食虫植物 FAQ 日本語版

ハエトリグサに花が咲きそうです。そのままにしておいていいですか?

だめです!

ディオネア
ハエトリグサ
 簡単でしょ?これから理由を述べます。花を咲かせる過程で、植物は大量のエネルギーを消費します。花を咲かせると、植物はその年一杯活気のない状態となります。野生の植物はこの状態から回復することが出来ます。しかし栽培下では、日照や湿度などの条件が理想的ではないので、植物はこの弱った状態から決して抜け出せないのです。そしてしばしば枯れてしまいます!このため、あなたがハエトリグサ栽培の熟練者か、スペアの植物を持っていない限り、出来るだけ早く花茎を切る様お勧めします。

ディオネア
新しい花茎
 あなたの植物が花を付けようとしていることは簡単に分かります。なぜなら、一風変わった円筒形の茎(葉とは違う)が、植物の中央から伸びてくるからです。右の写真を見てもらえますか?若い花茎は右側で、若い葉は左側に見えます。花茎はどんどん高くなり、ついには、このページにあるようにあまり特徴のない花を咲かせます。若い花茎を切り取っても、また生えてきます。それも切り取って下さい!

ディオネア
花茎のアップ
 明らかに先のパラグラフは、多くの皆さんにとって分かりやすいものではないので、もう一度詳しく説明させて下さい!右の写真の円筒形(棒のような形)の茎が見えますか?てっぺんにつぼみを付けているのが分かりますか?これが伸びてきた花茎です。元から切り取って下さい。
 花茎が 30cm位になるまで待っていると、あなたはその上に花を咲かせることになります−−植物にはダメージです。植物を受粉させ、種子が得られることでしょう。あなたが熟練した栽培家でない限り、ハエトリグサは枯れていくことでしょう。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る
参考文献
出典:Personal observation

bar

このページの最終更新日 : 2003年08月 Original copyright (C) 2001-2003, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com