青年山行報告

“槍ヶ岳”  




日 時 2011年9月22日(木)※夜発〜9月25日(日)
参加者 中田(CL)・畑(乙訓)、:谷(SL)(らくなん)
コースタイム
22日 京都駅8時30分発
23日 平湯1:30(車中にて仮眠)〜上高地6:05〜明神7:10〜徳沢8:20〜横尾9:40〜一ノ俣11:00〜槍沢ロッヂ12:09(小屋泊まり)
24日 槍沢ロッヂ6:00〜大曲7:20〜天狗原分岐8:40〜2535m付近9:10(昼食)槍ヶ岳山荘12:30〜槍ヶ岳山頂15:18〜槍ヶ岳山荘16:00(小屋泊まり)
25日 槍ヶ岳山荘4:35〜坊主岩5:55〜大曲8:04〜槍沢ロッヂ9:22〜一ノ俣10:35横尾11:45〜徳沢13:15〜上高地16:15〜平湯17:00〜京都駅22:30
<報 告>
23日



 上高地のバス停は人でいっぱい。とっとと登山届を提出して歩き出し、すぐさま梓川と合流。透き通った流れの先に明神岳、対岸に西穂、澄んで冷えた空気をいっぱいに吸ってスタートする。山の裾野に薄っすらと雲がかかるが、空は真っ青な晴天。林間をたくさんの人たちに抜かれながら、ほぼコースタイム通りに明神、徳沢、横尾の林道を歩き、ようやくの登山道を一ノ俣へと歩く。
 一ノ俣から出発しようとしたところへ親子の登山者が到着するが、何やら靴底が外れた様子。テーピングテープと予備の靴ひもを差し上げて、槍沢ロッヂへと歩き出す。ここからの平坦な道のりは、沢のすぐそばに沿って歩く。澄んだ水と谷間の緑と空の青さが、とても印象的なところでした。
 お昼に槍沢ロッヂに到着。就寝までの時間をほぼ談話室で過ごし、まわりの登山者と交流を深めて1日目を終了。
24日
 翌朝、キンと冷えた空気の中を歩き出してすぐ、木々の間に槍ヶ岳の雄姿が。少しして山の陰に見えなくなるが、3人のテンションは嫌でも上がる。前日の平坦な道から、この日はグンと高度を上げ、山荘まで1000mの高低差を行く。まだナナカマドは緑色。紅葉まではもう少しといったところ。天狗原分岐下で、谷間に射し込む朝日に照らし出されると、とたんに温度は上昇。ジリジリと焼かれるように歩を進め、沢の横でゆっくりと昼食。そこから少し高度を上げたところで左にトラバース。カール状に開けたと思ったところで、雲ひとつない青い空にくっきりと槍ヶ岳が見える。水場のところでザックを下ろし、3人で槍のポーズ。坊主岩の手前で前日の一ノ俣での娘さんに追いつかれ、そこから山荘まで4人で行動。途中の岩の上で撫でて、摘んで、跨ってと、失礼にも槍ヶ岳で遊びつつ、楽しく1000mを登り切った。
 そこから空荷で槍ヶ岳登頂へと向かう。頂上直下から裾まで、カラフルな長蛇の列の最後尾に並び、下りて来た人に尋ねる。どれくらい掛かりました?
1時間半掛かりましたよぉ…
そこから待つこと待つこと2時間と18分、ようやく山頂に立つ。景色を遮るものはない。ずっと向こうまで雲のない青い空がつづき、はるか遠くの山の峰まで、これでもかってくらい360度見渡すことができた。あの山は?ゴツゴツとした山、緑の山、なだらかな山、切り立った山、つぎは何処へ行こう…思いは巡る。

  

25日
 最終日、まだ月のある時間から2日の行程を一気に下る。坊主岩の手前で朝日を浴び、照りつける光りの中で、道中の出来事や景色を記憶に焼き付けながら歩く。これといって難しいルートではないが、一気に歩く22キロは、2日間の疲労と足の具合でかなりのペースダウンを強いり、3日間の最後15分だけ雨に降られながら上高地に着いた。
何はともあれ、一生のうち数度あるかないかの素晴らしい天気に恵まれ、多くの新たな出会いと仲間との交流を深めつつ、目を奪われるような景色を満喫し、とても有意義な山行となりました。
                                          報告:乙訓山の会 中田光輝

 

 
感 想
 今回、久々に高い山に登るということで体力がもつのかとか、滑落などの大変な事態に陥ったりしないかなどの若干の不安はありました。しかし、天候にも恵まれ、ルートとしてはそこまできついものではなかったので、楽しく歩くことができました。
特に、今までの登山と違っていたのは、人との出会いがあったことですね。1日目の登山の最中に仲の良い親子の2人と会話を交わし、山荘ではお酒を囲んでいろいろな人と談笑し、今までにはない経験をさせてもらいました。
天候が良かったことによって、昼間は雄大な山脈が観れ、夜は空にきれいな星がたくさん見れて、その景色が心に残っています。またこのような景色を他の山で見れたら、とても気持ちいいだろうなと思いました。
次回もいい山行ができるようにしたいと思います。
                                            乙訓山の会 畑佑馬
 
 山小屋は初めての体験でしたが、槍沢山荘の談話室で出会った人達からいろんな山の話、これからのコースやそこから見える逆さ槍、涸沢の紅葉、近所の山の話など他府県の方からの山の話が聞ける機会とその出会いにも恵まれ、天候にも恵まれました。
2日目の朝、槍沢山荘から微かに見える槍ヶ岳がどんどん近くになって、カールから見上げた槍ヶ岳が個人的に一番好きです。
本当に素敵な山行になりました。
                                             らくなん山の会 谷寛章


山行報告に戻る

TOPに戻る