青年公開山行報告

“大御影山”

日 時 2011年10月9日(日)
参加者 乙訓:中田(CL)、らくなん:谷(SL)、やましな:半田、右京:二階堂
一般参加者8名    (計12名)
コースタイム ビラデスト今津8:40〜登山口9:00〜林道11:05〜大御影山12:00〜(お昼12:40)〜林道13:30〜登山口15:45〜ビラデスト今津16:00
<報 告>
 天候晴れ。登山口からすぐの小さな沢を渡ると、足元の狭い登山道に入る。左に沢の音を聞きながら登っていくと、バイパスと近江坂の分岐。バイパスを登って近江坂との合流で一休み。今津の町並みや琵琶湖の景色が見えて、気持ちがいい。杉林を通ってシャクナゲや小アジサイ、イワウチワの間を抜け、尾根伝いに進む。ぬかるみにシカやイノシシ、クマらしき足跡があって、遠く鳥の声がするくらいで、静かな山中を歩いていく。こまめな休憩に、一般参加の人たちの元気もいい。
林道から、登り下りを繰り返し、小さなブナの林の中の大御影山に到着。みそ汁とコーヒーを振舞って、ゆっくりと昼食。集合写真を撮って、下山にかかる。
 バイパスとの分岐、帰りは近江坂の道に入る。途中まできれいなブナ林が続くが、倒木で道が塞がった。脇を少しヤブ漕ぎして通過、無事にバイパスとの分岐へ出る。あとは10分ばかり下って小さな沢を渡り、全員怪我もなく登山口に戻る。
 爽やかな気候でSLのペース配分も良く、自然のアスレチックのようで楽しかったとの声もあり、みなさん大御影山を堪能された様子でした。
 今回の一般参加のうち7名が、たった一人の2年に及ぶ勧誘による賜物でした。この場を借りて、改めてお礼を言わせてください。二階堂さん、ありがとう。
                                           記 乙訓山の会 中田光輝
 
<感想>
大阪市
Sさん
大御影山 はじめてでしたけど、みなさんおもしろい人ばかりで、天気もよくて、コースもほどよくてよかったです。嫁さんと楽しく参加させてもらえました。ありがとうございます。
大阪市
Sさん
とても気持ち良く登らせていただきました。コースも、とちゅうお散歩道のようでゆったり歩けたのも良かったです。これを機に、また登山いろいろ挑戦してみます。ありがとうございました。
西宮市
Kさん
初めての登山でしたが、とても楽しい時間を過ごせました。みなさんいい方ばかりでした。また、登りと下りとでは別の面白さがあるなぁと思いました。また、ぜひ参加させていただけますと幸いです。ありがとうございました。
神戸市
Kさん
登山初チャレンジ。想像していた以上に楽しく登れました。誘導もすごくいいペースで、ほどよくしんどく楽しめました。頂上でのおみそ汁、最高に美味しかったです。また登りたいです。ありがとうございました。
高槻市
Kさん
久しぶりの登山で不安がいっぱいでしたが、ちょうど良いペースで最後まで楽しみました。一人だとなかなか行けないので、お誘い頂いて本当に良かったです。ありがとうございました。
大阪市
Kさん
この夏から始めた?挑戦してみてる登山ですが、今日も快晴の中、同世代のメンバーと、とても楽しく爽快に登れました。爽やかな風と森林の香りの中で、気分が晴れやかになりました。頂上でのおにぎり、下山後の温泉など、とても楽しい1日になりました。どうもありがとうございました。
豊中市
Tさん
天気も気温も非常に良い中で、稜線をゆっくりと歩く楽しいコースをありがとうございました。山を一緒に歩く仲間を見つけれればな、と思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。
京都市
Oさん
前回残念ながら参加できなかったので、今回こそはと楽しみにしていました。天気も気温も本当に気持ち良く、最後までいい気分で歩けました。山頂での昼食では、あつあつのみそ汁とコーヒーをごちそうになり、とても美味しかったです。今回のメンバーの皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました。
らくなん 
谷寛章
天気もよく12人と大勢で賑やかで楽しい山行でした。下山中、木が倒れて道をふさいでる所が2箇所ほどあり、一般の方も居られたので少しあせりましたが、少し戻ってもらって回避することができ、怪我や事故もなく今回の公開山行は成功だったんじゃないでしょうか。
やましな 
半田幸来
清々しいお天気の中、秋の空やかわいらしい木の実、毬栗と季節を感じながらの山行となりました。秋は食欲や読書の秋と言われますが、こうして自然を満喫することが一番だなと思えました。また皆さんとても賑やかで、ほんとに楽しく過ごさせていただきました。企画してくださったミツさん、みなさん、ありがとうございました。
右京 
二階堂幸恵
秋の気配がする山をのんびり楽しめました。また大勢で行けたらいいなと思います。たくさんたくさん歩けて楽しかったです。


山行報告に戻る

TOPに戻る