第4回公開ハイキング報告

西山 ポンポン山 678.7m

山行日 2012年10月14日(日) 晴れ   報告 鹿島
参加者 受講生  宇野 大井 森山 (敬称略)
スタッフ  CL高橋 SL鹿島 塩谷 鈴木 永田 藤原     
コースタイム 阪急東向日駅=(8:42発 善峰寺行きバス)=善峰寺9:20発〜三鈷寺9:35〜分岐10:10〜森の案内所10:50〜リョウブの丘11:55(昼食)12:25発〜ポンポン山12;45〜本山寺13:45〜夫婦杉13:55〜 神峯山寺15:00〜上の口バス停15:17(15:23発 乗車)=JR高槻駅 解散

今回は、風邪の為に受講生やスッタフの欠席がありました。善峰寺バス停で体操 三鈷寺からは、東方の京都市街が一望できた。朝方は、ひんやりしていたが歩き出すと汗ばんでくる。森の案内所あたりでは、アケボノソウやアケビ、コウヤボウキが秋を感じさせてくれる。リョウブの丘までは登り。受講生の皆さんは、元気に歩かれていました。昼食の後、今回のテーマ「休憩時の楽しみ方」という事でお湯を沸かしコーヒーを頂きました。ポンポン山山頂は、沢山の登山者で賑わっていた。ここからはどんどん下り。道迷いもなく楽しく歩けました。予定より1時間早くバス停に着いた。皆さんお楽しみさまでした!!

一言感想
今回のコースは、まさに私が歩きたいとあこがれていたコースで 出発点の善峰寺周辺の雰囲気が素敵でした。そこから急坂を登ったあとの三鈷寺での180度の眺めにも感動しました せせらぎに沿って歩いたあとは小ぎれいな案内所が整備されていました ポンポン山ではかすんでいたものの抜群の展望に驚きました。足ふみしてポンポンと音がしなかったのは残念でした 尾根道も気持ちよく、歩きながら喜びで一杯でした。下って行って本山寺のしなびたお堂が見えてきたときも脳がハッとしましたし、境内も風情があったなぁ〜でもその後の林道を少し行った頃から。どっと疲れが出てきて足の裏やら太もものつけ根が痛くなって、これ以上歩くと足腰ガタビシとダメになるぞという風に感じ、これが私の限界かなと思いました。でもまだ優しい樹々に囲まれた山道の余韻が残っています。皆さん感謝です。
                                                         大井

公開ハイキング4回目は、善峰寺に隣接する三鈷寺からポンポン山・神峰山へ行くコースでした。同行の方達は、日頃訓練をされている方ばかり。片や私は建物の階段を5階まで上がることが1日数回あればいい方。三鈷寺まで上がったら後は穏やかな道ばかりと聞いていたのですが、そう甘くはありませんでした。リタイヤすることもなく噂に聞いていたポンポン山へ到着。次回の貝月山も1234mと覚えやすいのですが、ポンポン山も678,9mと嘘みたいに語呂がいいです。「ジャンプするとポンポンと音がする所がある」と聞いていたため試してみたかったのですが、沢山の登山者の中、実行することもなく下山となりました。
ゴール近くには、舗装道路と山道が並行している所もありましたが、行き交った方が「山まで来て舗装道路を歩くのはどうかと思う」と言うのを聞いて(多分聞かなくても・・・)、私達一行も山道を歩きました。(正直、私なら舗装道路を選んでいたかも)。
高槻駅近くの店で反省会。こちらの方が本日のメインイベントかと思えるくらい楽しい一時を過ごすことが出来ました。
                                                        森山


山行報告に戻る

TOPに戻る