食虫植物 FAQ 日本語版

英語で「ビーナス フライトラップ」と呼ぶのはなぜですか?

へっへっへ、へっへっへ、へっへっへ。へっへっへ、へっへっへ、へっへっへ。へっへっへ、へっへっへ、へっへっへ、へっへっへ、へっへっへ。

Arthur Dobbs (1689-1765)
Art
 これは子供に対して言うことです。ヴィーナスフライトラップの”ヴィーナス”の部分は、花が本当にきれいで(女神ヴィーナスのように)、花は白色で空にある金星のようです。しかし、植物は金星からきたものではありません。“フライトラップ”の部分は、虫を食べるという食虫植物の習性からきたものです。

 これはしかし、私はどのように呼びましょうか?“心地よい虚偽”とでも申しましょうか。この植物の部分をヴィーナスと呼ぶ本当の理由は、最初の変わり者の新教徒の植物学者(このページの写真の Arthur Dobbs 氏のような)がハエトリグサを見て、その形や魅力的な性質、そして驚くべき振る舞いから、女性の性器を思いついたのです。
 しばらくの間彼らはその植物を、“tipitiwitchet”と呼んでいました。それはもうひとつの猥褻なニックネームです(そして長く考えられていたようにそれはアメリカ原住民の言葉ではありません)。それゆえ、愛の女神と関係があるのです(Aphrodite's Mousetrap, 1990, Nelson and McKinley)。ごめんなさい、これ以上は続けられません。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る
参考文献
Sources: Nelson, E.C., and McKinley, D.L. 1990; personal observation.

bar

このページの最終更新日 : 2002年05月 Original copyright (C) 2000-2002, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com