食虫植物 FAQ 日本語版

質問サラセニアの稀少種とは?

S. alabamensis
サ、アラバメンシス
回答  実際に、元々あった個体数に比べれば、全てのサラセニア (Sarracenia) が今では稀少なものとなっています。4つのサラセニアは、他のものと比べて極めて絶滅の危機に瀕しています。
 これらの植物の共通点は、生態学的には、米国南東部の海岸地帯に自生しているのではなく、内陸の山地に自生しているということです。
 保護という観点から言うと、(サラセニア プルプレア (Sarracenia purpurea) の分類群を除いて)それらはすべて、開発からは保護されていますが、自生地で盛んに採取されているという大きな危機にさらされています。

サラセニア オレオフィラ (Sarracenia oreophila) : 自生地は、ノース・カロライナ、ジョージア、アラバマ各州の約 23ヶ所が知られているのみです。テネシー州では絶滅してしまいました。本種は、いかなる方法で採取しようとも連邦法に触れます。また、国際間での取り引きには、必ず CITES が必要です。ICPS では、本種の保護活動をしています。

S. jonesii habitat
サ、ジョネシーの自生地
S. oreophila phyllodia
サ、オレオフィラの剣葉
S. purpurea var. montana
サ、プルプレア モンタナ
サラセニア ジョネシー (Sarracenia jonesii) : 自生地は、ノース・カロライナ、サウス・カロライナ両州の約 10ヶ所が知られているのみです。かつてはアントシアニンを持たない変種が自生していましたが、栽培品を除いて絶滅してしまいました。オレオフィラ (S. oreophila) と同じレベルの保護対象になっています。

サラセニア アラバメンシス (Sarracenia alabamensis) : 自生地は、アラバマ州内に 12ヶ所しか知られていません。オレオフィラ (S. oreophila) と同じレベルの保護対象になっています。

サラセニア プルプレア ベノサ モンタナ (Sarracenia purpurea subsp. venosa var. montana) : 私が今まで一度も見たことがない稀少種で、ジョージア州の山岳地帯の湿地で、絶滅に瀕しています。

 自然保護官として働きでもしない限り、あなたがこれらの植物を自生地で見るのは不可能でしょう。これらの植物は、密猟者によって大量に採取されたので、自然保護官も人々を自生地に案内するのを止めてしまいました。
 本質的に、趣味家達は彼ら(または、少なくとも彼らのうちの何人か)が信用できない人間であることを立証したことになります。これはとても残念なことです。
 あなたが自生地を訪れ、誰かがこれらの植物を見せてくれたとしたら、あなたはおそらく不法侵入をしているのだということに気付くべきです。そして銃で撃たれるか、逮捕されるかも知れません。私はジョークを言っているのではありません。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com