食虫植物 FAQ 日本語版

ハエトリグサは何種類くらいあるのですか?

 ハエトリグサは1属1種の植物です。すなわちハエトリグサ(Dionaea muscipula)は1種類しかありません。そこで簡単に言えば、ハエトリグサにはただ一つの種類しかないのです。

‘赤い竜’
ディオネア
 しかしこれに付け加えることがあります。ハエトリグサには1種類しかないのですが、園芸家たちは様々な種類の園芸品種を作り出しました。これらの植物は面白い特徴を持っています。あるものはきれいな色の罠に特徴があります。またあるものは奇妙な葉の形をしています。
 下に挙げたのは、公式に命名され登録されたハエトリグサの園芸品種のすべてです。あなたが店で買った植物が、"オクトパス"、"スターフィッシュ"、"バンパイア"のような変わった名前がついていたら、それは販売する人が勝手に付けたもので、正式なものとは何の関係もありません。

 このFAQの別のセクションでは、園芸品種園芸品種群について、もっと詳細に議論しています。

ハエトリグサの園芸品種
ディオネア 'デンテート トラップス'Dionaea 'Dentate Traps')
罠のとげが小さくなり、歯のような三角形になっています。dente(デンテ)やdentatte(デンテート)など、様々な誤った名前で知られています。
ディオネア 'ジョーズ'(Dionaea 'Jaws')
罠のとげは短く先が尖っていて、罠は大型です。裂片が閉じるところはさながら鮫のようです!
ディオネア 'ソーツゥース'Dionaea 'Sawtooth')
罠のとげが短くて、のこぎりの歯のようです。
ディオネア 'レッドドラゴン'、別名 '赤い竜'Dionaea 'Red Dragon')
植物体は深赤色です。
ディオネア 'レッド ピラニア'(Dionaea 'Red Piranha')
この園芸品種は、ディオネア レッド ドラゴン のような色をしていて、罠の縁はディオネア デンテート トラップス のようです。
ディオネア デンテート トラップス 園芸品種群(Dionaea Dentate Traps Group)
園芸品種群であって、園芸品種ではありません。これには縁のとげが歯のようになったり、のこぎりの歯のような構造になっているものをすべて含みます。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る
参考文献
Sources: Gagliardo, R. 1996; Meyers-Rice, B.A. 2000; Read, E. 1999; Song, L. 2001; personal observation.

bar

このページの最終更新日 : 2002年05月 Original copyright (C) 2000-2002, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com