食虫植物 FAQ 日本語版

ネペンテス (Nepenthes) に関する情報

Nepenthes x mixta
ネ、× ミキスタ
 デイビッド パーク氏(dkpurks@telenet.com)は、ネペンテス(Nepenthes)の愛好家が大喜びするような大きなファイルを私に送ってくれました。出典もきちんと明らかにされていましたが、それらのコメントはわずかに修正されていました。私はさらに、すでにFAQでカバーされている部分を削除し、HTMLのフォーマットにしました。これらの栽培に関するヒントは、筆者の経験から得られたもので、私自身のものではありません。しかし、書かれている事柄はとても有益です。楽しんでください。。。

クリス クリール (Ctcreel@top.cis.syr.edu)より
1995年4月

序文

 この文章は決して完璧なものではありません。これからネペンテスの栽培をはじめようとする方の手助けとなるように、この1〜2年の間に行ったことを書いたものです。私はこれらの植物をうまく栽培するために、大量の植物を枯らし、多額の費用をつぎ込んできました。ネペンテスを栽培する上で、最も重要なことは、無視することであると最後に悟りました。無視することによって、あなたの貴重なネペンテスを救ってあげられるでしょう。

入門

 このマニュアルは、ネペンテスの栽培に興味を持っているけれど、どうしたらいいのか分からない人に向けて書いたものです。ネペンテスは私が最も気に入っている植物です。ネペンテスは非常にきれいで、とても興味深いものです。しかし不運なことに、私には温室を建てる資金も場所もありませんでした。幸いなことに、あなたが温室の中でしかネペンテスを栽培できないという考えは、根拠のないものです。

 この下の文章で、私が何年も試行錯誤してきたり、他のネペンテス愛好家から得た、何回もテストしたテクニックをあなたと共有できます。ここで提供される情報は、全てのしかし大部分の外来のネペンテスに有効です。しかし心配しないでください。もしあなたが、これらのネペンテスを持っているとしたら、あなたは多額の投資ができるプロで、このマニュアルも必要ないでしょう。

 ネペンテスをうまく栽培するためには、6つの基本的な要素をコントロールする必要があります。それらは:

1) 温度
2) 湿度
3) 日照
4) 潅水
5) 用土
6) 餌

 あなたが上に挙げた条件を完璧に達成することができれば、ネペンテスはきわめてうまく栽培できるでしょう。不運なことに、これらの条件が揃わないとあなたは困惑するかもしれません。しかし幸いなことに、ネペンテスはうまく適応してくれることでしょう。

 これは、あなたが3つの条件を満たして、2つがあまり満たされてなくても、ネペンテスは成長するということです。それで、もしあなたが日照条件を満たしていなくても、湿度を上げたり、用土を改良したりすればよいのです。

 しかしひとつだけ、きわめて重要な要素があります。あなたは決してそのルールを無視することはできません。上に挙げたことの他に、あなたは植物を無視しなければならないのです!ネペンテスをいじらないで、何ヶ月も放りっぱなしにしておくことです。潅水と、時折餌をやる以外は、何もしないことです。下に書いてあることを学べば、ネペンテスは急激な環境の変化にも耐えてくれます。それがどのようなものであれ、前に置かれていた環境から、少なくとも6ヶ月が必要でしょう。この調整の時期の後、ネペンテスはずっとよい状態になるのです。

 この文章の教訓は、ネペンテスに、それらがコレクションに加わった前よりもよい条件を作り出すことです。そのあとは何事があろうとも、ネペンテスをいじらないことです。

温度

 私の見た限り、ネペンテスは広い範囲の温度に耐えることができます。高地性ネペンテスは、自生地では5℃位までの温度に耐え、低地性ネペンテスは15℃まで耐えます。

 しかしながら、概して、ランに関するものと大雑把に同じ指針を用いるべきでしょう:“あなたが快適なら、植物も快適”と言うことです。これは、ネペンテスを24℃から29℃までの間に保ちなさいという意味です。しかしこれは、38℃になったらパニックを起こしなさいということではありません。パニックを起こさなければならないのは、温度が43℃を超えたときと、7℃を下回った時だけです。

 他の多くの植物と違って、ネペンテスは根によって生きているのではないということを発見しました。そのため、葉が凍ったり日焼けしたりすると、その植物は枯れたようになります。これについては、下の“切り戻しのセクション”でも言及します。

 もうひとつ覚えておかなければならない点は、ネペンテスは新しい環境に適応するのには時間がかかるということです。一定の温度に保つことは、湿度を一定に保つ(下で言及します)ことほど重要ではありません。しかし急激な温度変化は、植物にショックを与えます。たとえばあなたが寒冷地に住んでいて、ネペンテスを他のテラリウムに移すために、元のテラリウムから出して車に乗せるときには、車をあらかじめ暖めておいて、ネペンテスを寒気に触れさせることがないようにしなければなりません。ショックについては、下の特別なセクションで議論します。

湿度

 湿度は、ネペンテスの愛好家の中では、熱い議論の対象となっています。私はいつも、ネペンテスの生育のためには、70%以上の高湿度が必要だという印象をもっていました。しかしこれは、いくつかのネペンテス(下で議論します)には当てはまらないようです。明らかに、多くのネペンテスは非常な高湿度を要求しますが、ベニウチワ(アンスリウム、Anthurium)のような園芸植物並みの湿度でよいものもあります。大雑把に言うと:安く売られている植物や誰かから低湿度でも育つよと言われた植物はそれでも大丈夫です。

 しかし、心に留めておかなければならないのは、高湿度の環境で育ったネペンテスを低湿度の環境に移すと、すぐに枯れてしまうということです。温度と同じように、急激な湿度の変化は問題を引き起こします。特に、直射日光にあたる場所に置かれている植物では、問題は悪化します。温室で栽培された植物を買ってきて、室内で栽培しようとするときには、次に挙げるテクニックを使ってください:

1)根がむき出しの状態の場合は、下で述べる用土に注意深く植えて、可能な限り根を傷めないようにしてください。
2)必ずプラスチックの鉢(下で議論します)に植えてください。
3)ストレス(下で記述します)を少なくするために、スーパースライブ で処理してください。
4)直射日光の絶対当たらない窓際においてください。
5)暖房をつけている場合は、熱風の吹き出し孔から離しておいてください。
6)最初の3週間は、一日一回水をスプレーしてください。3週間を過ぎたら止めください。
7)4週間たったら、直射日光の当たる窓際に移動させてください。
8)決して用土が乾燥しないよう注意してください。AMI の水分計を購入されることを強くお勧めします。この水分計はどこの園芸店でも売っていて、水分管理が楽になります。もしあなたがそれを持っているなら、針が6を指したところで潅水してください。

 湿度を要求するネペンテスは、50%以上の湿度に保てば十分です。栽培家が不満に思うことのひとつは、低湿度の環境では捕虫袋が着かないということです。この問題は他の手段(下の餌のところで言及します)で克服できると思います。しかし、あなたのネペンテスが単に捕虫袋を着けないだけならば、そろそろ温室かテラリウムに移す時が来たのかもしれません。

日照

 ネペンテスにとって日照は他に決して譲ることのできないものです。充分な日照がないと、葉がひょろひょろして、たとえ捕虫袋があったとしても、特有の色が出ません。

 ロングウッド ガーデン のネペンテスは、非常に印象的な色をしています。私は ロングウッド の育苗室を事あるごとに訪れて、日照レベルがどのようなものか突き止めました。育苗室は5.5メートル四方で、(外来のあるいは一般的な)ネペンテスが隙間なく詰め込まれていました。ひっきりなしにミストがされていて、約4,000ルーメンの明るさで、一日12時間照明されていました。

 しかしながら私自身の経験から言うと、この ロングウッド の栽培条件はいささか極端なように思えます。私は大部分のネペンテスをフォトトロン(下で議論します)と呼ばれる大きなタンクの中で栽培していますが、その中は植物でいっぱいで、全ての面から1,800ルーメンの光で、一日18時間照明しています。私が窓際で栽培している植物も、(太陽が出ていないときは)このタンクの中とほぼ同程度の光を受けています。しかし、タンクの中の植物の方がより健全です。これは光の強度ではなくて、光を当てる時間の長さによるものと思われます。

 ネペンテスは、一日に12〜14時間の強い光を受ける必要があります。もし充分な日照が得られないときは、人工的な照明を与える必要があるかもしれません。例えば、8時ごろに日が出て5時ごろに暗くなるとき(冬場など)は、育成灯(分光分布が可視光の全体にわたっているものではないものをどうぞ)を6時につけて8時に消し、また5時につけて6時か7時に消すようにセットします。

 人工光の下でネペンテスを栽培したいなら、シンプルな育成灯をお勧めします。ネペンテスは、紫色の光(例えばグロールクスのような)を好むようです。私が子供のころ、きれいな ネペンテス ラフレシアナ を、小さな水槽の中で、30cmのグロールクスの蛍光灯を1日に18時間つけて育てていました。とてもきれいな色をしていて、袋もたくさん着けてくれました。

潅水

 潅水は2番目に重要なものです。ネペンテスは極めてきれいな水を大量に必要とします。都市の水道水などは受け付けません。水中のフッ素は全ての植物に悪影響を及ぼしますが、とりわけネペンテスはそれを嫌います。化学物質について付け加えると、水中のミネラルはあっという間に用土の中に蓄積し、植物を枯らしてしまいます。使用する水は、好ましい順に、検査された瓶詰めの水、蒸留水、雨水、ろ過器でこした水、となります。しかしいずれの水を使う場合でも、用土を注意深く観察してください。そして、ミネラルが蓄積しているのに気づいたら、他の水を探すべきでしょう。

 上で、AMIの水分計を使用することを述べましたが、3日か5日おきに水分をチェックしてください。そして針が6を指したら、鉢底から水が流れ出るまで十分水をやってください。私は、完全に用土が乾いてしまっても大丈夫な植物をひとつだけ発見しましたが、それは ネペンテス フスカ (N. fusca)です。この植物は自生地では岩場に生えていて、完全に乾いてしまうことがしばしばあります。しかし、安全のために、全てのネペンテスの用土を常に湿った状態に保ってください。しかしこれは、用土を常にびしょぬれにしておきなさいということではありません。タマシダ を育てるのと同じようにすればいいのです。

 もうひとつの潅水に関するチップは、ランの栽培家から学んだものです。もし可能ならば、ネペンテスに温かい水(27℃〜32℃程度)をあげてください。ネペンテスもそれを好むようですし、ショックを与える可能性を取り除くことができます(ネペンテスは急激な変化を嫌うということを思い出してください)。

空気の流通

 これはネペンテスに関しては、まだはっきりとしていない問題です。大部分のネペンテスは、動きのない空気の中でも盛んに成長しています。ロングウッド ガーデン の育苗室の中の空気は、よどんでいて湿度が高く、息をするのも困難なほどです。多くのテラリウムでは排気口も全くありませんが、植物はそれを好んでいるようです。しかし、このような環境は、カビも好むのです。

 カビは数日のうちに、コレクション全体に広がってしまいます。カビはあなたの知らないうちに、用土の中で急激に成長します。そしてある時、あなたは用土の上のけば状のものに気づくのです。速やかに断固とした対応をとらないと、カビとの戦いに破れ植物を失ってしまうことになります。まず第一に、生育環境内で空気が流通できるようにします。次に、全ての植物の用土を殺菌剤で消毒します。最後に、しばらくの間注意深く観察してください。

用土

 これもネペンテスの栽培家の間で議論が盛り上がるところです。ネペンテスはさまざまな用土でよく成長するようです。これらの用土の間の二つの共通した特長は:養分が全くないか少ないこと、酸性から中性であること、です。もうひとつの重要な要素は、植え替えの頻度です。簡単に想像できるでしょうが、ネペンテスは用土の急激な変化や植え替えを嫌います。植え替えするときは、可能な限り根を傷めないようにしてください。以下に、私が聞いたことがあり、特徴を知っている用土を挙げます。

ロングウッド 混合土(旧):ピートモス 1/2、粗目のパーライト1/2
 この混合土の良いところは、シンプルで、排水性が良いことです。排水性が良いにもかかわらず、この用土は保水性が良く、水やりの間隔を長くしてくれます。ピートモスよりもネペンテスの成長が良いとの報告も広く知られています。この用土の一つ目に悪いことろは、ネペンテスが自生地で生えている土とは性質が異なるということです。二つ目に悪いところは、ピートモスは1年か2年で腐ってしまい、頻繁な植え替えが必要だということです。

ロングウッド 混合土(新):オスマンダ繊維 1/2、長繊維水苔 1/2
 この用土もまた排水性が良いことが売り物です。しかし、この混合土はオスマンダ繊維を含んでいるために、旧混合土よりも保水性が高くなっています。この混合土にはもっと良いところもあります。単一の有機物であるにもかかわらず、二つを持っています(オスマンダ)。この混合土の悪いところは、私はまだ信じられないのですが、配合を簡単に変えられないということです。あと一つか二つの用土を加えることができれば、この混合土はもっとよくなると思うのですが。例えば、松の樹皮や木炭、硅砂を加えることです。この混合土もまた、旧混合土と同じように腐りやすいという問題があります。実は、オスマンダは長繊維の水苔よりも早く腐敗するのです。

硅砂の混合土
 純粋主義者の方はこれを試すと良いでしょう。硅砂単用でネペンテスを植えると良いことがいくつかあります。最初に、硅砂は排水性が良好だということです。二つ目に、硅砂は弱酸性だということです。最後に、決して腐敗しないことです。しかしながら、私は、硅砂に植えたネペンテスが雑草のように成長したという話を聞いたことがありません。実際には、その反対のことを聞いたことがあります。

ココナッツ繊維
 これは最近になって導入されたものです。私は、ココナッツ繊維をネペンテスを植えるのに使っている人の話を最近になって聞きました。今までのところ、ココナッツ繊維は非常に良いものだということですが、私自身はまだ試したことがありません。これは、上で述べた新しい方の ロングウッド の混合土の、オスマンダ繊維の代わりに使うといいかも知れません。オスマンダ繊維ほど早く腐敗しないからです。

クリスのお気に入り:
長繊維水苔 2部
ピートモス 1部
木炭 1部
ラン用の樹皮(中級品) 1部
オスマンダまたはココナッツ樹皮 1部
硅砂 1部

 この混合土のよいところは、さまざまな種類のネペンテスにとって優れた用土であることです。この用土は養分が少なく、微量の元素を含んでいるところが優れています。木炭とココナッツ樹皮を除いては、全て弱酸性から強酸性です。私の植物もこの用土が気に入っていて、長年の間盛んに成長しています。悪いところは、もちろん、たくさんの構成要素を集めなければならないことです。この用土の2番目に悪いところは、ピートが他の要素よりも腐敗しやすく、植え替えを必要とすることです。もちろん、ピートを除くことによって、それほど成長速度を遅らせることなく、1年あるいは2年以上用土を長持ちさせることもできます。

 本題からそれますが、植え替えるときには必ずプラスチック製の鉢を使ってください。その理由は3つあります。まず最も重要なのは、素焼きの鉢だと用土内の水分を吸収するので、頻繁に潅水しなければならないからです。2つ目は、素焼き鉢ではミネラルが蓄積しやすいからです。プラスチックの鉢なら洗い流すだけで済みます。最後に、素焼き鉢はバクテリアなどの生物の住処となるからです。それで、いくら見栄えが良くても素焼き鉢はやめにして、ネペンテスのためにはプラスチックの鉢を用いることです。

切り戻し

 切り戻しは、心痛なものではなく、必要不可欠な仕事です。切り戻しの良い面は、それによって新しい植物が生まれる挿し木ができるということです。

 ネペンテスを切り戻す上で覚えておかなければならないことは、それがつる植物であるということです。ネペンテスに当てはまることと同じ事が、大雑把に言って、同じつる植物であるフジにも当てはまります。あなたが最初に決定しなければならないことは、どのような姿にネペンテスを仕立てたいかと言うことです。

 あなたがネペンテスを樹木のように上に伸ばして育てたいなら、そのネペンテスにはつかまるものが必要だということを覚えておいてください。しかし、全てのネペンテスがそうなるわけではありません。例えば、ネペンテス ミラビリス (N. mirabilis)は、他物につかまってよじ登りますが、その傾向は他の種ほど顕著ではありません。ネペンテス ベントリコサ (N. ventricosa)は、他物につかまるとき、ものすごい強さでつかまります。いったん上に伸びるネペンテスを手に入れたら、単純に上に伸ばしてください。それは適当な場所をみつけてしがみつき、つる(ネペンテスの葉と捕虫袋をつなぐ細長い軸の部分)で二重に巻いて取り付きます。

 よじ登る気配のない植物があり、それでもそれをつる植物として育てたいなら、支柱を立ててあげてください。しかし、しかるべき支柱を使ってください。決して四角い木材を用土に突き刺すような真似だけはしないでください。根が死んでしまうかもしれないからです。

 もうひとつのオプションは、つり鉢で植物を育て、懸崖作りにすることです。このようにするとネペンテスは非常に機嫌が良くなります。多くの温室でもこのようにしてネペンテスを育てています。この方法も比較的簡単です。しなければいけないことといえば、植物の大きさによっても違いますが、用土から10cm〜15cmのところできり戻すことだけです。切り戻すことによって、無数の枝が伸び、枝が下に垂れ下がります。これらの枝は鉢の横から下に垂れ下がります。この例として、ロングウッド ガーデンを訪れてください。それが無理なら、食虫植物ニュースレターの第21巻第4号を見てください。

 これはきわめて重要なセクションです。ネペンテスが食虫習性を持つことは何の疑いもありません。ネペンテスの根は非常にデリケートで、第一に水を運ぶ役をしています。養分を運ぶことはありません。もし化学肥料を与えると、根はすぐに肥料焼けを起こし、植物は枯れてしまうでしょう。このことは全く疑うべきもないことです。

 ネペンテスに養分を与えるには3つの方法があります。好ましいほうから順に下に述べます。

1)昆虫
 これはあなたの植物に養分を与えるのに最も良い方法です。捕虫袋の中の消化液は、昆虫が入る前は中性か酸性です。しかし、昆虫が入ると、酸性度が強くなります。実は、この効果は、昆虫が入らなくても単に捕虫袋を振っただけで起こります(これは後に重要になります)。このように、ネペンテスは昆虫や有機物が入ることによって、測定可能な反応を示すのです。

 多くの初心者が、ネペンテスには普通のイエバエを与えればいいと思うようです。これは真実とはそれほどかけ離れてはいません。しかし、一般のイエバエは非常に汚れていて、バクテリアやカビの胞子などを運んできます。もしあなたがハエを植物に与えたなら、数日のうちに、捕虫袋の中にカビや幼虫がいるのを発見しても驚かないでください。

 もしあなたが本当にネペンテスに餌を与える必要があると感じたなら、甘いものを好む昆虫を選んでください。例えば、ミツバチは良い選択ですし、ホホナガスズメバチ や オオアリ などもいいです。少々反語的に言えば、クモを使うのもいいでしょう。もちろん上に挙げたハチなどは刺しますが、冷蔵することによって(下で議論します)安全に扱えるようになります。

 次に良いのは、ペットショップで売られている虫です。最も扱いやすいのは コメノゴミムシダマシ です。通常 50匹ほどが入った容器で売られていて、冷蔵庫で保存します。冷蔵することによって、しばらくの間死なないようになります。また冷蔵することによって、動作が緩慢となり、扱いやすくなります。

 これは私の想像かもしれませんが、経験から言って、ネペンテスは コメノゴミムシダマシ よりもペットショップで売られているコオロギのほうを好むようです。コオロギのほうが早く分解され、コメノゴミムシダマシ を与えたときよりもすぐに急成長するようです。こおろぎの欠点は、コメノゴミムシダマシ よりも動作が俊敏だということです。この問題は、コオロギをしばらくの間冷蔵庫に入れておいて、動作を緩慢にさせることによって解決できます。しかし餌やりは急いでしなければなりません。なぜならば、コオロギが目を覚ましてネペンテスの餌にされようとしていることに気付くからです。

 たいていの昆虫は、低温(0℃以下)に反応して、動作が緩慢となり“眠りにつきます”。しかし注意しなければならないのは、眠っただけで死んだわけではないということです。虫をノックアウトする最良の方法は、虫をビニール袋か開口部のあるふたのついたガラス瓶に入れ、冷凍庫に入れることです。60秒ごとに虫を観察して、眠ったかどうか調べます。人をさす昆虫を扱うのならば、長いピンセットを使います。

 知人からの情報です:マルナガバチは自ら熱を発生させ、眠りにつくのに時間がかかります。このような虫は使わないほうがいいでしょう。

 ネペンテスに餌を与えるために昆虫を冷却するという話を聞いて、非人道的だと思われるかもしれません。昆虫は単に“眠りに入った”だけで、暖めてやれば何の病的な変化もありません。さらに、ネペンテスの消化液には、獲物が速やかに苦痛なく死ねるように、いくつかの薬物が含まれています。第一に、獲物の動作を緩慢にさせ、眠りにつかせる作用を持つ麻酔作用を持つ薬物があります。第二に、獲物を早く溺れさせるための湿潤剤があります。私は、ペットショップで売られているコオロギが1〜2分以上かかって死ぬのを見たことが滅多にありません。もちろん、捕虫袋に入れやすいように仮眠状態にしていますが。覚えておいてほしいのは、ネペンテスは獲物によって傷つけられる機会を最小限にして、獲物を得る機会を最大限にするよう欲しているのです。

 餌やりは、植物を外で育てて植物自身で餌を捕ることができるかどうかの議論となります。ネペンテスは極めてこの能力に長けています。フロリダの私の友人から聞いた話ですが、捕虫袋にゴキブリが入らないようにするために、大きな捕虫袋の口を塞がなくてはならないことがあるそうです。1ヶ月おきぐらいに捕虫袋の中をチェックして、充分な量の餌を取っているか確かめてください。餌を捕っていないならば、ペットショップで売られている虫を与えるようお勧めします。

 最後に残った質問は、“どれくらいの量の餌を与えるのか?”と言うことです。実は、このことが記されている文献はありません。私は、喫水線の1/3になるまで餌を与えるようにしています。これをチェックするには、餌を与えた後、捕虫袋の後ろ側から懐中電灯で照らしてみることです。これによって、捕虫袋にどれくらいの消化液が入っているか、どれくらいの獲物を捕っているかが分かります。

 時折、捕虫袋に餌をやり過ぎるか、不潔な虫が捕虫袋に入ったりすると、カビが消化液の水面を覆うことがあります。これは捕虫袋にとってはとても悪いことです。すぐに処置しないと捕虫袋は枯れてしまいます(ただし、植物自体がダメージを受けることはありません)。このような状況をうまく処理する唯一の方法は、毎日捕虫袋を振ることです。これによって、捕虫袋内の pH が最大限小さくなります。うまくいけば、pH が小さくなることによってカビが死にます。決して殺菌剤を捕虫袋の中にスプレーしないでください。

2)昆虫以外のものを捕虫袋に与える
 一般論として、これはやめてください。捕虫袋がすぐに枯れてしまいます(ただし、植物自体には影響はないです)。ペットフードや肉、乾燥卵白などは避けてください。

3)肥料を与える
 これは、中級あるいは上級の栽培家で、植物を枯らしてもかまわない人が試す方法です。あなたがネペンテスの栽培がはじめての人なら、このセクションをとばして、何も見なかったことにしてください。

 ネペンテスの種類によって、肥料に対する反応は異なります。多くの外来の高地性種と着生種では、肥料によって具合が悪くなります。少数の外来種と低地性のネペンテスでは、たまに根に肥料を与えると調子が良くなります。しかし、心に留めておかなければならないことは、研究の結果、ネペンテスに肥料を与え過ぎると、(捕虫袋が少ししか着かなくなるなど)食虫習性が少なくなる傾向があるということです。それでも肥料を与えたいというなら、下の一般的なルールに従ってください。

1)1ヶ月に2回以上肥料を与えないこと。
2)肥料を与えるときには、規定量の1/8の濃度で使用してください。これでは少ないと思われるかもしれませんが、用土の栄養分が非常に少ないことを考えれば、これでも充分な量です。
3)“肥料焼け”を起こさない肥料を探して使ってください。最もいいのは、MirAcid です。

調子の悪いネペンテスの兆候は:

1)成長が遅くなる(葉の奇形や捕虫袋の曲がり)
2)葉のふちが焼ける。

 もしあなたの植物が、奇形や葉のふちの肥料焼けなど、肥料が多過ぎるというサインを示したら、とるべき最良の方法は、蒸留水で肥料分を洗い流し、スーパースライブ(下で議論します)を規定量与えることです。

 ネペンテスの根に肥料を与える、より安全な方法があります。それは、化学肥料を使わずに、有機肥料を使うことです。有機肥料は時間をかけてゆっくり分解されるため、植物が新しい栄養分のレベルに適応しやすくなります。“肥料のやりすぎ”ということも少なくなります。最後に、植物になじみの深いものとして。

4)以下に挙げるのは良い有機肥料のリストです:
1)規定量の魚のエマルジョン − これは偉大な万能肥料です。不運なことに二つの欠点があります。ひとつは、昇天するほど臭いこと。二つ目は、カビが繁殖する場を提供することです。しかし、あなたがこの悪臭に耐え、空気の流通の良い環境で栽培できるなら、お勧めの一品です。

2)規定量の海草のエマルジョン − これもすばらしい肥料です。魚のエマルジョンほど臭いも強くありません。そして、明らかに天然由来のいくつかのホルモンを含んでいて、根の成長に寄与します。さらに、魚のエマルジョンほどカビが繁殖しません。唯一の欠点はと言うと、魚のエマルジョンほど植物の成長が良くないことです。

3)規定量の1/4の乾燥血液 − これは議論の余地のある肥料です。比較的高レベルの窒素を含んでいて、ネペンテスが好みます。いくつかの微量元素が含まれていて、成長に寄与します。最後に、あなたのネペンテスが動物の手の届く範囲にあって、いたずらされそうなときでも、その動物を遠ざけてくれます(これは庭で使っても有益です)。不運なことに、乾燥血液はあなたも遠ざけ、悪臭を発します。これを決して家の中では使わないでください。あなたの家族やお客さんが、あなたが誰かあるいは何かを殺して、地下室に隠していると思われるからです。

4)規定量の骨粉 − 骨粉は多くの人が必要ではないと考えているミネラル:カルシウムを含んでいます。植物は概してカルシウムを好みます。基本的にネペンテスの用土にはカルシウムは含まれていないので、昆虫を捕まえるという行動に走るわけです。骨粉を与えての悪影響はないようです。

5)卵の殻 − これはかつて老婦人が私に教えてくれた方法です。彼女の美しい植物の秘訣は、1週間おきに卵殻液を与えることでした。卵殻液を作るのはとても簡単です。まず、6個分の卵の殻を用意します。それらを150℃のオーブンで約15分加熱します。それをとりだして、3.8リットルのふたのできるビンに詰めます。ビンに温水を満たして、1週間ほど日光に当てておきます。その後、ビンを良く振り、植物にたっぷり与えます。

 あなたも推測するように、殻からのカルシウムが水に漬けている間に溶け出し、成長の源となります。私はこの方法を、月に1回の通常の餌やりや肥料を与える期間を除いて、試してみました。成長に良い効果があったので、それ以来続けています。

5)スーパースライブ
 最後に、肥料には分類されませんが、ネペンテスの栽培家には必須なもの:スーパースライブについてお話します。スーパースライブは怪しげな薬のようにも見えますが、50年近くもの間、ランや盆栽、ネペンテスの栽培家の間で、ほとんど宗教的熱情を持って使われてきました。基本的に、スーパースライブはB1といくつかの成長ホルモンからできています。しかし、ネペンテスはそれを非常に好むのです!袋を着けなかったネペンテスが狂ったように袋をつけるようになります。成長が遅かったのが急激に早くなります。色が良くなります。私自身はスーパースライブを持っていませんが、持とうと思います。スーパースライブは評判に違わぬすばらしいものです。

 スーパースライブの効果について最も説得力があるのは、ネペンテスの栽培家がインターネット上で報告していたことですが、ネペンテス ラジャ(N. rajah) の栽培に関してです。この栽培家は、ラジャ を何年も栽培していましたが、袋を少しも着けてくれなかったそうです。これは、一般にきわめて栽培の難しい ラジャ では特別なことではありません。しかし、スーパースライブを使ってからは、袋を着け始めたそうです。

 フロリダの多くのランの農場ではスーパースライブを取り扱っています。あなたがフロリダに住んでいなくて、近所の農場でも取り扱っていない場合は、その供給源を“資源のセクション”に挙げておきます。

 スーパースライブは必ず規定どうりの量で使ってください。規定量以上では植物を枯らしてしまいます。

ストレス

 ネペンテスはストレスによって簡単に枯れてしまいます。本当に不運なことに、植物がいったん調子を崩すと、回復の見込みはほとんどありません。それゆえ、ストレスを予防することが第一です。

 ネペンテスにストレスがかかると、萎れてくることが多いです。あなたの植物がトラブルにあっている恐れがあるなら、成長点を注意深く観察することです。植物のこの部分は、ストレスのモニターとして利用できます。もし成長点が萎れかかったら、速やかに決断して、対策を取らねばなりません。さもなくば、数日の間にゆっくりと苦痛に満ちた枯れ方をします。葉が萎れかけたときにはもう遅いのです。

 下に、ネペンテスをストレスや調子の悪い状態に陥れることのないように、さまざまなことをリストアップします。この、ネペンテスにとっては恐怖のリストの後で、いくつかの対策方法をお教えします。

1)いかなる環境の急激な変化もネペンテスを困窮させます。例えば、温度の8℃以上の急激な変化などです。それゆえ、隙間風などからは遠ざけてください。

 湿度の急激な低下によって植物は調子を崩します。急激な湿度変化は、温度変化よりも悪影響を及ぼします。それゆえ、温室で栽培している植物を扱うときは、温室内で行ってください。決して家の中へは持ちこまないでください。家の中はとても乾燥しているからです。

2)植え替えは長い間あなたの植物にダメージを与えます。ネペンテスの根はきわめてデリケートです。植え替えのときは、最大限根を傷めないようにしてください。古い用土を根から取り除きたいと思うなら、容器に暖かい蒸留水を入れ、その中に30分程度浸してください。それでも満足がいかない場合は、水道の水で洗い流してください。それ以上のことをすると、ネペンテスにショックを与えてしまいます。

3)最近インターネット上で、育苗室の隙間をふさぎ直したら植物が萎れて葉のふちが茶色くなったと言っている栽培家がいました。それを聞いて私は、彼が植物を育苗室から移動させて、それから隙間をふさぎ直したのが原因だと思いました。それは温度と湿度の変化を起こすからです。コーキング剤から出るガスが原因だと言っている人もいました。

 それは結局、コーキング剤から出たガスが原因だとわかりました(温度と湿度の変化は役に立たなかったようです)。コーキング剤を使った後は、充分に固まってから植物を戻すことが推奨されます。

4)肥料のやりすぎも初心者にはありがちなミスです。信じがたいことですが、ネペンテスは Miracle Grow を与えることを好みません。しかし、厳然たる事実として、食虫植物は何百万年もの間、栄養分の乏しい土壌に適応してきたのです。化学肥料の使用は、根の肥料焼けの原因となり、すぐに植物を枯らしてしまいます。

 覚えておいてください。ネペンテスは初心者向けの植物ではありません。もうひとつ覚えておいてほしいのは、ネペンテスが食虫習性を持っているのには理由があるということです。母なる自然と闘わないでください。

 よろしい、あなたは上に挙げたようなへまをやらかしたのですね。あなたの新しい、そして高価な植物が瀕死の重傷を負っていて、手の施しようがないのですね。それでは、いくつかの緊急手段をお教えします。必要に応じて、一度にひとつだけ行ってください。

1)あなたの植物をスーパースライブの溶液と、27℃の蒸留水で洗い流してください。光量を半分にしてください。ただし、日照時間は減らさないでください。植物を光源の下から移動できないなら、植物と光源の間に適当な遮光ネットを張ってください。

2)一日たっても回復の兆候が見られないときには、植物に注意深く透明なプラスチックの袋をかぶせ、底のところで優しく密閉してください。

3)最後に、これが最後の手段ですが、数日経っても植物に回復の兆しが見られないときは、1/3まで切り戻して、残った葉も半分に刈ってください。そして最善を期待して、挿し木の要領で管理してください。

送信者: Tom Hayes (klmott@planetx.bloomu.edu)
送信日付: 1995年1月25日(水)20:00:39 -0800

増殖

 挿し穂を取るときは、葉3枚ごとに、葉のすぐ下で切るようにします。一番下の葉を剥ぎ取り、残りの2枚の葉も蒸散を減らすため、先端をカットします。この挿し穂を次の溶液に1分間漬けます:

水1リットル
スーパースライブ 10滴
Wood の発根ホルモン 5滴
ビタミンB1 10滴(B1がスーパースライブに含まれていることは知っていますが、さらに加えます)

 私は、写真店で透明なフィルムの容器を手に入れます(彼らはそれを捨ててしまうのです − 利用することもできるでしょうに)。そしていくつかの小さな排水孔を開けます。用土は良質のバーミキュライト、あるいは生水苔、乾燥水苔のいづれでも、良い成功率を得ています。挿し穂を容器に押し込んだら、容量3.8リットルのチャック付きの袋に7本ずつ挿し穂を入れます。この袋を40ワットの蛍光灯の下に並べ、一日24時間照射します。通常3週間以内に発根しますが、それより長くかかるものもあります。。。この方法は、難しいといわれている種では試したことがありませんが、おそらくうまくいくと思います。(実際に私は、ネペンテス トバイカ(N. tobaica)でこの方法を試して成功しました。トバイカは発根が難しいといわれている種です。)

 透明なフィルムの容器を使うことで、どれだけ発根したかを見ることができ、挿し穂を調べる手間が省けます。今までのところ、私はこの方法で95%の成功率を得ています。

英語版 食虫植物 FAQ へ

食虫植物 FAQ ライブラリーに戻る
参考文献
出典:Reader contribution

bar

このページの最終更新日 : 2002年07月 Original copyright (C) 2000-2002, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com