食虫植物 FAQ 日本語版

食虫植物の保護

ド、レシンゲリ
Drosera rechingeri
 食虫植物は、両生類と同じように、湿地の全般的品質の番人です。湿地が破壊されていって最初に絶滅するのが食虫植物です。米国だけでも、90%以上の食虫植物の自生地が破壊されました。毎年、食虫植物の自生地が食料雑貨店や駐車場、あるいは刈り取られた野原になっていくのを聞きます。保護活動だけが、これから50年以上自生地を保っていくための望みです。

 あなたが自生地の食虫植物に関して、熱心な保護論者である必要はありません。とりわけ自分が“青い”とは考えていない多くの趣味家が、食虫植物に関する興味がその自生地に向っていくのを発見するものです。これは、食虫植物がまだあまり飼い慣らされていないことによるものだと思います。
 食虫植物をバラやトマトと比べてみて下さい。トマトを作っている園芸家に、そのトマトの自生地を尋ねてみて下さい。唖然とした表情であなたを見返すことでしょう。それとは対照的に、多くの食虫植物栽培家は、あなたにその植物の原産国や、ことによると州や地方名まで答えることが出来るでしょう(その植物が何十年も栽培下に置かれていてもです)。植物の産地を自覚しているということは、自生地での植物の保護状況への関心へも結びつくものでしょう。

 食虫植物の保護への関心は次のように高まっていくことでしょう:

  1.  食虫植物栽培家は、食虫植物だけを栽培しています。他のものは目に入りません。(ただし、トカゲとかサボテンとか他の分野のものに興味を持っているかも知れません。しかしそれはこのFAQの対象外です。)
  2.  食虫植物栽培家はとりわけ蘭のような、他の湿地産の植物に興味を持つようになります。自生地探索の旅を夢見るようになります。
  3.  自生地探索が始まります。蛇、ゆらゆら動くミズゴケ(Sphagnum)のマット、蚊、疑り深いその土地の人、そして、驚いた友人の疑り深い目に全て耐え抜いて、栽培家は自生地での食虫植物の所在位置を発見する事が出来るようになるのです。有毒なツタであるアメリカツタウルシ、マダニ、植物のとげ、そして蛇の毒牙は、植物の探索には問題とされません。
    Sarracenia flava
    破壊された サ、フラバ の自生地
  4.  時折、恐れを知らない探索家は、“信じられない場所”に案内されます。そこでは、住宅団地やショッピングモールしか発見できません。涙があふれてきます。
  5.  ついには、食虫植物栽培家は、ちょっとした自然主義者に変わります。湿地や、食虫植物全般や、環境全般について、情熱的な愛情を持つようになります。そして、このような情熱が高まります。(それが私が職業を変えた理由の一つです!)

 それで、食虫植物のファンと保護への関心との間に、大きなオーバーラップがあるのは自然な事です。このセクションんでは、あなたを食虫植物の保護に関するFAQ項目へご案内します。

 このページの下にある小さな緑色の矢印が見えますか?この矢印があなたをご案内します。

サ、フラバ
Sarracenia flava
どうしてほとんどの食虫植物は湿地に自生しているのですか?
どうして食虫植物が生えている湿地には養分が少ないのですか?
どのようにして食虫植物の自生地は破壊されていくのですか?
池、沼地、湿地、などはどう違うのですか?
野生の食虫植物の置かれている状況は?
食虫植物の自生地にとって野火とはいいものなのですか?
自生地に侵入してくる植物はどうして好ましくないのですか?
野生の食虫植物はどこで見られますか?
自生地で食虫植物を採集しても構いませんか?
どうせ自生地は破壊されるのに、どうして食虫植物を採集してはいけないのですか?
絶滅の危機に瀕したサラセニアの採集はどうですか?
サイテス (CITES) とは何ですか?
サイテスによってどんな食虫植物が保護されていますか?
自生地にそこにはまだ生えていない食虫植物を植えた方がいいでしょうか?
道路沿いに食虫植物を植えるのは構わないでしょうか?
サラセニアが生け花に使われているのを見たのですが、いいんですか?
店頭で売られている食虫植物はどこから来たのですか?
アントシアニンのない植物とは?
水苔やピートのある湿地に関する議論とは?
食虫植物を絶滅から守るにはどうしたらいいですか?

生態学、生物学について少々。。。
食虫植物の内部に生息している動物について教えて下さい。
食虫植物はどのように進化してきたのですか?
終りに : 食虫植物の保護

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年11月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com