食虫植物 FAQ 日本語版

質問 食虫植物の良い参考書はありますか?


ピグミーモウセンゴケ
回答  まず英語の本に関してです。
 食虫植物の本で困ったことは、どの本もが「食虫植物」 とか 「肉食植物」とかいう同じような名前がつけられていることです。このことが混乱を招き、食虫植物の本について議論するときには本の名前でなく、著者の名前で呼ばなければなりません。
 食虫植物の全ての本のリストは、FAQ ライブラリーで Ivo Koudela さん がまとめています。

 食虫植物に関する本はたくさんありますが、ほとんどは役に立ちません。常に話題となる本は少数しかありません。トップファイブは以下の通りです。

ウ、アレナリア
Utricularia arenaria
1) もし初めて食虫植物の本を買うなら、迷わず Peter D'Amato さん の素晴らしい本、The Savage Garden を手に入れて下さい。(この本にはちゃんとオリジナルの名前がついています!)
 この面白くてちょっと変わった本は、食虫植物を栽培しようとする人にとってベストな選択だと断言できます。定価も安いし丈夫に出来ていて、栽培に関する情報が満ち溢れています。そして何よりも多くの書店で売られています。
 この本を買うのなら著者から直接買うことをお勧めします。なぜならサインがしてもらえるからです。食虫植物業者のリストを見て彼を探して下さい(彼は California Carnivores にいます)。

2−3) ちょっと古いですが、まだまだ栽培方法について優れた情報が得られるのは、広く愛されている Adrian Slackさん の2冊の本です。
 最近まで2冊とも絶版で、栽培家からは引っ張りだこでした。しかし、近頃 1冊目の本は再発行されました。Amazon.com で入手可能です。

4) Schnell さん の本も絶版ですが、素晴らしい内容です。扱っているのは、米国およびカナダに自生する全ての食虫植物ですが、いくつかの属をカバーしています。
 この地域に自生する全ての サラセニア (Sarracenia) と ムシトリスミレ類 (Pinguicula) の立派な挿し絵は、今でも充分に有益な情報です。Schnell さん は、新バージョンを作成中で、出版されたらぜひ買うべき本と言えるでしょう。

5) Carnivorous Plant Newsletter (CPN) は1972年以来、1年に4回発行されている機関誌です。国際的な食虫植物研究団体 ICPS から発行されています (この食虫植物 FAQ の英語版も、ICPSが主催しています)。
 CPN は、食虫植物に関するあらゆる情報がいっぱいです。最新で正確な情報が掲載されています。
 他の多くの食虫植物研究団体も、同様な出版物を発行しています。

他にも多くの優れた本がありますので、興味のある方は英語版食虫植物 FAQ をご覧ください。

Drosera burmannii
クルマバモウセンゴケ

 子供向けの食虫植物の本もたくさんあります。
 私もいくつか目を通しましたが、全ていい内容でした。驚くべきことに誤りもなく、子供たちを不思議な科学の世界へうまく誘うように出来ています。Amazon.com で、様々な本を探してみて下さい。

 上記の本を買いたいと思ったら、有名書店をあたってみて下さい。特に大きな大学の近くの大書店なら取り寄せてもらうことも出来るでしょう。Amazon.com を利用するのもいい手です。
 でも、欲しい本が絶版となっていたらアンラッキーですね。そんな時は古本屋を探してみて下さい。
 食虫植物の本は Stefan Wolf さん から入手するのもいいです。彼は食虫植物の本の買い取りや再販を専門にやっています。彼については、この FAQ の 食虫植物関係のリンク の項目をご覧ください。

色々な食虫植物の本を読んでいるうちに、あなたは多分、過去の科学雑誌に掲載された偉大な古典的研究の記事を読みたくなるでしょう。特に有益なのは、Darwin、Danser (ネペンテス Nepenthes)、Diels (ドロセラ Drosera)、Macfarlane (サラセニア Sarracenia など)、Obermeyer などです。
 ネペンテス (Nepenthes) についてさらに詳しく知りたい方は、KurataJebb らの書いた多くの小冊子があります。

 ネット上の情報も見落とさないようにして下さい!Jan Schlauer さん は、絶滅した種も含めて全食虫植物のリストを作っています。この学究的研究は Rick Walker氏の CP データベース でご覧になれます。そこでは他の情報もたくさん見つかることでしょう!

 さて、日本語の本についてはどうかというと、過去に食虫植物関係の本はいくつか出版されていますが、そのほとんどが絶版となってしまいました。最も最近発売されたものに、「花アルバム 食虫植物」(食虫植物研究会編、誠文堂新光社) がありますが、すでに絶版です。
 現在、書店で見ることが出来るのは、「カラーブックス 食虫植物」(山川学三郎著、保育社) ぐらいのものでしょう。

 以下の本も発売後かなり時間は経っていますが、食虫植物の栽培上参考になります。
「ガーデンシリーズ 食虫植物 不思議な魅力」(ガーデンライフ編、誠文堂新光社)
「食虫植物 入手から栽培まで」(近藤勝彦著、文研出版)
「原色食虫植物」(近藤勝彦・近藤誠宏著、家の光協会)
 お近くの図書館で探せば置いてあるかもしれません。また運が良ければ、古本屋で巡り合うことが出来るかもしれません。

 ネット上の情報源としては、この食虫植物 FAQ 日本語版を作成している、JIPS (Japanese Insectivorous Plant Society、ジップス) の、JIPS 「食虫植物 データベース」 が参考になります。

前の項目に移動 英語版 食虫植物 FAQ へ 次の項目に移動

食虫植物 FAQ インデックスページに戻る

bar

このページの最終更新日 : 2000年12月 Original copyright (C) 2000, Barry Rice
Japanese version copyright (C) 2001-2006, JIPS
All images on this page are used by permission of sarracenia.com