女性委員会山行

鎌倉峡〜百丈岩




山行日 2011年 7月10日(日) 晴
参加者 伏見CL(平田)、右京SL(田尻、高鳥、松田)、WAO(北川)、らくなん(中塚、松山)
田辺(徳田、平松)、山科(林)6労山 計10名
コースタイム JR道場駅9:35~大学セミナーハウス10:40~青石古墳~鎌倉峡出合11:10~船坂川左岸12:00昼食12:30~飛石13:00~鎌倉茶屋13:30~13:45百丈岩展望台前14:15ピストン鎌倉茶屋14:35~JR道場駅15:00着

 梅雨が明け急激な暑さと諸事情により10名の参加と成る、駅前は待ち合わせのクライマーで大賑わいです。大きなザックの中身はヘルメットやザイル、カラビナと沢山の装備が入っているのでしょう。我々も一路目的を果すべく歩を進めるが、15分程で衣服調整、うだる暑さに汗が流れ落ち木陰にて休憩。苔むした林道は木立に囲まれ広く歩き易い遊歩道と言ったところか。雑木の間から百丈岩の岩塔が見え隠れしている。さらに進む、汗は容赦無く流れ、まるで灼熱地獄の様な林道歩きだ。目の前に見上げるような190段の階段が表れ、ガンバで登るが足がもつれそう。やっとセミナーハウスを通過、二郎駅分岐を左に入りフエンス横を通過、窪地の様な青石古墳は草が生い茂り見落としそうです、暗くて覗き込むのがためらわれる。枝沢から広い流れに成り船坂川左岸を行く。此処から鎌倉峡渓谷歩きが始まります、谷は狭く大小岩の積帯と成りゴーロ地帯を横目に見て進む、狭まった両岸の緑が美しい。最初は楽な岩歩きや河原歩きだが、序々に険しい?岩場の通過場所が現れ、鎖場、トラロープ、へつりの連続、1歩間違うとズルッドボン!!否 チャポンかな、、慎重に渡る。左岸から右岸へ飛び越える所が1ケ所有りヒョイと飛ぶ人、飛ぶのが危ない人は靴を脱ぎソロ〜リ川を渡る、結構楽しめました。下流の方で家族連れが水遊びに興じているのを見て、「今度水着持って来て遊ぼう、、来年は河原で焼肉ヤン!」何て話しながら木立の中を行くと広い場所に出た、




やっと鎌倉茶屋へ到着、長めの休憩を取る。自販機には冷たい飲み物が、、アイスクリームも売ってある、、食べたい!デモ我慢々!先がまだ有る!百丈岩の上にクライマ−の人影が見える、我々はハイキング道を行く、此処にも鎖やロープが付けられていて随分楽に登れるが鎖を掴むと熱ッ!足元の岩場からも熱気が〜!ヘトヘトに成りながら稜線へ到着、ムムッ風が無い!身体から一気に水分が無くなりそう、まるで湯でダコの気分!百丈岩が手の届く目の前に見えるが景色など堪能出来る状態では無くクライマーの気分どころじゃ無いわ、熱い!、もう限界と成る、、。
草蒸す稜線歩行はパスしてピストンで下山、鎌倉茶屋へ戻る。熱せられたコンクリ道をテクテク歩き道場駅にやっと帰り着いた、、。駅前の店は大繁盛、、私達もアイス、ビールで咽を潤しホッと一息付いた。ホンに熱い日でしたが楽しい賑やかな一日でした。皆さんお疲れ様でした。          伏見山の会  平田和子

鎌倉峡一言感想
『岩を飛び越える場所あり』と言う山行案内にワクワク。川沿いの岩を登ったり降りたり、百丈岩のクライマーを口を開けて見上げたり、期待通りの楽しい山行でした。
やましな山の会  林稔子

 梅雨があけて3日目、暑い、暑い一日でした。
船坂川左岸遡行ハイキング、クサリあり、ロープあり、濡れた逆層ありとスリル満点、冷や汗をかきながら歩きました。仕上げは百丈岩の岩稜歩きの予定を早めに切り上げ下山しました。リーダーの的確な判断で傷病者を1名も出す事なく山行を終える事が出来ました。今回はじめての知らない者同志のパーテイ、それをまとめた今回のリーダーさんの力の大きさを知りました。又パーテイの協力も大きかったと思いました。さすが労山の仲間ですね。
WAO亀岡  北川真理

 「清涼山行」のはずが、梅雨明けガンガンの夏空で、船坂川の水もぬるめでした。それでも自家製すもも、シャーベット白桃、手作り梅干しと心づくしが色々出て来て、お腹の中は清涼感満杯。渡渉地点では靴を脱いで水を感じた人、「えい!」と飛び越えた人、和気藍々の山行でした。
らくなん山の会  中塚陽子

 水辺で少しは涼しいかな?期待は見事に裏切られ暑い!暑い!の連発、水まで暑く見えました。いい汗かきました、お疲れ様。[検索] 甘〜い 甘〜い 可愛い実は、いちごでは有りません。楮(こうぞ)の実です。ちなみに和紙の原料です。
らくなん山の会  松山春美

鎌倉峡はスリル満点で楽しかったです、ローソク岩も圧巻でした
右京労山  松田あや子

 涼を求めて参加しましたが、車道歩きの暑さ、鎌倉峡の岩歩きで冷や汗がドット出ました。駅で食べたアイスキャンデーは最高でした。
右京労山  高鳥晴美

 とても楽しいコースでしたが、標高が低いので秋に又来て見たいと思いました。それにしても暑い一日でした。
                         右京労山  田尻ちひろ


山行報告に戻る

TOPに戻る