食虫植物 FAQ 日本語版

質問ナズナ属 ( Capsella ) とは?

Plant
植物
Fruit
果実
回答  カプセラ バーサ−パストリス (Capsella bursa-pastoris) は、ヨーロッパ産のカラシ(ペンペングサ)で、現在では外来種として世界のあちこちで見られます。
 種子を湿らせると、粘着性の物質が分泌され、これに小さな水生の動物がくっついて、ついには死んでしまいます。これが腐って、発芽するときの肥料になると考えられています。
 この粘着力は強力で、蚊の発生をコントロールするために湖に散布されたことがあるほどです!

 これは衝撃的ですが、この植物が食虫習性を持っていると言えるかどうかは、分かりません。この仮説にはいくつかの問題点がありあます。−−−特に、この植物は湿地には生えていないので、どうして利用できない食虫テクニックを持っているのかという疑問があります。
 種子の分泌する粘液には、私たちがまだ分かっていない用途がありそうです。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com