青年山行  高島トレイル第3弾  (大谷山)

山行日 2010年4月25日(日)
山行目的 春山と花、ブナ林を楽しむ
青年委員を含む、労山会員の交流と親睦を深める
参加者 9名(5労山)
CL林・永井・若林・谷(らくなん)、SL上見了・上見千(洛中)、西川(伏見)
奥山(舞鶴)、梅原(WAO)
山行記録
8:45石庭登山口・・・11:05県境尾根分岐・・・<登りは30分に一回5分休憩>・・・11:30大谷山11:50・・・12:40粟柄林道・・・13:35近江坂分岐・・・14:20滝谷山分岐・・・15:40ビラデスト今津

 高島トレイル第1・2弾に来てくれた方達と青年委員会メンバー、そして今年新しく青年委員会に入った2名の方が初めての参加でした。
 登りではイワウチワとイワカガミの違いを学びながら、またシジュウカラの鳴き声を聞き分けながら、快晴の中、気持ちよく歩けました。山頂に近づくにつれ雪がポツポツ残っており、今年は春の訪れが遅いと実感・・・、楽しみにしていたカタクリとイワカガミはまだまだ準備段階といった感じでした。
 山行としては、下りでパーティが何回も分かれてしまい、反省するところです。今回の山行は花とブナを楽しむことと交流が目的でしたが、後日「自分勝手に写真を撮ったり喋っていたりして、パーティがまとまってなかった」「リーダーが周りを見ていない、バテバテだった」などの批判が出ました。
 前提としてリーダーは自分の実力・体力を知った上で山行企画をしており、自分が歩けるペースで計画を立てています。私は体力があまりありません。実際はバテるというより大御影山への登りで間があいたのですが、ゆっくり歩くといった指示が伝わっていなかったことはリーダーの問題でした。また、もう一点についての原因は「パーティで目的の共有が出来ていなかった」事だと考えています。朝のミーティングでしっかりと今回の山行目的について話をし、全員で目的を共有し、写真を撮ったり話をして交流したいと理解し合う必要がありました。
また、昼食時に「早く下山をしよう」ということで話をし、計画時にあげていた滝谷山には行かずにエスケープルートをとり、近江坂から下山しました。
 今回の山行は難しい山ではありませんが、考えることが沢山ありました。参加者の方から貴重な意見を頂いたのも有難いです。次にいかしたいと思います。ありがとうございました。
一口感想
WAO亀岡 梅原 青空がとても気持ちいい山行の登山日和でした。こんな日に山行に参加できて本当に良かったです。ここ数日、寒さが続いたためだと思いますが、、カタクリもイワカガミもあまり見あたらず少し残念でしたが、下山の時にはイワウチワの桃色の可愛い花が見られて良かったです。また山行に参加したいと思います。ありがとうございます
らくなん 若林 楽しい1日でした。天気も良く大谷山には登りたいと思っていましたので、嬉しい思いでした。そして春に咲く色々なお花を見ることが出来、参加できて嬉しかったです。皆さんお世話になりました。
らくなん 谷 天気が良くってホントに楽しい山行でしたね。予定から段取りなど、お疲れ様でした。おかげでとても楽しい山行になりました。5月は残念ながら参加できませんが、また参加させてくださいね。実は今、足が大変なことになっています。鍛えないといけませんね。
洛中 上見了 久々の山行きで歩けるか心配していたけど、天候も良く景色も良くて、のんびり歩けて良かったです。
洛中 上見千 久々の山歩き、みんなの笑顔で楽しかった。次の山行が待ち遠しいです。
伏見 西川 ブナの芽吹き新緑を一番期待していたのですが、今年は遅れているらしく残念でした。でも、山桜やイワウチワなどを愛でる事が出来て良かったと思います。一部林道がありましたが、天気も良く歩きやすい道で心地よい山行でした。また季節を変えて来てみたいと思います。
らくなん 永井 とてもいいお天気の山日和で気持ちもいい山行でした。お花たちは、まだチョット早かったようですが、イワウチワにはたくさん出会えたし他にもちらちらと出会えたので満足です。


山行報告に戻る

TOPに戻る