青年委員会山行

竜ヶ岳ボッカトレ山行報告

山行日 2011年 7月10日(日)
参加者 CL・中田(乙訓)、SL・谷(らくなん)
コースタイム 8:00JR保津峡駅〜11:45表参道7合目手前〜12:30愛宕山〜大杉谷〜16:00清滝
行 程
 駅から橋を渡り、地形図にて登山口を確認。
 ハシゴを登って山に入るが、道が分かりづらく、崩れ易い斜面をよじ登るように上がる。平になったところで休憩し、地図を広げて再確認するが、あたりに道らしき道もなく、とりあえず尾根を目指してシダの中を藪こぎすることにする。
 気温が高く、尾根の登山道に出たころには、二人ともヘトヘトになりました。
 そこから尾根筋の登山道を進むが、熱中症の傾向が見られたため、30分刻みで休憩をしながら進む。 米買い道との合流から急登を登り、表参道との合流まででお昼を迎える。
 休み休み12:30に愛宕山に到着。
 疲労と時間から竜ヶ岳を諦め、大杉谷を下ることにする。
 東側斜面となる大杉谷は幾分と暑さも和らぎ、ゆっくりではありましたが無事に清滝まで歩くことができました。
 地形図で登山口は橋から左に曲がったところにあるが、今は廃道となっており、事前の下調べができてなかったことが大きな誤算でした。


龍ヶ岳山頂から地蔵山

 
山行日 2011年 7月24日(日)
参加者 CL・中田(乙訓)、SL・谷(らくなん)
コースタイム 7:50JR保津峡駅〜11:30愛宕山〜13:30竜ヶ岳〜龍の小屋〜首無地蔵〜八丁尾根〜17:30清滝

 前回の失敗を繰り返すことなく、橋から右に曲がり、登山道に入る。
 始めの急登から30分、前回は1時間以上掛かって休憩を取った場所まで難なく到着。小休止のあと米買い道との合流までの尾根を軽快に歩く。道は先日の台風の影響か、倒木や、緑の葉が散乱していました。人もほとんどなく、静かな朝の小道。米買い道からの急登も難なく登り、途中休憩を取りながら、   11:30には愛宕山に到着。
 昼食を済ませ、愛宕山の裏側へ林道を回り込むと、ものすごい数のひぐらしの大合唱が林間に響いていました。
 林道から竜ヶ岳への入口、ここで手前の谷筋の道へ入ってしまう。少し下ったところで地図を見直し、林道へ戻り、竜ヶ岳への尾根筋の道へ入る。
 背の低い木立の中、カサカサ音がすると、ひぐらしが飛んで逃げる。木立のトンネルはトトロの世界に入ったように思えた。
 尾根筋の道は踏み跡も薄く、ところどころ違った方向から合流してくる道もあったが、独立した尾根のため問題なく歩けた。
 竜ヶ岳の手前、少し右に下り登り返す起点のところ、地図で確認すると傾斜はそれほどでもなさそうに思えたが、こんなに下るのかと思えた。先に竜ヶ岳も目視できたので道なりに進み、竜ヶ岳までの最後の登りに入る。
 13:30竜ヶ岳へ到着。少し休憩を取り下りにかかる。
 道なりに進み、斜面がきつくなったところで少し道が荒れていて、直登ルートに入ったかと勘違いし、トラバースへの起点を見過ごしてしまう。そのまましばらく下ったところで崖となり、道なきところを少し登り返すことになった。
 正規のルートへ戻り、龍の小屋まで無事に下りる。
 小休止のあと、首無地蔵から梨の木谷を下る計画を変更、八丁尾根を目指す。
 林道からの分岐、まえは両側に木々が茂っていたが、向かって左斜面の伐採が進んで姿を変えていたため、地図を広げて再確認して八丁尾根に入る。
 セミの声もほとんどなく、人にも全く会わない静かな尾根歩き。やかんの分岐からのつづら折れの最後の下り、倒木が多く、ところどころ西日が差し込み風もなく、ボッカの荷物は肩に食い込み、ひざはいっぱいいっぱいになっていました。
 保津峡からアスファルトの林道まで8時間と50分あまり。二人して地べたに腰を下ろし、しばらく疲れを癒した。
 17:30清滝に無事到着。
 2回目にして竜ヶ岳ボッカトレを完遂。

 ボッカトレ以上に、熱中症対策として水分と同時に塩分を補給することと、地図を見る勉強になった山行でした。


首無地蔵


山行報告に戻る

TOPに戻る