食虫植物 FAQ 日本語版

絶滅の危機に瀕したサラセニアの採集はどうですか?

 あなたは何をしようとしているのですか−−−私を狂わせるつもりですか??

S. alabamensis
サ、アラバメンシス
S. oreophila
サ、オレオフィラ
 見て下さい。非常に単純です。あなたは、米国で絶滅の危機に瀕したサラセニアを採集してはいけません。3つの稀少な種は、サラセニア オレオフィラ(Sarracenia oreophila)、サラセニア ジョネシー(Sarracenia jonesii (別名 Sarracenia rubra subsp. jonesii))、サラセニア アラバメンシス(Sarracenia alabamensis (別名 Sarracenia rubra subsp. alabamensis))です。これらのうちのどれも自生地で採集してはいけません。
 これらの植物は極めて稀少で、(種類によりますが)世界中で10ヶ所から23ヶ所の自生地しかありません!私的な保護団体に属する植物学者や、州および連邦政府はこれらの自生地を全て知っていて、それらをダメージから守る活動をしています。もしあなたがこれらの自生地から植物を採集するなら、あなたは盗掘をしていることになります。盗掘です!それは悪いことだ!悪いことだ!悪いことだ!(息をしろ、バリー、息をするんだ。。。)

 よろしい、私も少し落ち着きました。しかし、実際は、全ての稀少なサラセニアの自生地は監視され管理されているのです。そこへ出かけていって植物を採るのはやめてください。あなたはいくつもの州法や連邦法を破ることになり、厳しく処罰されます。私の知っている政府職員は、あなたを見せしめにしようと狙っています。(そして私は出来る限り彼らに協力するつもりです。)
 稀少なサラセニアはすでに栽培下に置かれています。これらの3つの種が、自生地の破壊に左右されることはありません。
 さらに、あなたがたまたまこれらの植物の自生地を発見したとしても、あなたは不法侵入者と見なされ、尻にシカ玉を食らうことになるかも知れません。もしあなたが幸運なら、少なくとも、、、あなたの両足が切断されることでしょう。(息をするんだ、バリー、息をするんだ。。。分かりました、それは残念です。。。)

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com