救助隊山行

湖北 金糞岳 1317m

山行日 2012年2月25日(土)〜26日(日)
参加者 CL横山大輔(左京)、SL浅田美智子(乙訓)、矢野利明(洛中)、西村澄子(右京)
上西正之(乙訓)、平田政忠(乙訓)、杉林 清(乙訓)、夏原嘉弘(乙訓)
永石睦子(乙訓)、進藤寿美子(洛中)
行動記録
25日 京都発7:00・・9:00 高山キャンプ場9:25・・10:50引き返す・・11:35 再出発・・14:00 橋・・15:20林道出合で泊
26日 5:00起床 7:00・・9:20 小朝ノ頭・・10:00 最終到地点(1100m付近)・・12:20テン場 13:15・・15:30 高山キャンプ場・・京都
報 告
1日目 予想通り雪が多い。私の記憶では、林道の奥まで車で行ってから尾根に取り付いたはずだった。しかし、今年はそれよりはるか手前のキャンプ場も、雪で埋め尽くされている。車をとめて歩き出すが、二股で道を間違う大失敗。やっぱり「?」となにか違和感があったら、面倒がらずに地図を見る・・基本です。
気を取り直して再出発。道は平坦だが、腐った雪に足をとられて、思うようにスピードが上がらない。それでもなんとか頑張って追分まで行き、危なっかしい橋を渡って、やっと尾根の末端へ。これでようやく始まりか・・。しかしいくらも歩かないうちに傾斜は急になり、雪は深くなるばかり。今日の泊予定地は、はるかに遠く、1回目の林道出合で行動を打ち切る。
2日目 要らない物をテン場にデポして、頂上を目指す。しかし、登頂にはこだわらず、時間を決めて引き返すことを確認する。
明け方少し冷え込んだので、アイゼンを履いて出発するが、固いのは表面だけ。ずぶずぶ沈みこんで歩きにくい。すぐにわかんに替える。
2回目の林道出合を過ぎると、今度は高度もあがって雪が締まり、アイゼンが効くようになってきた。それにしても、天気は一向に良くならない。行く左手には、美濃の山らしい、どっしりとした尾根が見えているが、目指す金糞岳は、それらしい姿も見えないまま。まあ、こう吹雪いていては無理だろう。
この辺りから尾根が屈曲してくるので、要所に目印の赤布をつけながら進む。今回使った蛍光色の布は、雪の中でもよく目立ち、見つけやすくて良かった。
10時、大朝ノ頭を過ぎたあたりで今回はここまでとし、下山を開始する。
<感  想>
 初心者向けの山行と企画し、そう呼びかけをしたものの、内容はちょっとハードだったかもしれない。雪山テント生活を楽しむという謳い文句とは裏腹?に、重荷を担いで長い距離を歩き、雪と格闘し、アイゼン・わかんを何度も履き替えて、挙句にピークも踏めずに帰ってくるという、普通に<楽しい>山行ではなかった。参加者の皆さんの頑張りに、本当に感謝している。でもきっと、こういう山行も楽しいと思えるようになるはず。行っているときは正直、何度ももう帰りたいと思うのだけれど、終わってみれば苦労した分だけ(とはいかないが)充実感はある。そんな想いを共有できる人たちと、これからも山に登りたいし、想いを発信できるよう自分も高みを目指し続けたい。それと、今回テント山行にしたことについて。ここ数年来、救助隊の雪山山行は、雪洞泊に取り組んできた。いつも10名前後の参加者があり、内容も充実してきたのだが、なぜか2年3年と続けて参加する人がいない。皆一様に「雪洞に泊まってみたかった」というが、一度経験すれば満足してしまうのか、嫌になるのか、それっきり。個人の楽しみや満足は大いに結構だが、主催する側としては、それで終わって欲しくはない。何度も経験し、生きた知識・技術を身につけていって欲しい。そして自分が山行を企画して、学んだことを次の人に伝えてもらえたらと願う。今回のテント山行も、基本の理念は変わらない。各会で取り組む雪や岩の山行が少なくなってきている今、救助隊の活動が少しでも役に立てばと思う。
記: 横山大輔

雪山テント泊山行は、近年乙訓では例会がでていない。したがって入会年数の浅い私たちはその技術を得る機会にめぐまれにくい。今回、初心者を対象に指導いただいたことは大変ありがたかった。一昔前まで、乙訓でも滑落停止訓練なども実施されていたそうだが、今はあまり考えにくいので、連盟の救助隊や他の委員会が連携し、冬山講座のようなものが出来たら雪山愛好者が広がるのではないか!金糞岳は初体験の山域だったが、これからも足を運びたいと思えるところになった。今回一番勉強になったことは救助隊事務局の方々の段取り能力、手際よく効率的な動きとそのスピードである。とても真似はできないが近づく努力はしたい。
(乙訓 夏原)

救助隊の雪洞山行を気になりながら救助隊にはついて行けないだろう、お呼びじゃないよと、申し込みを断念していました。今回は初心者と言う呼びかけで思い切って参加することができました。ワカンとアイゼンを何度も付け替え、金糞岳は想像以上に遠く、頂上に立つ事も、お目にかかることも出来ませんでしたが、雪の雪山テント泊は初めてでとても良い経験になりました。是非リベンジしたいものです。
(乙訓 永石)

スタート地点から柔らかい雪質に合わせて、ワカン歩行となり、予定計画時間より相当のロスでテント設営地も大分手前の変更になりましたが、適切な判断と感心しました。積雪期のテント設営地決定は安全確保の為、最も雪崩等危険度の低い、かつなるべく平地を選択する事を学びました。設営には手際よく短時間でする事の指導を受けました。テント内では楽しい食事タイムを持ち、他の労山の方々との交流もあり楽しいものでした。2日目はアイゼンスタート、すぐに雪質の変化でワカンに変更の指示。以降、状況に応じてワカン・アイゼンの脱着の繰り返しと素早い動作の必要性を痛感しました。
ピークハントを目前にして計画予定タイムとなり、安全確保の為下山。安全第一が最も大切である事を今回の山行で学び、この有意義な経験を今後の山行に活かしたいと思いました。
(乙訓 杉林)

雪山のテント泊、初めての経験です。テントの設営から、テント内での自炊・雪からの飲料水作り。矢野さんからの雪山のテント泊での注意点、山行では雪の状態でのアイゼン・輪カンの履き替え。下山時間を考えての、予定ピークを踏まず途中撤退、安全登山。色々とはじめての貴重な体験出来、世話役の方有難うございました。
(乙訓 平田)

“冬山初心者の為の山行です”の呼び掛けに心を動かされ参加を決めました。雪山テント泊は2年前の初級登山学校以来で緊張しながらの山行でした。一日目もう少しでテント場と言う所で息が上がり、共同装備のテントマットを持ってもらう羽目になってしまい残念でした。救助隊の方々の軽量化の極意や、無駄の無い効率的な行動、ひとつひとつの助言はとても参考になりました。自分の荷物を助けてもらうのは初体験でしたが楽しく、学ぶ事の多い山行でした。
(洛中 進藤)


山行報告に戻る

TOPに戻る