救助隊

雪上搬出訓練




訓練日 2012年2月5日(日)
参加者 (WAO)2名・(乙訓)8名・(左京)3名・(田辺)3名・(明峯)4名・(福知山)3名
(与謝)2名・(伏見)5名・(西山)2名・(洛中)5名・(やましな)7名・(らくなん)6名
(右京)3名 合計13労山53名
報 告
 今回は、53名の参加がありニーズが高まっている。冬山に入る機会が多くなってきたためか、良い傾向です。参加者も初級をはじめ新しく参加する方が増え、また会で例会扱いされているところもあり、姿勢も真剣に取り組んでおられ、これが各会にいきわたる様、救助隊としても内容を充実させていきたいと考える。
 訓練の内容は、9:30−11:00ビーコンによる捜索、プローブによる捜索が例年通り行われた。アナログ2班とデジタル2班に分かれての訓練であったが、ビーコンの特性と捜索の実施をじっくり出来てよかったと思う。今後は講師の増強を行い、さらに広げればと思った。
 搬出訓練は12:30から梱包のデモを行い,5班それぞれで梱包を実施、1ルンゼから大山口までをスムーズかつしっかりとした梱包で搬出できた。年々向上していると感じ、訓練を経ることにより実際に事故にあったときに落ち着いて、自分の安全を確保し救助が出来ると思う。
                                                 乙訓山の会 上西
<各班の感想>
初級チーム ビーコン、プローブの使用経験はあるが実務で習熟できて良かった。
搬出ではロープワークが上手くいかなかったのが反省点。搬送する人、される人がもっと危機感を持って行動したらよいのでは。
1 班 搬出はとてもスピーディに無駄なく進められた。カーブではもっと声掛けをする必要性を感じた。梱包時にザイルの長さ調節ができていなかったので少し歩き辛かった。全体にチームワークが良くスムーズにできた。
2 班 梱包は上手く出来たが思う以上に時間がかかってしまった。ロープワークは各会でもやってみたら良いのでは。雪山ではビーコン・プローブを持って行く必要性を感じた。
3 班 梱包作業に時間がかかってしまった。声掛けも少なかった。カーブの時、怖さがあったので後ろでのブレーキ役の人が大事であると感じた。
4 班 梱包はしっかりとしていて早くできた。方向転換の場合、身体を持ちあげてやったら思った通り上手くできた。下りの時は搬出されるひとのかかとが雪を踏んでしまうので、踵まで包み込んだ方が良かった。
以上


山行報告に戻る

TOPに戻る