女性委員会山行

鎌倉山〜八丁平

山行日 2011年10月23日(日) 晴れのち雨
参加者 CL:進藤、SL:平田
右京2名、やましな1名、田辺2名、西山2名、伏見山の会1名、洛中1名
「女性のための登山教室」の受講生6名  合計15名
コースタイム 登山口9:05→もみじ平9:40→ブナ平10:10→鎌倉山11:10〜昼休憩〜鎌倉山出発12:00→千年杉12:20→オグロ坂峠13:25→八丁平13:45→二俣15:15→葛川中村バス停15:45 江若バスでJR堅田駅・駅にて解散

 心配だった雨も止み暑いくらいの陽気となりました。登り始めの急登、モミジ平で汗が噴き出すほどの暑さです。それでも秋の様子がうかがわれます。なだらかなブナ林は歩きやすくみんなの足も進み、途中で薄紫のリンドウの花を二輪見つけました。雑木林に入りポイントで紅葉しているモミジを見ながら快調な歩きで鎌倉山に到着。昼休憩では温かいコーヒータイム。思い思いに山頂で景色を楽しむ。八丁平に向かう稜線は楽しく紅葉を満喫しながら皆さんの足も進む。巨木の千年杉では、皆さん大杉のパワーを取り込みオグロ坂峠から八丁平に到着。湿原を楽しむもなく雨が降り出し雨具を着用。
 中村乗越から右俣への急な下りを、平田SLの指示のもとに受講生参加の皆さんが、慎重に徒渉を何回も繰り返し続く。講座での実技山行3回をこなし、4回連続の山行にすっかり安定した歩きで進まれている。二俣では江賀谷の林道に出る橋が前夜の雨と、降り出した雨のせいでヌルヌルして傾いている。 ゆっくり橋を渡る組、下に降りて少し広い川をジャバジャバと渡る組に分かれたが全員が無事林道に出た。
 緊張の連続だったので一息入れ水分補給。二俣から葛川中村バス停15時50分発の江若バス堅田行きに乗れるのか、17時25分の出町柳行きになるのか厳しい時間帯だった。疲れているはずだが先頭が、がぜんスピードを出し、無理かと思われた葛川中村のバス停に間一髪の5分前に到着。無事堅田行きのバスに全員乗車。JR堅田駅にて解散しました。

 八丁平のカシナガの被害には心が痛みましたが、北山の美しい紅葉に満足した山行となりました。また、「女性のための登山教室」の受講生、6名の参加があったことは、嬉しい限りです。
                                                 報告:進藤(洛中)
           


山行報告に戻る

TOPに戻る