救助隊山行 御嶽山 報告

山行日 2010年11月26日(金)夜発〜28日(日)  報告:横山大輔
参加者 CL荒井昭雄(自然生)、SL矢野利明(洛中)、浅田美智子(乙訓)、谷村豊(WAO)、坪山芳樹(明峯)、長谷川伸次(西山)、大塚富章・岩根浩・横山大輔(左京)

コースタイム 26日   京都 22:00発・・・
27日 2:50道の駅で仮眠−7:00起床7:45・・・9:20濁河駐車場
9:55 〜14:15飛騨頂上 五の池小屋
28日 4:30起床7:30〜8:202950m地点〜8:50小屋に戻る
9:40〜12:10 駐車場・・・京都

          行動記録
 今年の救助隊冬山トレ山行は、富士山を予定していた。しかし直前になってドライブウエイの除雪がはかどっていないため、五合目まで車が入れないとわかる。そうなると、2日の日程ではとても頂上まで行けない。最初からピークに立てない事がわかっているとなると、魅力は半減してしまう。救助隊の事務局で相談し、場所を御嶽山に変更。参加メンバーにも了承を得て決定とした。

  27日  濁河温泉から登り始める。下部は積雪がないものの、所々がカチカチに凍っていて何度も転びそうになった。 順調に高度を稼ぎ、八合目の森林限界を超えた辺りから、いよいよラッセルが始まる。 予定では今日の泊地はこの辺りだが、明日剣ヶ峰まで行くとなると、ここからではちょっと遠い。
 もう一頑張りで、五の池小屋という立派な小屋に着く。冬期小屋が開放されていたので、有難く使わせていただく。夜半から予想通り、天気は強い冬型に変わりだす。 

  28日  朝、外は風雪で20〜30m先も見えない。 昨日の青空はどこへ。一夜でこの変わりよう、さすが3000m級の山だ。 竹ペグと赤テープで緊急の目印を20本作り、悪天候の行動の練習をする。 トップがロープをつけて1ピッチ進み、その都度、目印を置いていく繰り返し。 1時間ほど行動して、高度2050mまで行ったことを確認。小屋へ戻る。 小屋からもかすかに残っている踏み跡と、所々にあるお地蔵さんを頼りに慎重に濁河温泉へと下る。 樹林帯まで降りて道がはっきりして、ようやく安心した。 

          参加者の感想
岩根浩
左京労山
いつも単独行が多いので、こういう山行は面白いし、力になる。経験、思いを持った面々だからすごく刺激になる。 実は御嶽は今回が初めてです。気の合った山仲間との山旅だなあと思いました。 堂々とした山容、初日とうって変わった荒天、避難小屋での段取り、交流等々、救助隊ならではの山行だったと思う。 ただ気になったのが、参加者に若い人が「殆ど」いなかったこと。 そして僕の課題と言えば、日頃のトレーニング、スピードを、考えること、意欲!! 自分の現状を映し出せるのも、救助隊山行の良さだと思いました。

谷村豊
WAO亀岡
比良、白坂でのアイゼントレ、リトル比良縦走のトレーニングを済ませ救助隊の山行は厳しいですがいろいろと勉強になる事ばかりでした。 富士山でなくて内心ホッとしましたが・・・。 
 27日は雲一つない快晴で雪山のすばらしさを堪能しラッセルも体験。 五の池小屋冬期小屋が使用でき快適に泊まれラッキーでした。
 28日は視界不良と強風という中で行動する方法とトレースの消えた下山ということを体験し、冬山の厳しさを味わうことになりました。 頂上には立てませんでしたが良い経験になりました。 救助隊に皆さんありがとうございました。

坪山芳樹
明峯労山
冬山から離れて久しく、ここ4・5年比良や福井の冬山を再開しだしました。 当初、富士山ということで緊張の極みでありましたが、山域が御嶽に変わり少し緊張の糸が切れました。 しかし、久しぶりの3000m級の冬山。 なまった体にはえらい堪えました。 氷点下数度でしたが10数メートルの強風で頭と手先が冷えました。 装備も少し見直さないと行けないと感じました。 下山の時下り初めで冷やされすぎたせいか、登山口の温泉ではホッコリとすることができました。 救助隊の皆さん、ありがとうございました。

長谷川伸次
西山HC
11月21日、リトル比良(白坂)でのアイゼントレーニングに続き、11月27日の御嶽山山行に参加した。 八合目から上は真っ白い冬山。 やっぱり雪山はきれいで素晴らしい。 上部で吹雪いてきたので、五の池の冬期小屋に9名がなだれ込んだ。 外からは一晩中吹雪の音が聞こえていたが、小屋の中は電気や風呂はもちろん、何にもないがテントに比べて民宿並みの快適さであった。 翌日も吹雪、視界30m、風速15mと荒れていた。 ピークハントは中止、悪天候での歩行と赤布設置訓練となった。 そこで知恵のある方が、使用済みの割り箸に赤のひもを結んで赤布とされた。 これは視界が悪く、雪で飛ばされる稜線ではピストンの祭、効果があった。 臨機応変に対応して、安全に下山することが一番大切。 「頭は生きているうちに使わなあかん」と教えられた。


救助隊事務局より
 当初、案内で「初心者も参加可」と記載するというミスをしてしまい、富士山の頂上に立つという目的であれば、一定の参加条件をつけるべきであったが、それが出来なくて、参加希望者の力量も分からず、アイゼントレで判断することになり、参加希望者に迷惑をかけた事を事務局として反省しているところです。 また今回の山行に若者の参加がなく、冬山の連絡会でわかるように全体としても冬山の参加が激減している。 救助隊としても何とかしなければと、努力しているところで、2月の厳冬期の経ヶ岳はその一環です。 多くの参加を期待しています。



山行報告に戻る

TOPに戻る