食虫植物 FAQ 日本語版

質問 モウセンゴケ類 ( Drosera ) はどこに自生していますか?

Drosera
モウセンゴケ類
Drosera
モウセンゴケ類
回答  モウセンゴケ類 (Drosera) は、世界中に広く分布しています。
 米国では諸説ありますが、約 7種が自生しています。最も控えめに言って、米国では、ナガバノモウセンゴケ (D. anglica)、ドロセラ ブレビフォリア (D. brevifolia)、ドロセラ カピラリス (D. capillaris)、イトバモウセンゴケ (D. filiformis)、ナガエモウセンゴケ (D. intermedia)、ドロセラ リネアリス (D. linearis)、そして モウセンゴケ (D. rotundifolia) が分布しています。
 "D. annua" と "D. leucantha" という種名は、両方とも D. brevifolia を指しています。

 上記に加えて、私の考えでは イトバモウセンゴケ (D. filiformis) は、イトバモウセンゴケ (D. filiformis) と ドロセラ トレイシー (D. tracyi) の 2種に分割すべきだと思います。実際に右の地図はその考えを反映したものになっています。
 これらの種の中間型と思われる個体群が見つかっています。それをどのように分類するのかはまだ決めていませんが、現時点では右の地図のフロリダ州北部の赤い点として示しておきました。
 さらに、熱帯産と温帯産の両方がある ナガエモウセンゴケ (D. intermedia) にも奇妙なことが起っていると思います。

 最後に、これらの ドロセラ の自然交配種や、倍数体も存在します。

 いずれにせよ、分布範囲を示す右の 2つの地図をご覧ください (クリックすると大きく表示されます)。
 何種類が自生するかによって色分けされていますが、分布範囲は重なり合っています。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2001年03月 Original copyright (C) 2001, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com