食虫植物 FAQ 日本語版

食虫植物はどのように進化してきたのですか?

U. purpurea
ウ、プルプレラ
P. grandiflora
ピ、グランディフロラ
 食虫植物の進化については、良く知られていません。これは、何かミステリアスな事が起っている訳ではなくて、食虫植物が、非常に堅い部分を持っていないために化石になりにくいことによります(例えば、モウセンゴケは非常に柔かいです)。また、ワンシーズンにそれほどたくさんの葉を付けないことも、化石になりにくい理由です。私はどこかに食虫植物の立派な化石があると信じていますが、私たちがそれを見つけられないだけだと思います。

 これには例外がいくつかあります。例えば、あなたが食虫植物FAQのムジナモ(Aldrovanda vesiculosa)の項を読んでいれば分かるように、ムジナモとその先祖の良い化石が発掘されています。あいにくその化石は種子のものです。わずかに 1枚だけ、ムジナモの祖先の葉の化石が発見されています。

 直接的な証拠がないのにもかかわらず、我々は食虫植物の進化に関して多くの推論をする事が出来ます。第一に、全ての食虫植物は被子植物(花をつける植物)なので、6000万〜1億2500万年以上前には進化していません。第二に、植物と共生する昆虫が花粉の媒介者として、または少なくとも略奪者として進化したあとに、食虫植物が進化したということです。第三に、食虫植物は数回に渡って進化したということです。なぜなら、相互に関係のない異なる“科”から多くの食虫植物が生じたからです。

Arctostaphyllos
Arctostaphyllos の樹皮

 食虫植物は確かに興味深いものですが、光合成など、一般の植物がするのと同じ事をしています。食虫植物が地球上の普通の植物の一員であることは明らかです。ただ、二三の注目に値するトリックを身に付けるように進化したに過ぎないのです。食虫植物が地球外で進化したなどと思って混乱しないように!

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com