青年委員会 木曽駒ヶ岳山行報告

山行日 2010年9月18日(土)夜発〜20日(月)
参加者 CL 上見了(洛中)、SL 中田(乙訓)、写真 谷・記録 堀岡(らくなん)、
食料 上見千(洛中)
コース
18日 22:00京都駅八条口発・・・2:15管ノ平バス駐車場着
19日 5:00起床 → 7:30しらび平 → 8:00千畳敷 〜 8:25千畳敷発 〜 9:25乗越浄土 〜 10:00中岳 〜 10:13駒ヶ岳キャンプ場着 〜 テント設営 〜 11:20駒ヶ岳 〜 12:10八合目手前 〜 13:07駒ヶ岳キャンプ場に戻る 〜 17:30夕飯 〜 20:00就寝
20日 5:00起床 〜 6:45キャンプ場発 〜 8:28千畳敷着 → 9:10しらび平 → 管の平バス駐車場 → 10:30こまくさの湯 → 11:30喫茶ガロにて昼食 → 13:00駐車場発・・・19:00京都駅八条口

 残暑の中ボッカトレ二回行い本番を迎えました。
19日
 夜行で寝不足のまま朝を迎える。ちょうど連休で登山客、観光客が多く、バス、ロープウエイは数珠繋ぎでした。冬とは違う千畳敷、例年なら紅葉も色づく頃、今年は猛暑で遅れているのだろう。時間が早いこともあり、予定を繰り上げ池巡り周回コースも行くことにした。計画書を提出して、青空の下南アルプスをバックに出発する。次々とすれ違う登山客、最近流行の山ガール発見!、カラフルな山登りの衣装を身にまとい歩いている。その後1時間ほどして乗越浄土に着く。真横から見る宝剣岳、なんだか小さく見え簡単に登れそう。中岳を越えてテント場に着き、設営後、木曽駒を目指す。木曽駒ヶ岳に着く。視界に広がる青空と山並み、南アルプス・八ヶ岳・御嶽山・乗鞍岳・穂高連峰が見えてました。その後八合目の手前で足場の悪い岩場があったので大事を取って引き返しました。テント場に戻りいつも通り暫くして、テントの中にて皆で味噌鍋を食べて、話に花を咲かせ就寝した。
20日
 5時起床、雲に覆われた日の出を見る。各自で食事を取り、小雨降る中を出発する。19日には見えなかった富士山を見ながら千畳敷に着いた。その後はロープウエイとバスを乗り継いで、お風呂に入り、ソースカツ丼を食べて帰路に着いた。今回は池巡り周回コースは行けませんでしたが、木曽駒ヶ岳に登れたし、テント泊も経験されたので目標は達成したと思います。
                                                     報告 上見了

一口感想
中田(乙訓)  青い空が近いような山は久しぶりで、風が心地よかった。南・北アルプスの稜線が雲の上に重なっているのが遠くまで見え、又アレもコレも登ってみたいなあと思った。
谷(らくなん)  最後の高速での渋滞が一番しんどかったですね。カモシカ・イワヒバリ・猿の群れ・色々な動物・草花との新しい出会いもあり楽しかった。テント泊も新鮮でよかった。
堀岡(らくなん)  リーダーの上見さん。車出してくれた谷さん。楽しく、そして引っ張ってくれた中田さん。僕たちのお母さん役ありがとう上見お母さん。本当にありがとうございました。初めて参加して楽しかったです。忘れかけていた山の楽しさを、もう一度体感した日々でした。
上見千(洛中)  私の昔は青年だった。花も嵐の踏み越えて今がある。山は素晴らしい若い仲間達。
ありがとう楽しかったです。



山行報告に戻る

TOPに戻る