食虫植物 FAQ 日本語版

ラフレシア ( Rafflesia ) (あの巨大な花をつける植物)

 私の後に続けて言って下さい。“ラフレシア(Rafflesia)は食虫植物ではありません。”

 ラフレシア(Rafflesia)属は、ラフレシア科に属する奇妙な植物です。この属の中で最も有名な種は、疑いなく Rafflesia arnoldii でしょう。この植物は世界最大の花を付けることで良く知られています。(例えば コンニャク属の植物(Amorphophallus) のようにもっと大きな花を付ける植物も知られています。しかし、これらの花はたてまえとしてはたくさんの花が房状になっているのです。Rafflesia arnoldii は、単一の花として最大なものなのです。)私はこの花が異常な悪臭を放つことを知っています。

 Rafflesia arnoldii は、テトラスティグマ(Tetrastigma) に寄生する一種の寄生植物です(詳しくは数ページ先を見て下さい)。スマトラとボルネオの熱帯雨林にのみ生息しています。

 もっと学びたかったら、あなたの好きな検索エンジンで“ラフレシア(Rafflesia)”を検索してみて下さい。たくさんの写真をご覧になれるでしょう。気味の悪い植物です!

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com