食虫植物 FAQ 日本語版

質問 純水の購入について

ウトリクラリア オリバセア
Utricularia olivacea
回答  どうして食虫植物には純水が必要なのか分かりましたか? よろしいでしょう。あなたがどんな水を使用するのかを決めるに際して、どうか以下のことを考慮して下さい。
 食虫植物の栽培は容易ではありません。あなたはたくさんのミスを犯すでしょう。そんな時、最低限使っている水が純水であるかどうかを確認して下さい。
 食虫植物に関する質問を E メールでもらうと、私はあなたが純水を使っていると仮定してお答えしています。もしそうでなかったら、あなたの植物は枯れることになるでしょう。

 危険を冒さないで下さい。蒸留器か 逆浸透浄水器で作った純水を使って下さい。それで食虫植物の栽培がうまくいったら、他のものも試してみて下さい。
 水道水とか、海水とか、サイダーとか、馬のおしっことかをです。でも、どんな事になっても、私に苦情を言わないで下さい。

 もし私の言うことが信じられないなら、水質に関する FAQ を読んで見て下さい。水の浄化に関する様々な方法が詳細に述べられています。

蒸留にするか、逆浸透浄水器にするか

 蒸留とは水を沸騰させ、発生した水蒸気を凝縮させることです。こうして凝縮させた水は純水です。蒸留水と、単に沸騰させただけの水との違いが分かりますか?

 逆浸透 (Reverse Osmosis) とは、水圧の違いを利用して、水分子を強制的に半透性膜に通すものです。難しいように聞こえますが、要は、これは極上のろ過装置なのです。ところで、逆浸透浄水器で使用する半透性膜は、ハイテク製品で、それだけで 200 ドルもする高価なものです。
 逆浸透浄水器は、水を注いで通すだけの安物のフィルターとは違うので、混同しないで下さい。逆浸透浄水器で作られる水は、逆浸透水と呼ばれることもあります。分かりましたか?

 ところで、蒸留水や 逆浸透水は、「純粋すぎるので、飲むとのどの細胞をやれれてしまう」から、飲まない方がいいと言われたことはありませんか(笑)? (私の育てている植物の中にも、そんな馬鹿げたことを信じてしまうものが時々あります。

 ちゃんとした純水を手に入れるには2通りの方法があります。

水を購入する

ヤチコタヌキモ
Utricularia ochroleuca
 水は食料雑貨品店で買うことができます。ボトルのラベルをよく見て買って下さい。必ず次の 2つの呪文 のどちらかが書いてなければなりません。「蒸留により精製」または「逆浸透浄水器により精製」のどちらかです。
 カーボンフィルターを使用、とか、紫外線を照射とか書いてあるものもありますが、これらは全く無意味です。上記の 2つの呪文のうちのどちらかが必ず書いてなければなりません。
 単に「飲料水」と書かれているものは買わないで下さい。これは全く無意味です。誰かの家のトイレ(その辺の犬に聞いて下さい)から流れてきた水と変わりません。
 「湧水」と書かれているのも、同様に無意味です。

 自動販売機で水を買うこともできます。その際は、機械に書いてある説明書きをよく見て下さい。上記の 2つの呪文のどちらかが書いてありますか? それから、最後に手入れされたのがいつかも書いてありますか? 逆浸透浄水器は、少なくとも 6ヵ月毎に手入れしなければなりません。

浄水機を購入又はレンタルする

 街中を重たいボトルをもって歩くのに疲れたなら、自分専用の浄水機を買うかレンタルしようを思うでしょう。多くの人に人気があるのが、蒸留器ではなく 逆浸透浄水器です。値段は 300 ドルから、それ以上のものもあります。
 米国では、national water purification chain (それのことをコードネームで "Culligan" と呼ぼうと思います) がレンタルしていて、そこから借りるのが一番いいと思います。その会社から借りる利点は、1年に 2回装置をチェックして、消耗部品等を交換してくれることです。(私が借りている 逆浸透浄水器の小売価格は 500 ドルですが、レンタルだと 1ヵ月 30 ドルで済みます。)

 逆浸透浄水器が特売で安く売られていることもあります。もし私がレンタルではなく、自分の 逆浸透浄水器を購入するなら、水の純度をテストする器械も買いたくなると思います。TDS (溶解している固形分の総量) が、50ppm 以下であればいいと思います。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年10月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com