≪クライミング部山行報告≫

ダブルアックス登攀 金比羅

山行日 2013年1月27日(日)
山 域 京都大原 金比羅
参加者 西田
行動記録 9:30江文神社-10:00Y縣取り付き-11:30頭-13:30Y縣取り付き
<報告>
(記:西田)
昨夜の雪で少しの積雪、しかし、取り付きからは岩に雪が付いて無くアイゼンとアックスが良く決まる。順調に登攀を続け頭に着くころにはふくらはぎがパンパンになっていた。ここでロープを用意して一旦懸垂下降、ロープにリフトとコングのダックを装着して滑落停止に備え登攀開始、3回目の練習だが、アックスが抜ける事無く登攀できました。ソロでやっているとすぐにふくらはぎがパンパンになってくるので、時間は早いが切り上げる事にしました。Y縣沢をクールダウン兼ねてゆっくり下山しました。
<感想>
(記:西田)
20日に会の例会において蓬莱峡でアイゼントレをした時に、アックス登攀のプランを考えていた。予報では、金比羅も天気が期待出来そうであったが、前日に雪が降り少しの積雪。Y縣取り付きからの岩場には雪がついてなく、空も青空でソロでも気持ちが高揚してくる。流石に前回トレーニングから間が空いたせいかふくらはぎがパンパンになってくる。アックスをかける時に大丈夫かなと精神的な披露が蓄積される。注意力が散漫になる前に切り上げました。


山行報告に戻る

TOPに戻る