゴンドラ乗車→15:27バス停
 出町柳から朽木行バスは臨時便が出て2台で出発。平で下り、本日のテーマ地図を読む練習、  1/25000地形図の説明とコンパスの使い方を講習、コンパスをセットしてスタート。アラキ峠への分岐で再度地図とコンパスを合わす。山道へ谷筋からすすむ。山腹の一本調子の登りが少しきつかったようで受講生の歩く順番をかえる。峠につくと、ヤマボウシが満開。再度コンパスの確認。尾根筋を上がっていく。昨日が雨、樹林内は蒸し暑いと想定していたが、風があってわりと快適だった。展望が開けてくると権現山につく、琵琶湖を眺めみなさん感激。山頂には白い花がびっしりついている低木があった、名前を聞かれたがわからず宿題に。ホッケ山につく。360度の展望のなかで昼食。小女郎ヶ池へ寄って休憩してから、再度コンパスの使い方を確認し蓬莱山から打見山へ到着。感想文を書いてもらいスタッフも感想をのべ、ゴンドラで下山。他の人に加わってもらい15人で団体割引。ゴンドラを降りたらバスが少なく30分ほどの待ち時間があり、その場で一応解散。天候に恵まれ充実した第3回ハイキングとなりました。今回のテーマは、前回受講生からの希望もあり、過去2年にはない初めての「読図とコンパス」となりました。少し難しいかなと思いましたが、みなさん興味を持ってしっかりと身につけようとされていました。
                                                     報告 平尾



山行報告に戻る

TOPに戻る