ひとりごと


《最新の記事から18件》 [更新] [終了]

全員がヒーロー

日本ラグビーが歴史を残した
4年間のハードワーク(努力)と準備があったと書いてあった
チームワークで出す結果は、正直うらやましく思える
自分は孤独でハードワークのような
といっても他人の芝生は青く見えるだろうから、結果を出すため、地味にがんばろうと思う
そして結果を出してヒーローにならなくては

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000013-jij-spo


たぶん
たぶんだけど、最近は人の倍くらい働いているきがする
これだけ働いているんだから、ちょっとくらいは報われてくれてもいいと思うけど
なかなか世の中、上には上がいるので、むずかしいかも
でも、あーだこーだいいながら、胃が痛いのを我慢しながら、仕事に励もうとおもう


胃カメラ
先日、胃カメラをしてきた
細胞を取ることはなかったけれど、胃の状態はストレスたまってます!という状態でした。
不思議な光景だったなあ

仕事はあいかわらずやることが多くて、一日がはやい
みんなこの歳になるとそうなのかわからないけど、ほんとにはやいなあ


異様な光景
先ほど、風呂に入って、そこのサウナに入ろうと思って扉を開けようとしたら、
サウナ部屋いっぱいに、すし詰め状態のおっさんが、みな暑くてしかめっつらで入っていた
それも上下段、ところせましと、12〜3人のおっさんが汗をだらだら流して苦しそうにしていた
そのむさ苦しい光景に、おもわず後ずさりをして、入るのをやめてしまった
自分もおっさんだけど、あれは心臓に悪い光景だと思う


鉄分
血液中の鉄分が足りないと言われてから、鉄分をとるようになったけれど、
ほとんど状況が三ヶ月かかっても良くなっていない
きちんとヘム鉄というのを取っているけど
いろいろ調べると、男性の場合消化器系からどっかからじわじわ出血している可能性があるとか
ストレスもあるので、やっぱり胃の可能性が高そう
なので来週胃カメラしてきます
自分の胃の中を見るのは25年ぶりかも


よった勢いで
一ヶ月ぶりに里へ戻った
でも最近。晩飯に行こう1、とお声がかった人がわからなくなってきて、こまったもんで

晩飯に行きたくても、みんな大切なひとだけど、ひとりだけずば抜けて大切な人がいるので、
結局その人だけを優先するだけ

その人は親父

親父は高齢なので、おそらくあと一緒に過ごす時間も、それも健康的な間に過ごせるのもすくない時間なので、
なんとかこの貴重な時間を大切に使いたいと思うと。どうしても親父中心になってしまう

でも、それで仕方がないと思う

親を大切にできないのなら、親を超えられないのだから

まあこえられないのもいいけれど、こどもとしては、親を超えるのが第一次のハールだと思う


だから、超える超えない。そして感情的なところも乗り越えて、
親父は大切にできる子どもかどうか、こどもの力量が試されていると思う


そんな親父には、ほんんとこころから感謝したい

さんざんどえらいめにあわされたけれど、親父の人生から、得るモノは、
どんな宝物よりも、過酷で、貴重だった

今日は敬老の日らしいけれど、親父は年おいたとはいえ、すごいおっさん

恨んだこともあるけど、恨む以上にいい勉強させてもらった気がする

できれb親父には、親孝行の時間をのこしておいてほしいと思う


新学期!
すこし自分のページを読み返してみたら、意外とおもしろかった

今の自分が昔に書いたとは思えないくらい、ほがらかなあかるい兄ちゃんが書いた文章が並んでた

昔くらいにあかるい文章をかけるように、これから自分を取り戻してゆきたいと思う

たいした苦労もしていないのに、しんどいしんどいといっていたらあかんなあ〜と思う

自分にとっても新学期の気分でがんばろ〜〜♪


今日は早く帰ろう
今日は早く帰ろう、今日こそ早く帰ろうと思いながら、いつも帰宅が9時過ぎる

今日は早く帰って読書をしたい、運動をしたい勉強をしたいと思いつつ、なかなかできない



でも、職場と自宅が近いのはありがたい。

職場と自宅が近いから、家賃で出費もかさむけれど、やっぱり時間が大切だからしかたがない

これで通勤片道1時間だったら、身体もこわしているかも、そして仕事時間もさらにとれなくなったかも

ほんとは家賃の安いところの方がいいけれど、職場から近いことは大切だとおもう


なんとか事業がまわってくれたら、人を入れてすこしは時間の余裕を持ちたい

運動もしたいし、本も読みたいし、いつも時間に追われる生活から少しだけでいいのでましになりたい

今の望みはそれがいちばんかも


苦労
最近、「私は人よりもものすごく苦労をしてきた」という人に会った。

どんな生き方をしてきたのかわからないけれど、自分はものすごく苦労をしてきているといえることに、すこし違和感を覚えた


うちの親父は、戦争を経験していて、道ばたのボウフラがわいている水たまりの水をすすって飲んだ、という話をしていた

三日間、水だけで生活をしたことがあるという話も聞いた

道を歩くと、いたるところに、たくさんのひとのなきがらを見て来た話も聞いた

自分以外、並べられたひとがすべて虐殺されたという話も聞いた

両親をなくし、孤独な青春を送ってきたという話も聞いた

うちの親父の苦労よりも苦労したんだろうか。。。




世間を見渡せば、苦労をしている人、していない人いろいろいると思う

苦労を避けて通ってこようとしてきた人は、今すごく苦労をしているのを見たり、
また、運命的に苦労してきた人も見て来て思うことがある

苦労をしてきた人も、二通りあって、
苦労を苦労と思わなかった人と、苦労をしてきたと強く思っている人と二通りあるように思える


そういえば以前、同世代の人から、貴方はまったく苦労をせずにやってると言われたことがある

個人的には、いちおう苦労をしてきたつもりだけど、という感じですが(苦笑)そう思われていたようです

昔の時代の苦労は、今の時代で経験することはできないし、

自分の人生を横で見てきたわけではないので、そう思われてもしかたがないことかもですね


ただ、ひとつだけ思うことがあって、今の時代は、いらぬ苦労をしないでいきる方法もあると思うこと

常にひとにいじわるをしたり、人の悪口を言っていたり、そういう人は、要らぬ苦労を背負ってしまう

でも、要らぬ苦労を背負わぬために、人に親切をしたり、人の良いところを見つけるようにしてきたら、苦労はせずに済む


そういう要らぬ苦労をしない方法は、歴史を読めばわかると思う

今の時代も、歴史の繰り返しが多い


人と張り合う人生を生きてきた人は、徳を失い、信頼できる人との出会う機会も減り、

人と共存を考えてきた人は、信頼関係を持てる人たちが集まる



苦労を苦労ととらえず、自分が成長するための壁と考えると、苦労はありがたい機会と思えると思う

また、要らぬ苦労はしたくないけれど、必要な苦労はしてゆかなくてはいけないと思う

人として成長をしてゆくために







このページを
ここのページを作成していたPCのデータが全て消えてしまったようです

過去のデータを取り出せず、とりあえずは昔のハードディスクを回復させられるか、
やってみようと思っています

一年くらいのメールが消えるかも。。。

昔のデータが残っていなかったら、どうしようもないですが。。

ばたばたしている時に限って、さらに面倒な事がおこるもんですね。。。


化学繊維アレルギー
じんましんが継続して出ていて、48時間くらいに一度、抗ヒスタミン剤を飲んでます
たいてい48時間くらいになるころ、ひどいかゆみをともなうじんましんがたくさん出てきて、
なやませられています

でも今日、やっと原因らしい理由がわかってきました。
化学繊維アレルギー
ポリエステルとか、そういった素材をつかった下着に長時間触れていたりすると、かならずひどいじんましんが出てきます。
いつも、それに悩まされています

でも、今もそうですが、麻の座布団に変えたところは、皮膚が問題ないのです
それでわかったのは、化学繊維アレルギー

思えば、靴下のゴムの部分、そして、パンツのゴムの部分は、てきめんにアレルギーが出ます。

いまごろ気がついたのか、というくらい、見過ごしていたものです

でもやっと原因がわかったので、ありがたいことです

これからは、化学繊維が肌に合わないことがわかったので、自戒しながら下着などを選んでゆこうと思っています。


飲み会
先日、東京タワーが近くにあるホテルで、業界の飲み会に参加してきました。
飲み会は、業界団体の補助があって安かったのですが、びっくりしたのは、
帰るとき、ほとんどの参加者はタクシーで帰っていて、ホテルバスで帰ったのは僕だけだったです。
みんな変な見栄張っているのか、僕が貧乏なのかよくわからないですが、感覚の違いにびっくりしました。
いろいろな考えがあるので、この世の中はうまく回っているんですね
そう感じたひとときでした


読書
最近はなかなか本を読む時間がとれない
仕事関係の本も読めない状況
でも、運動もしなくてはいけないし、いつかは早めにこの状況から脱却したいものです
いなくても回る仕事、そんな状況にしてゆくことを考えている日々ですw


墓参り+旅行
先日、かなり遠方の墓参りに行ってきました。

天候は梅雨時なので雨を予想していましたが、墓参りの時はなんと晴天。
またそれほど蒸し暑くもなく、すがすがしい気候の中、墓参りができました。

そして翌日は観光でしたが、雨の予想が観光が終わるまでほとんど降らず。

最終日は雨でしたが、雨の中歩くこともすくなく、
梅雨時の旅行にしては、比較的天候に恵まれた墓参りになりました。

おまけですが、帰りのバスは、座席指定ではなくバラバラに座ることになると思っていたモノの、
なぜか行った人数分、横一列座れるというラッキーにも恵まれた。

きっと天国のご先祖さまが旅行中見守ってくれたのではと、素直に喜べる墓参り旅行になりました。


せんきあんてん
先日の症状の原因が判明しました。

なんと、かくれ貧血でした。

つねに酸欠状態で、何かの拍子で脳が貧血になり、症状が出たのかもしれないとのことでした。

貧血の症状を調べてみると、自分にぴったりの症状がたくさん。

とにかく、原因がわかりました。

よかったです!


閃輝暗点
ひさしぶりに症状がでている。
ほんとにおかしな現象だなあと思う
ストレス、は最近非常に多かったから、それが原因かも
目をつぶっても、目を開けていても見えるのはいいけれど、仕事の邪魔になってしまうのはこまりものだなあ

しかし、ウィキペディアの画像は良くできていて、色やデザインは少し違うモノの、ほぼそのまんま

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%83%E8%BC%9D%E6%9A%97%E7%82%B9


できすぎた偶然の話2
以前、下のリンク先のことを書いたものですが、今でもできすぎた偶然がまれに起こる。

たとえば、いつもボランティアで参加している大会で、なぜかいつもアクシデントが目の前で発生するのである。

以前は熱中症、そして大会と関係ないところで目の前で発生した自転車事故、そして今回も熱中症。

はじめの熱中症は、まあ気分がわるくなった人がたまたまいただけかもしれないですが、
大会と関係ない自転車事故は、大会に関係があると思われた警察や救急隊員に目撃情報をすべて伝えて、事なきを得たし、
今回の熱中症は、大会終了後に自分たちのチームが記念撮影した真後ろの人が倒れ、
「倒れた」という僕の声でみんな騒然とし、僕が救急車を呼ぶことになった。

さらに今回は、大会終了後の人がいないときにテントが飛ばされるハプニングが。
たまたま乗っていた自転車で追いかけてゆき、事故になる前にテントを押さえんだり。

10年くらい前は、嫌がらせのようなメッセージで大会開催会場から開催拒否の連絡を受け、
ボランティアながらも、しょげる関係者に「これはパワハラだから反撃をするよう」アドバイスをしたら、
翌年からは同じように開催ができるようになったことも

そのほかにもいろいろ小さなことがあるけれど、
なんというか、この大会は、ハプニングがあっても偶然問題回避ができることが続いているので、
この大会がサムシンググレートか知らないけれど、守られているような気がしてしまうことが本当に多い

良い方向の偶然が続くのは、ほんとにすごいなあと思う

(どんな大会かわからないと、この意味もわからないとは思うのですが、プライバシーの確保のため、ご容赦ください)



http://www.est.hi-ho.ne.jp/snowman-yukio/essey3/mysterious-world.htm


じんましん
さんざん悩まされたじんましん、花粉症の薬でなおることを発見。
先日、かゆくてたまらなくて目が覚めて困り果てて、
じんましんもアレルギーということに気がついて花粉症の薬を飲んだら、
1時間後にかゆみがおさまりました
さんざん悩まされた症状が1つ消えてよかった〜
サイザルという薬で、調べてみたら、じんましんにも効くとか。やっぱりって感じです



[投稿/修正する(管理者のみ)] [更新] [終了] [削除] [↓次のページ]

MiniBBS2