<救助隊山行報告>

雪山山行 「金糞岳」



山行日 2013年2月23日(土)~24日(日)
参加者 CL横山(左京)、SL浅田(乙訓)、西田(乙訓)、杉林(乙訓)、岩滝(乙訓)
夏原(乙訓)、永石(乙訓)、平田(乙訓)、網岡国(らくなん)、奥西(らくなん)
高橋(WAO亀岡)、内野(洛中)、矢野(洛中)
  5労山  13名
コースタイム
23日= 7:00京都~9:30高山キャンプ場~11:30追分~12:00第一林道出合15:00第二林道出合~16:00蓮状の頭付近(泊地)
24日= 4:30起床~6:20泊地出発~10:30金糞岳~12:25テント場(テント撤収)13:20出発~13:50第二林道出合~15:15第一林道出合15:50追分16:50高山キャンプ場~19:30京都解散
<報  告>
 昨年と同じく雪は多い、昨夜降った新雪が20~30㎝積もっている。
 高山キャンプ場から林道終わり近くまでワカンを履かないできたが、徐々に雪が深くなり全員ワカンを履く。足首までの雪が尾根に取り付くと膝までになり本格的なラッセルが始まる。夏道の倍以上時間をかけて今日のテント場、連状ノ頭へ4時に着く。早々6人用テント2張を張り、竹ペグで固定する。頭だけに吹く風は強く又、4時を過ぎると急に気温が下がり顔が少し痛い。

2日目、6時前に外に出るとテントの周りに30㎝ほどの雪がたまっている。積雪は10㎝程だが風が運んできたようで、昨日付けたトレースも消えている。帰りが少し心配だ。全員ワカンを履いて出発。天候は悪く視界は200mほどで、今回も目印の赤布を付けながら進む。登るにつれ風が強く体が飛ばされそうになるほどで、幾度か足を止めたが10時半、山頂に立つ事ができた。景色は何も見えず今付けてきたトレースも消えかかっているので、早々に下山する。坂内登山口分岐(鳥越峠)辺りの尾根から樹林帯に入った所でルートを見失うが赤布のおかげで事無くテント場に戻る。早々にテントを撤収し全員ワカンを履いて下山する。トレースは無いが稜線伝いなので藪の少ない歩き易い所を選んで下る。高山キャンプ場手前30分程の所でワカンを外す。今回の山行はほとんどがワカンを履いての行動であったが、登頂出来たのも13人全員がトップに立ちラッセルしたおかげで成功したと言える。                     
(洛中 矢野利明)

<感 想>
(乙訓 西田) 雪山テント泊の経験がないまま参加させていただいた。この時期のテント設置場の気温が想像できないが八ヶ岳よりかはましであろうと判断するがシュラフは厳冬期用を用意した。又、金糞岳は無積雪期に二度登頂しているのでなじみがある。テント設置でペグのやり方を矢野氏から教わる。テント内では同テントになった浅田さんと横山さから教わる。口に出さなくても二人の行動が手本となる。翌日赤付を付ける担当となり矢野氏より150歩で付けるように指示、これは、下山に歩数を数えて見つけられるようにするのが目的で、なければ探す必要になる。決して目印ではなく歩数が大事と教わった。この山行で多くの事が学べました。連盟主催の山行では、多くの方と交流でき、自分の知識の引き出しが増えました。
まだまだ自分の知らない世界がある事を認識し、山を楽しみたいと思います。

(乙訓 杉林) 昨年のピークハント、リベンジ山行と思って楽しみにしていました。積雪量は昨年に比較して多く、最初からワカン歩行選択で順調に高度を上げ、連状口と小朝の頭の中間地で、雪崩の危険が少なくて風の影響が受けにくい平地で、手早くテント設営。テント内は狭いが楽しい交流の場で、色々と登山知識を得た。絶好の場とあって何時も楽しみにしています。翌朝、ザックには必要最小限の品物のみ。雪はずっと降りっぱなし。その上、風もどんどん激しくなりラッセル歩行もなかなか大変。途中トレースが消え帰り道を迷わないように、トレース道脇に赤布付竹竿を挿す、間隔150歩毎。この知識・経験は初めてで目に鱗でした。

(乙訓 夏原) 金糞岳は昨年に続く参加であるが雪の量が多く、新しく異なる経験が出来た山行であった。1日目は翌日のピークハントのため、幕営予定地(小朝の頭手前)まで時間目いっぱい歩いたが、登頂のため条件であったことが後で分かった。救助隊山行のテント生活は、毎回勉強になる。如何に合理的で手際よく安全に生活するか、水(湯)を作ること一つでも学ぶことがあった。2日目は膝上の積雪をラッセルしたが、ここまでの積雪量、急斜面でのラッセルは初体験で、ラッセル方法など指導していただいたことが貴重な宝物となった。ルートの摂り方(尾根に直登・雪庇に気を付けながら背を外さない)も実際によくわかった。また、ピストンであったが断続的な降雪では、13人が歩いた跡もあっという間に消えていくというのも経験でき、赤布のありがたさがよくわかった。

(乙訓 岩滝) 3年振りに救助隊の雪山山行に参加しました。2日目の金糞岳ピークハントでは、吹雪の中でラッセルの連続。自分は、視界が無くなるような雪山は初めてで、赤布の設置の重要性を目の当たりにしました。昼過ぎにテントを撤収して下山。皆さんはラッセルでの疲れがないのか、林道に出てからスピードにはついて行くことが出来ず、体力の限界を感じた山行に成りました。更に体力強化に励みます。
(乙訓 永石) 厳冬期の雪山は初体験でした。夜中の降雪で良質の雪がたっぷり!深いところでは腰ほどまである。こんなに長いラッセルを必要とする道を歩くのも初めて。吹雪の中を長時間歩くのも初めて。ラッセルはとても楽しかったです。(13名いたからでしょうね。)雪山の楽しさと難しさを知り、雪を堪能した濃厚な2日間でした。ラッセルの仕方、ルートのとりかた、赤布の付け方、下りは風に吹き消されたトレースをピッケルで探り出来るだけトレース跡を歩く、地形と磁石を見ながら付けた赤布を頼りに歩く・・・等々。ベテランの方々の素晴らしさに感心しました。沢山のことを教わり、貴重な経験が出来ました。

(乙訓 平田)  今回2回目、昨年に比べて可なりの積雪、ラッセル目一杯頑張るより早い目に次の者に代わる様に指示有り納得。二日目のテント場から金糞岳ピークハント、天候は朝から吹雪。ピークハントの帰りラッセルのトレース跡が吹雪で消えている、初めての経験。約150歩毎に竹竿の先にリボンを付けてトラックバックの目印にする。トレース跡を探す時、ピッケルの柄の先で固い所を探すなど、深い積雪時の登りのラッセルのしんどさ、雪山山行の貴重な経験を体験出来ました。

(らくなん 網岡) 晴れていれば南に奥伊吹スキー場が望めるはずの雪を抱いた厳冬期の金糞岳は、昨年のリベンジを兼ねての挑戦でしたが、らくなん山の会に入った年に残雪の頃初めて登った山でもありました。雪山大好きの私にとっては思いでと共に張りきって参加したつもりでしたが、どうも体調が上がらず御岳に続いて又も体調不良となりました。救助隊メンバーの私としてはとても情けなくなってしまいましたが、それでもリーダーの大切さや、更にはメンバーの心意気等色々な事を学ぶことが出来た山行でした。次回参加する時には、体調を整えて自分として納得のいく山行となるように、したいものです。「山の基本に返る事」の大事さを感じた山行でした。


山行報告に戻る

TOPに戻る