食虫植物 FAQ 日本語版

質問 純水の作り方

回答  純水は食虫植物にとって、極めて重要なものです。なぜなら、食虫植物は自生地である湿地に適応しているからです。
 多くの家庭の水道水や井戸水はカルシウムなどの化学物質を多量に含んでいます。このような水を使用していると、食虫植物はやがて枯れてしまいます。

 このページには、あなたにもできる純水を作る方法をいくつか挙げてみました。これらの方法の多くは、訳の分からない人々がでっち上げたものです。結構笑わせてくれる失敗例もあります。あまりにひどすぎて、植物を枯らしてしまいそうです。

うまくいかない方法

1) 鍋やバケツに水を入れ一晩置いておく
Utricularia inflata
ウトリクラリア インフラタ
 そうすることで、正確には何が起るのですか? 水を浄化する小さな妖精がやってくるのですか? ちょっと話しを聞いて下さい。水を入れた鍋に、ネズミの死骸を入れて一晩置いて下さい。翌日もネズミはそこにいることでしょう。妖精は来なかったようですね。
 水を一晩置いておけば、揮発性の化学物質はいくらか蒸発するかも知れません。しかし、食虫植物に害を及ぼすような化学物質はまだほとんど残っています。

2) しばらく水を煮沸する
 あなたの植物が赤痢にかからないという保証は出来るかも知れませんが、その他には、これは何の手助けにもなりません。あなたの目的は水からイオンを取り除くことであって、生物を取り除くことではありません。
 煮沸によってたぶん (たぶんです) 塩素は追い出せるでしょうが、植物に害を与える他の物質には効果はありません。塩水はいくら煮沸しても塩水です。

3) コーヒーなどのフィルターを使用する
 どんな効果があるのか正確には分かりませんが、私は数回試してみたことがあります。そして、有害な塩を除去できず、結果的に植物を枯らしてしまうことが分かりました。

うまくいく かも 知れない方法

1) 水道水をそのまま使う
 住んでいる地域によっては、水道水や井戸水が良好な水質であることがあります。水質をテストする方法は、水道水を 4リットル鍋に入れて、水が蒸発してしまうまで煮沸します。そして、鍋の底に白いかすが残っていなければ、食虫植物の栽培に水道水をそのまま使用できるでしょう!
 日本では、特に意識されず水道水がそのまま使われています。

2) 雨水を集める
 私も以前、これをやっていましたが、とても苦労しました。嵐が来るたびに、くずが入らないようにホースを温室から出していました。雨水が集まって大きなタンクに入るように雨どいを設けた、とても複雑な仕組みでした。雨が降るたびに、様々な埃やごみが入っていました。しばらくしてから、私は諦めてしまいました。
 あなたが家の屋根に降る雨を集めたいなら、屋根がタールを塗ったものでないか確かめて下さい。もしそうだったら、水に有害な化学物質が溶け出してきます。
 他方、私にはアリゾナ州ツーソンに友人がいるのですが、その人も、屋根の水を集める雨どいと、二つの大きな貯蔵タンクと、水をくみ上げるポンプからなる複雑な装置を持っています。必要な水はすべてこの装置でまかなっています。水苔 (Sphagnum) が腐るのが普通より早いようですが、食虫植物の方は上出来です。

3) 冷蔵庫などの冷却ユニットから水を集める
 冷蔵庫の冷却ユニットの凝縮水を集めて使用する人もいます。これも結構骨の折れることですが、うまくいくかもしれません。

うまくいく方法

1) 蒸留器 または 逆浸透浄水器を使用する
詳しい情報は、次の FAQ 項目にあります。

2) 純水を購入する
詳しい情報は、次の FAQ 項目にあります

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年10月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com