京 阪 電 気 鉄 道      KEIHAN  ELECTRIC  RAILWAY 
 本  線 (京阪線、鴨東線、宇治線、交野線)

100形:1形改造と新製があった、ダイレクト制御車。

200形:PR間接制御の200形、木造もあるがこれは半鋼製車。

3001+3101+3002

1000(300)形:連結運転はこの車から、電動カム式総括制御器採用。

3000形:バラスト輸送用の貨車、後101,151,111となる。

1550(600)形:昭和初期生まれの全鋼製「ロマンスカー」。

1580(700)形:1550に続いて登場のロマンスカー、当初1580形。

16号:旧1550と同系の貴賓車、後パンタ化、格下げトレーラ化。

800形:元琵琶湖汽船100、車体更新後350となり、古巣へ帰還。

1100形+1500形+1100形

1000,1100系:昭和10年代、時流の流線型で活躍。

1300形1600形

250形:貨車を客車化した小型車、戦後T化。

1300系:戦後登場の規格電車。車幅拡大の功績を残す。

500形1500形

1700形1750形

500形:旧車の台枠を再使用して車体更新した正面二枚窓。

1700系:斬新な塗色でデビュー、釣り掛け特急車。

1800形1880形

1800系:初の高性能特急車、テレビカーもこの電車から。

1650形:初の両開きドァ、新塗色採用。

1900形+1950形+1900形+1900形+

1900系(旧):旧1810系の内、空気ばね台車装備車を格上げした車系。

1300形+3202号車+3201号車+1300形

3200形:出力1500kWの移動変電所、1300に牽かれて移動中。

600形650形

2000系:59年登場、回生制動常用の「スーパーカー」。

600系:旧1550形を車体更新したもの。

1900形1950形

2200形2350形

1900系(新):淀屋橋延長に際し増備された特急車。

2200系:65年急行用経済車としてデビュー。

2400系:70年登場、関西初の通勤冷房車、ベースは2200系。

5000系:70年、ラッシュ克服の切り札として投入された5扉車。

3000系:20年余に亘り京阪のクィーンとして君臨した特急車。

1000形1100形1500形1550形

1000系:2代目1000系を車体更新した2代目700系を高性能冷房化した昇圧対応車、3代目1000系。

151号車+101号車

100形:1300,1700,1800の面影を残す貨車も2001年12月廃車。

3010号:1.5tクレーンを装備した貨車。

6000形+6100形6150形+6050形

6000系:旧性能車の昇圧対応で新造されたアルミカー、ローレル賞受賞車。
 大津線 (京津線、石坂線)

50形      70形

50,70形:50は回生、70は発電、共に大半を焼失、悲運の電車。

60形:日本初の連接車京阪線、大津線直通のびわこ号。

    

30形:火災復旧に際し、2連、高床化され京津急行用となる。

10形:四宮車庫火災に際し、阪急からやってきた助っ人。

3022号:京阪ー大津、直通貨車。のち122。

260形:本線200形を移管更新した京津線急行用。

80形:京津線の高性能車、ただし吊り掛け。  パンタ化、冷房化。

350形:京阪線800形の機器を流用、電制なしで石坂線専用。

500形:大津線初の高性能車、後700形に再改造。 

600形:大津線初の冷房車、厳しい路線に即した性能を有す。
ページ先頭へ