≪クライミング委員会例会山行報告≫

湖北 「石田川・間谷」

山行日 2013年6月9日(日)                            報告:青山
参加者 L青山(やましな)、横山(左京)、内野(洛中)
コースタイム 石田川ダム8:40 〜 間谷入渓9:30 〜 13:30三重嶽13:45 〜 八王子谷(? 一の谷?)下降 〜 17:20林道 〜 17:50石田川ダム
今年の沢2本目は石田川・間谷、それだけでは物足りなさそうなので間谷の一本西の谷(八王子谷? 一の谷?)の下降をセットに。
 間谷遡行。懐石料理の小鉢のように小滝、小滝、小滝、たまにそれなりの滝を挟んで、また小滝、小滝、小滝、小滝、小滝……小滝で、もうお腹いっぱい。
 八王子谷(? 一の谷?)下降。未知の谷の下降は、微妙な滝身のクライムダウンにハラハラで、高巻きのザレ場下降にドキドキで、ウォーター・スライダーから釜にダイブ&平泳ぎにワクワクで、体ブルブル・足ガクガク……(?!)、こんな感じ。
 沢を登るのも沢を降るのも、それぞれにそれぞれの難しさと面白さがあり、共に小さい沢だったけどその両方を味わうことのできた山行でした。

<感想>
石田川のこの谷には、2010年の連盟沢登り交流会で訪れているのだが、実のところどんな沢だったのか、まるで覚えていない。ただ、三重嶽のピークを踏んでいないという、中途半端な印象は残っていた。
改めて遡ってみて、間谷は特筆する点もなく、やっぱり印象に残らない沢かな。でも山頂まで行けたし、沢の下降のドキドキ感はたまらなかった。山行としての内容は充実していたと思う。 
                                                       記 :横山



山行報告に戻る

TOPに戻る