女性委員会山行報告

読図山行「細野〜ダルマ峠」

山行日 2011年12月18日(日)   天気:晴れ時々曇り
参加者  7労山 31名
コースタイム 細野(9:30) 〜 尾根の末端(10:05) 〜 昼食(12:20〜12:50) 〜 田尻谷林道(13:10) 〜 愛宕道バス停(13:30)
 参加者が多くグループ分けして出発する。車道の横の急な階段を4段登り、道のない藪の急斜面を登り尾根の上に出る。そこから読図山行の始まりで先頭のグループが地図とコンパスを頼りに進んでいく。
 途中ルートを確認しながら進み、P552にいるはずなのに南に行く尾根が無く、現在地がわからなくなってしまった。尾根の先に進むと送電線が見えて間違いが確認できて引き返す。
 途中12時を過ぎてきているので昼食にする。引き返す途中で進むべき尾根が見えていたが、どこで間違えたのかわからず、委員で相談して下山することにする。テープが付いた降りやすそうな尾根を降り「ペンション愛宕道」の裏に降りて愛宕道のバス停で解散しました。
 後日ルートを見つけられなかった問題点の確認のため、女性委員とアドバイザーとして山崎さん(右京労山)を交えた5名で行ってきました。前回と同じ所から登り、正しいコースを辿りP552に行っていたのが確認できました。そして倒木の奥の急斜面を10m下った所に南への尾根が伸びていました。
 今回は直ぐに見つけることが出来たのに、前回は何故見つけられなかったのか、大いに反省しています。P552からP598へは地図とコンパスを見ながら行けば、途中に岩まじりの急登があるがわかりやすい。P598から今度は急斜面を2〜30m降りた先の尾根が注意していないと見つけにくい。そこから見つけやすい尾根道なので、現在地を確認しながら進めば、細野峠を通りダルマ峠まで縦走できるので、興味ある方は挑戦してください。


山行報告に戻る

TOPに戻る