食虫植物 FAQ 日本語版

質問 栽培してみたいんだけど、簡単にできますか?

回答  ごめんなさい、そんなに簡単ではありません。

 これからそれを説明しましょう。まず、ハエトリグサの自生地は、湿度が高く、充分な水分のある陽当たりの良い温暖な湿地です。ハエトリグサをうまく育てるためには、この環境を再現しなければなりません。(うまく育てるとは、6ヶ月後にも元気に生育しているということです。)

 それでは、買ってきた苗をどのように扱えばいいでしょうか?コーヒーでも入れて、ゆっくり この 「食虫植物 FAQ」 を読んでください。ハエトリグサが、米国の南北カロライナ州の温暖な湿地帯でどのように生育しているかがわかるでしょう。また、他の環境には適応しにくいということもわかるでしょう。

 ハエトリグサをテラリウムで栽培できるでしょうか?もし、カロライナと同じような高湿度で極めて日照条件がよいところであれば、問題ありません。
 ハエトリグサを窓際で栽培できるでしょうか?カロライナと同じような極めて日照条件がよくて高湿度であれば、問題ありません。
 ハエトリグサを屋外で栽培できるでしょうか?もし、カロライナと同じような温暖で高湿度なところであれば、問題なく栽培できます。
 冬の間も屋外に出しておいて良いでしょうか?もし、カロライナのような霜が降りない程度の寒さのところならば、問題ありません。
 幸い、ここ日本では、関東平野部のような気候のところなら、それほど問題なく栽培できます。

罠
 ハエトリグサの栽培に必要な条件を良く読んで、あなたなりに栽培上しなければならないことを書き出してみてください。「えっ、結構面倒だな。。。」そう言いたくなるかもしれません。でも、そうなのです!
 動物でも、犬や猫は簡単に飼育できます。でも、パンダやウォンバットだったら、そうは行きません。
 同じことが植物にも言えるのです。チューリップは犬みたいなもので、簡単に栽培できます。でも、ハエトリグサは ウォンバット 並みなのです。(Barry Rice さん は、今のところこういった文章を書いて生活しているそうです。)

 うまく栽培できることを祈ります!

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る
参考文献
出典: Personal observation

bar

このページの最終更新日 : 2002年04月 Original copyright (C) 2000-2002, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com