ハイキング委員会山行報告    
                     国見山〜交野山
山行日 5月29日(土)晴れ           報告者:田辺山友会 染矢つや子
参加者 洛中(2名)山科(3名)伏見(5名)田辺(3名)CL(染矢)SL(藤富Y)
行 程 津田駅9:00〜広場9:20〜いきものふれあいの里10:05〜国見山10:40〜交野山(昼食11:30〜12:10)〜くろんど池13:30〜天田神社15:15
五月晴れでハイキング日和に恵まれた。遠方から参加して下った方々は一同に生駒山系は初めてとの事で喜んで戴けた。今回の目的地「国見山・交野山」からは今年3月に門真迄開通した第二京阪が見下ろせた。くろんど池に向かう途中の「八ツ橋」では珍しい木の根っこで呼吸する落羽松(ラクウショウ)に興味津々。くろんど池では丸テーブルを囲み差し入れの柑橘タイム。ありがとうございました。下山途中「八丈岩」に登ったり、獅子窟寺では弘法大師が奉られている大岩の下に入り細い岩の隙間をくぐりぬけたりと岩を楽しんだ。コンクリートで固められた歩きにくい急坂を下り15名無事下山。天田神社で解散。京都市内に帰られる方は京阪電車に他はJRと別れました。次回は会の仲間をお誘いして来て下さいね。


交野山頂上 15名

<参加者一言感想>
山科:塩谷 京都駅7時51分の近鉄に乗り新田辺に、JRに乗り換えて津田駅に着いたのは9時少し前。参加の皆さんも同じ電車に乗り合わせしていました。
今回の山域は私達の会からの参加者も初めてで大いに期待をしていました。駅から離れた所でストレッチをして(いきものふれあいセンター)を目指す。ハイキング道の横を清らかな水が流れていた。センターから国見山ピストン途中では小鳥たちのさえずりが身体と心を癒してくれました。白旗池では地元の小学生に出会いました。交野山の観音岩からの眺めも僕にとって非常に興味がある出来事でした。それは愛宕山をこんなにも離れて眺めたことがありませんでした。何時もは北から南の方角を見るのが定番でしたから「生駒山方面をみるのが・・」田辺の山の会の方々も今日は黄砂が無く最高のハイキング日和とのこと360度の視界は汗を掻いて登ったご褒美でした。昼食後は下山と思いきが、まだまだ登り下りのチョットきつい道でした。くろんど池では家族連れがボート遊びに興じていました。獅子窟寺からの下りの参道はまいったで〜す。全員無事下山した。案内してくれた山の会の仲間達ありがとうございました。 
洛中:岸本 良い天候に恵まれ交野山・国見山のハイキングに参加し良かったです。巨大な石の上に立ち360度の眺めは素晴らしく大阪のビルや愛宕山・比叡山・生駒山の山並みを楽しみました。またアップダウンと迷路のような登山道は新緑につつまれて涼しく快適に歩くことができ良かったです。ありがとうございました。
伏見:市川 今日は伏見から5名の参加です。初めてで、心配であったが自己紹介で硬さもとれました。ホトトギスの鳴き声、田植え後の棚田、畑の作物など初夏の里山を満喫。
路傍に咲く花々の写真を撮り説明を聞き、語らい、楽しい親睦の山行でした。コースも低山でありながら眺望や沢山の見所がありとても良かったと思います。
準備された田辺山友会の皆さんありがとうございました。
田辺 村田 父を亡くしてから、久しぶりの山行に参加出来ることを嬉しく思いつつ当日を迎えました。
朝から天気も良く、交野山山頂からの眺めは素晴らしく、比叡山や愛宕山等の山々が彼方にくっきりと見え、各会の参加者の皆さんと和気藹々の下、楽しい1日を過ごす事が出来ました。途中、生まれて初めて見たメタセコイヤに似通った樹木の周囲より、まるで開後の竹の子の様な根っこが数多く土の中より芽を出している姿には驚きました。又何よりも懐かしく思ったのは今から60年前、小学校の遠足で行った源氏の滝でした。
当日お世話していただいた皆さんに感謝致します。ありがとう!!


山行報告に戻る

TOPに戻る