救助隊山行

富士山報告

山行日 2011年11月25日(金)夜発〜27日(日)            報告:横山大輔
参加者 CL横山大輔(左京)、矢野利明(洛中)、西村澄子(右京)、浅田美智子(乙訓)
網岡国江(らくなん)、谷村豊(WAO)
行動記録
25日 21:00 京都発・・3:30 富士スバルライン入口で仮眠
26日 9:00 スバルライン・・9:30 三合目樹海台駐車場 9:50・・12:30 吉田口五合目・・15:30 七合目 泊
27日 6:00 起床 7:20・・10:45 浅間頂上 白山岳往復 11:30・・13:30 七合目・・15:30 五合目・・バスで樹海台駐車場へ・・京都
報 告
26日 出発の数日前、寒波がやってきて比良山にも雪が積もった。心配していた通り、富士スバルラインは通行止。その後の除雪作業で、出発日には四合目までは通行可能となったが、四合目の駐車場は登山道からは大きく離れているので、かえって遠回りになってしまう。仕方なく、更に下の三合目に車をおいて登りはじめるが、ずいぶんと損をした気分。2時間半歩いて、ようやく予定の出発地、吉田口五合目に着く。いつもは観光客であふれかえっているこの場所も、今日ばかりはとても静か。かえって風がびゅうびゅう吹き抜ける音が響きわたり、急に寒さを感じ、ヤッケを羽織る。明日の登頂のことを考えれば、今日のうちに出来るだけ上まであがっておきたい。雪は例年よりもはるかに少なく、時々強い風が吹くものの、天気は安定している。頑張って七合目過ぎまで上がり、小屋(もちろん今の時期は閉まっている)の前にテントを張る。夜は星空と夜景がきれいだった。次第に風も収まってきて、寒さも厳しくなく、ぐっすりと眠れる。
27日 次の日、朝から曇り空だが、なんとか一日は持ちそうだ。不要な装備をデポして、頂上へと向かう。道は夏道とほとんど変わらない。ジグザグの単調な登りが、ひたすら続いている。いくつか見えている小屋を目標に「あそこまで・・」と目指しながら登っていくが、変化の無い道は精神的に辛い。加えて高度があがってくると、肉体的にもしんどい。それでも一歩一歩あるいていけば、確実に頂上は近付いてくるはずだ。歩き始めて3時間あまり、ようやく浅間頂上に着く。感激というよりは「やれやれ、やっと着いたか」という感じか。苦労して登った道程も、下りはあっという間。みるみる高度をさげ、テン場のデポを回収、一気に五合目へと下る。五合目へと来てみれば、除雪は完了して今日から車がはいれるようになったようで、観光客であふれ返っていた。

 救助隊山行で富士山を計画して3回目、やっと頂上に立ててホッとしている。雪山トレとして考えると、今回は条件がよく、全然厳しくなかったところに不満が残るが、じゃあまた来年も? と聞かれても、その気は無い。道中は長いし、登ってさほど面白い山ではない。帰りの車から、遠く暮れゆく富士山を眺めながら「やっぱりあれは見る山」と思う。そう言いながら、これまで何度も登ってきたのだけれど。



山行報告に戻る

TOPに戻る